ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 10月 2009

CANON PIXUS iP100に装填するBluetoothアダプタは他社製が利用できそうだ

leave a comment »

CANONのモバイルプリンターPIXUS iP100をBluetoothで利用するには、アダプタを装填しなければならない。このアダプタはCANONから専用アダプタが提供されているが、プリンタの接続コネクタはUSBコネクタのようである。そこで試しに手元にあったPCI製のUSB BluetoothアダプタBT-MicroEDR1Xを装填してみた。するとあっさり動作した。

このUSBアダプタの仕様は、Bluetooth2.1、EDR対応、Class1、送信電力100mW、送信距離100mというものだ。

もちろん、メーカー推奨ではないので正しく動作している、と保証することはできないが、少なくとも印刷は通常にできている。このことから、もしかしたら他社製のBluetoothアダプタでも利用できそうだ、と思ったわけだ。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2009年10月12日 at 9:22 AM

カテゴリー: 教育の情報化

CANON PIXUS iP100で完全無線接続のプリンター環境を構築

leave a comment »

パソコンや周辺機器が増えてくると、とにかく配線がめんどくさい。仮にノートパソコンを使うとしても、バッテリーが減ってくるとACアダプターをつけなければならないし、外付けハードディスクのデータを利用し、プリンターで印刷する、となると電源は3つ必要になる。さらにハードディスクやプリンタとノートパソコンとのUSB接続ケーブルが必要。そしてインターネットやLANに接続するLANケーブル。机の上や足回りはケーブルだらけ、という羽目に。

特にプリンタはややこしい。設置場所の面積もとるし、USBケーブルの長さに届く範囲、印刷された用紙が出力されて邪魔にならない場所、と制約が多い。そこで見つけたのがCANONのPIXUS iP100というプリンター。充電式バッテリーを装填でき、Bluetoothインターフェースも持っている。これなら完全無線接続のプリンタ環境を構築できる。

実際に使ってみると、たいへん快適である。Bluetoothは、以前ヘッドセットを使ったときに接続状況が悪くて信頼できなかったという否定的な経験を持っているのだが、このプリンタは問題なく使えている。

例えば授業でも教室から外へ出て行う場合も想定できるが、電源がなくても印刷できるというのは授業の手法を広げてくれるだろう。例えば修学旅行や研修旅行で旅行先でまとめ学習をする、校庭で植物や生き物の観察をし、デジカメで撮影したものをすぐ印刷する、などだ。

総合学習などで利用すると授業の展開も広がるだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2009年10月11日 at 3:38 PM

カテゴリー: 教育の情報化