ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Windows PowerShellに関する書籍

leave a comment »

Windowsのシェル、スクリプト実行環境は.NET Framework 2.0の提供とともにWindows PowerShellに移行した。とりわけWindows Server 2008にはWindows PowerShell環境が標準実装であり、今後はWindows PowerShellを使うことになるだろう。

そこでWindows PowerShellについての書籍を探しに本屋へ行き、次の2冊を見つけた。

「PowerShellによるWindowsサーバ管理術」著者:永尾 幸夫、 小鮒通成、 国井傑、竹島友理、牟田口大介/出版社:ソフトバンククリエイティブ/発行年:2009/8/4

「Windows PowerShell ポケットリファレンス」著者:牟田口大介/出版社:技術評論社/発行年:2008/4/11

著者はいずれもWindows Server管理では名前の通った著名人である。特に牟田口大介氏は2004年からMicrosoft MVPを受賞しており、現在はWindows PowerShellカテゴリで活躍している。

これ以外にもMincrosoft公式解説書などもあったが、ほとんど仕様書に近い感じの書籍でまとまりがないと感じられた。まず読むべきは上記の二冊だろうと思い買って帰った。

Written by Yoshio Matsumoto

2010年4月29日 @ 11:34 AM

カテゴリー: Windows PowerShell

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。