ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod TouchのためにSANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2を使う。

leave a comment »

ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod Touchなどモバイル機器を複数持ち歩くようになると、充電のことも考えなければいけない。出先でバッテリーが放電すると悲しいからだ。これらのモバイル機器は単なる文鎮と化してしまう。
 
最近のモバイル機器は、ほぼUSB充電に対応しているので嬉しい。パソコンがあればUSB接続ケーブルでパソコンから充電することができる。たいていの場合はモバイルPCを持っているので、PCからの充電で間に合うことが多い。
 
しかし場合によってはPCを持っていない、あるいは持っていてもPCのバッテリーそのものを確保しておきたい、移動中なのでPCを起動できないなどの理由でUSB充電ができない場合がある。そのため俺はこれを持ち歩いている。SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2だ。
 

(Fig.1 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2)
 
これさえあれば、ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod Touchなどモバイル機器など、それぞれ対応するUSB接続ケーブルを使って充電することができる。USPポートは2つあり、同時に2台のUSB機器を充電できる。ケーブルを接続したら「DC OUT」ボタンを押すだけだ。出力はDC 5.0V、500mAであり、USBの規定電圧、電力であり、USB接続に準拠している機器なら問題ない。
 

(Fig.2 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2の定格表示)
 

(Fig.3 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2でiPod Touchを充電する)
 
このバッテリー自身の充電は、USB接続でPCなどから充電する方法と、添付のACアダプターを使って充電する方法がある。USBを使えるということは、PCがあればUSBケーブルさえあれば充電できるので機動性が高い。
 

(Fig.4 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2のDC INコネクタ)

Written by Yoshio Matsumoto

2010年5月29日 @ 11:55 AM

カテゴリー: eneloop

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。