ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Roland JS-8 e-Bandで録音したソロプレイをPCに取り込むには

leave a comment »

RolandのJS-8、通称「e-Band」はギタリストにとって手軽にソロプレイを楽しめる最高のデバイスだ。あらかじめJS-8には実践的で魅力あるバッキングパターンが数多く収められている。JS-8には直接エレキギターをインプットし、内臓のギターエフェクターを使うことができる。ギターチューナー機能もあり、これ以外何も必要ない。まさに「オールインワン」の練習用マシンといえる。

メニューのダイヤルを回し、気に入ったバッキングパターンを選ぶ。ロック、メタル、バラード、ジャズと、様々なジャンルのパターンをカバーしており、選んだ曲のジャンル、パターンに最適のギターエフェクトを自動的に選択してくれる。ロック系なら深みのあるオーバードライブ、メタルならエッジの効いたディストーション、バラードなら薄めの歪と空間系エフェクト、ジャズならコンプレッサーを効かしたクリーントーンといった具合だ。

さらにバッキングに対してソロプレイをとったものを、JS-8の内部に録音することができる。録音するには「REC」ボタンを押すだけだ。録音されたものは、SONG0001といった名前で連番が付けられ、いつでもJS-8で再生することができる。

この録音データは、JS-8内部で専用の形式になっている。ドライバをPCにインストールし、USBでJS-8を接続すると、JS-8は外部デバイスとして認識され、ファイルを見ることができる。

js-8_001
<Fig.1 : Roland JS-8をPCに接続し、フォルダを開いたところ>

JS-8を開くと、3つのフォルダにアクセスすることができる。このうち「MAC」フォルダにはMac用のアプリケーションソフトウエアとドライバーが、「WIN」フォルダにはWindows用のアプリケーションソフトウエアとドライバーが入っている。「Roland」フォルダには「JS」フォルダと「TEMP」フォルダの2つのサブフォルダがあり、「JS」フォルダの下には、プレイリストなどのデータが保存される「DB」フォルダ、プリセットのバッキングパターンが収められている「PRESET」フォルダ、そして録音されたデータが保存されている「USER」フォルダの3つのサブフォルダがある。「TEMP」フォルダはシステムが使うフォルダのようである。

「PRESET」フォルダは、「ballad」、「blues」、「country」といった、バッキングパターンのジャンルごとのフォルダに分けられていて、その中にバッキングパターンのデータが入っている。ちなみに「ballad」のフォルダを開くと次のようなファイルが並んでいるのがわかる。

js-8_002
<Fig.2 : JS-8の「PRESET」フォルダにある「ballad」フォルダを開いたところ>

各バッキングパターンごとに3つのファイルがあり、それぞれ.J8I、.J8R、.J8Sといった専用のファイル形式であることがわかる。次に「USER」フォルダを開いてみると、ユーザーが録音したデータは.J8Rと.J8Sの2つのファイルで構成されていることがわかる。

js-8_003
<Fig.3 : JS-8の「USER」フォルダを開いたところ>

このファイル形式は専用のものなので、そのままPCにコピーしても再生することはできない。この録音したソロプレイをPCに取り込み再生するには、JS-8専用の「JS-8 Song List Editor」を使う。このソフトはRolandのサイトからダウンロードすることができ、Windows 7 、 Windows Vista 、 Windows XP に対応したWindows版と、Mac OS X に対応したMac版がある。

JS-8をPCに接続し、JS-8 Song List Editorを起動して「User」ボタンをクリックしたところが次のFig.4だ。リストに「SONG0009」という名前が出ているが、これが録音されたものである。この画面で曲を選択し、「Export」のボタンをクリックすると、JS-8の内部ファイルを変換し、PCにwavファイルとしてコピーすることができる。

js-8_004
<Fig.4 : JS-8 Song List Editorで録音データを変換するところ>

変換してPCにコピーされたデータはwavファイルなので、そのままメディアプレイヤーで聴くことができ、他の音楽ソフトで編集することもできる。

js-8_005
<Fig.5 : JS-8 Song List EditorによってPCに取り出したwavファイル>

PCを使うと、JS-8でギターを弾く楽しみの幅が増える。思いつきで弾きまくったデータをSky Driveにアップしてみた。ダウンロードして聴いてみてくれ。

http://cid-dfec2d26b603327d.office.live.com/browse.aspx/.Public?sa=367089447

Written by Yoshio Matsumoto

2011年2月12日 @ 11:25 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。