ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

音声読み上げソフト「詠太(えいた)」の読み上げ音声をMicrosoft Expression Encoder 4 Screen Captureでキャプチャーする

with one comment

一太郎2011創プレミアムにバンドルされている音声読み上げソフト「詠太(えいた)」の読み上げ音声をキャプチャーするためにMicrosoft Expression Encoder 4を使ってみた。

Microsoft Expression Encoderはマルチメディアコンテンツを編集するツールだ。撮影された素材を編集するだけでなく、コンピュータのWebカメラから動画をキャプチャし音声を取り込む、操作画面を動画にするなどのことができる。操作画面をキャプチャして動画にすると、コンピュータの操作を説明する動画を作ることができるのだが、この手のツールは過去にもいくつかあり、有名な製品としてはマクロメディアのCaptivateがあった。このツールも単に画面キャプチャするだけでなく、インタラクティブなコンテンツを作ることができるなど面白い機能があったが、現在はマクロメディア社はアドビ社に吸収され、キャプティベイトはアドビ社から発売されているようだ。

Microsoft Expression Encoderで画面キャプチャを行うにはMicrosoft Expression Encoder 4 Screen Captureを使う。まず「詠太」を実行し、読み上げたいテキストを入力し音声合成の準備をする。その状態でMicrosoft Expression Encoder 4 Screen Captureを起動する。

詠太_Expression_Encorder_blog_001_640

<Fig.1 – 詠太で文章読み上げの準備をしてExpression Encoder 4 Screen Captureを起動した>

Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureを起動したら、5つ並んだアイコンの真ん中、歯車イメージの「オプションの編集」をクリックする。すると「設定」ウィンドウが開く。

詠太_Expression_Encorder_blog_002

<Fig.2 – Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureの設定画面>

「設定」ウィンドウで「オーディオ」タブを開くと、画面キャプチャする場合の音声取り込みチャンネルを設定できる。ここでは「マイク」と「スピーカー」が選べるようになっているが、「マイク」はコンピュータのマイク入力で、ここにチェックをしておくとマイクで説明を録音しながら画面キャプチャをすることができる。「スピーカー」はパソコンの内部音源をキャプチャーすることを意味している。「詠太」の読み上げ音を録音したいので「スピーカー」にだけチェックを入れておく。

設定が終われば「OK」ボタンで「設定」ウィンドウを終了し、次にMicrosoft Expression Encoder 4 Screen Captureの「記録」ボタンを押して記録を開始する。

詠太_Expression_Encorder_blog_003_640

<Fig.3 – Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureで記録を開始する>

記録状態に入ると、画面のどこをキャプチャするかを示す赤い枠が表示される。ここでは音声を録音することが目的なので、画面は適当に決めておこう。実際に記録を始めるには「記録」ボタンをクリックする。

詠太_Expression_Encorder_blog_004_640

<Fig.4 – Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureで記録を開始したカウントダウン画面>

キャプチャを開始すると、画面の中央に大きく「3」、「2」、「1」とカウントダウンが表示される。カウントダウンが終わるとキャプチャが開始されるので、「詠太」の「読み上げ」メニューから「開始」をクリックする。

詠太_Expression_Encorder_blog_007_640

<Fig.5 – Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureで記録中に詠太の読み上げを開始する>

文章の読み上げが終わったら、Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureのコントロールツールで停止ボタンをクリックしキャプチャを停止する。するとキャプチャしたものがファイルに記録される。ファイル名には日付と時間が入り、拡張子は.xescとなっている。

詠太_Expression_Encorder_blog_008

<Fig.6 – Microsoft Expression Encoder 4 Screen Captureで操作を記録した>

このキャプチャデータはローカルに保存されており、削除しない限り後で使うことができる。ここで「Encoderに送信」ボタンを押すと、Microsoft Expression Encoder 4が起動し、編集することができる。

詠太_Expression_Encorder_blog_010_640

<Fig.7 – Microsoft Expression Encoder 4を起動し編集する>

Microsoft Expression Encoder 4が起動し、画面キャプチャが表示される。タイムラインは画面の下にブルーのラインで表示されている。「再生」ボタンを押すとキャプチャシーンが再生されるので一度とおして聞いてみる。「詠太」の読み上げが録音されているはずだ。

詠太_Expression_Encorder_blog_011

<Fig.8 – Microsoft Expression Encoder 4のエンコード設定をする>

Microsoft Expression Encoder 4の右側ペインに「エンコード」メニューがある。ここでは「詠太」の読み上げを音声ファイルにしたいので画面キャプチャは必要ない。そこで「ビデオ」のチェックを外し「オーディオ」だけにする。すると編集画面から画面キャプチャが消える。

続いて必要な部分の音声だけを切り取る「クリップの編集」をしよう。

詠太_Expression_Encorder_blog_013_640

<Fig.9 – Microsoft Expression Encoder 4でクリップの編集をする>

再生ボタンをクリックし音声を聞きながら青いタイムラインでクリップの必要な位置をみつける。文章読み上げの前後で必要な部分を分割し、不要なクリップを削除する。

必要な部分だけを切り取ることができたら「ファイル」メニューから「エンコード」をクリックしてファイルに書き出す。

詠太_Expression_Encorder_blog_014_640_480

<Fig.10 – Microsoft Expression Encoder 4でエンコードを実行する>

エンコードはしばらく時間がかかる。

詠太_Expression_Encorder_blog_015_640

<Fig.11 – Microsoft Expression Encoder 4でエンコードを実行中の画面>

エンコードが終了すると、デフォルトで「ドキュメント」-「Expression」-「Expression Encoder」-「Output」の下に日付と時間が入ったフォルダが生成し、そのフォルダの中にエンコードによって生成したメディアファイルが保存されている。あとはこれを自由に使えばよい。

Written by Yoshio Matsumoto

2011年7月4日 @ 11:05 PM

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. Fig2で、スピーカーを選択する際、「SoundMAXHD Audio」と、「Bluetooth Audio」しか、表示されません。。
    詠太で読み上げた音声を録音しても、周りの雑音が入ってしまい、使い物になりません。。コントロールパネルから設定をいろいろいじってみましたが、解決できず・・・といった状態です。
    どうしたらよいか教えていただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。

    鈴木庸平

    2012年10月30日 at 5:27 PM


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。