ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Windows Serverにおける管理のためのバッチ処理の手法についてまとめる

leave a comment »

4月になって勤務する学校のシステムを再構築することになった。そこで問題になったのは、一括で大量にユーザー作成する方法だ。俺が勤務する学校には常勤の教職員が100名以上、生徒が1100名以上いる。つまり1200のユーザーアカウントを作成する必要がある。

インターネットでWindows ServerのActiveDirecrtoryにユーザーを一括作成する方法を検索すると、主として3つの方法が見つかる。ひとつはAddusersユーティリティーを使う方法、もうひとつはWSH環境でVBScriptを使う方法、そして最後はWindows PowerShellを使う方法だ。

addusers.exeはコマンドライン上で実行するユーティリティープログラムで、「Windows NT 4.0 Resource Kit、Supplement 3」や「Windows 2000 Serverリソースキット」に含まれている。このツールを使うにはリソースキットを買わなければならない。俺もWindows 2000 Serverを管理していたときは、このaddusers.exeを使ってユーザー登録していた。このツールは当時の管理者にとって、たいへんありがたいツールであり重宝されていたので、今でもインターネットでユーザー一括作成の方法を調べると、たくさんの情報が得られる。だがこのツールで登録できるActiveDirectoryの情報には制約がある。全ての情報を登録することができないのだ。

Microsoftは1998年にWindows 98でWindows Script Host、略してWSHを提供した。WSHでは言語としてVBScriptとJScriptが利用でき、これらの言語を使ってスクリプトを書くことができる。コマンドラインに比べて強力な機能を発揮でき、VBScriptはVisualBasicに近い構文を利用できるのでスクリプトを作成しやすい利点がある。インターネットにはWSHを利用したスクリプトの情報もたくさんある。

Windows PowerShellは2006年にマイクロソフトが提供したWindowsにおける本格的なシェル環境である。スクリプト言語はオブジェクト指向に基づいて設計されており、。NET Framework 2.0を基盤としている。Windows PowerShellはWindows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows 7などで利用でき、Windows Server 2008では標準で含まれている。

サーバー管理の仕事ではユーザー作成など一括処理を自動的に行いたい場面が多い。これらバッチ処理は今後Windows PowerShellを使って行うことになるだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2010年4月29日 @ 11:31 AM

カテゴリー: ActiveDirectory

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。