ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

ギタリストとも呼ばれたい – YouTubeに投稿したギタープレイは海外からのアクセスが多いことがわかった

leave a comment »

このblogのタイトルは「プログラマーと呼ばれたい」だが、子供の頃からなりたかった職業に「プログラマー」と「ギタリスト」がある。本当は「ボーカリスト」になりたかったと言いたいところだが、それは遠慮しておこう。

今日ここで紹介したいのは、YouTubeに投稿したギター・ソロの演奏についてのことだ。

Roland JS-8 Jazz Guitar with Steinberger Spirit GT-PRO DX Yoshio Matsumoto

 

職業としては「プログラマー」も「ギタリスト」もなれそうにないが、趣味としての「プログラマー」や「ギタリスト」にはまだなれるかもしれない。そう思いながらプログラミングもやり、ギターの練習もしている。ギターの練習は特にRolandのJS-8、通称「eBAND」を買ってからソロプレイについてはずいぶん上達したと思っている。

ところで昨年の4月に、とりあえず自分の腕はこのあたり、という記録の意味で自分のソロプレイをビデオに撮りYouTubeに公開してみた。公開して長らくほったらかしていたのだが、昨年末に気が付くと投稿した動画のうち一つのアクセス数が増えていることがわかった。そこでアクセス記録を確かめようと思いYouTubeにログインすると、かなり詳細に閲覧記録がとれることがわかった。その一部が下のページだ。

YouTubeアクセス数まとめ_20120212_all

<Fig.1 : YouTubeの地域ごとアクセス記録>

アクセス記録を分析したい期間を指定し地域で分析してみる。すると最も再生回数が多いのは当然日本なのだが、アメリカからの再生もかなりあることがわかる。全期間の再生回数は3,856、うち日本からは916、アメリカ合衆国からは671というぐあいだ。日本の再生回数916回は割合ではたった24パーセントでしかない。アメリカ合衆国からの再生回数671回は17パーセントだ。

第3位のイギリスからは271回で7%とぐっと下がってしまうが、ブリティッシュ・ロック本場のイギリスから見られていると思うとちょっと誇らしい。

ちなみに地域をアメリカ合衆国に絞って統計をとると次のようになる。

YouTubeアクセス数まとめ_20120212_all2

<Fig.1 : YouTubeの地域ごとアクセス記録でアメリカ合衆国のみのもの>

このblogを書いている間にアクセスすが671から675に増えてしまった。アメリカ合衆国の中では、カリフォルニア州、ニューヨーク州、テキサス州の順番だ。

YouTubeではこんなふうに統計が取れる。なかなか興味深い。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年2月12日 @ 2:41 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。