ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

アメリカ行きの準備(5) – Microsoft 2012 MVP Global Summit参加のために – 海外旅行保険は損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」がおすすめのようだ

leave a comment »

たいてい海外旅行に行くときには航空券を買った旅行会社や代理店で旅行保険を勧められる。海外旅行に慣れた人ならいざしらず、たまにしか行かないなら保険の詳細を吟味することも難しいので、勧められるままに契約してしまうことが多いだろう。また慣れていないならなおさら、考えられる不安のすべてをカバーした保険を選びがちのはずだ。

もちろん俺も海外旅行は慣れていないのだが、幸い海外旅行に詳しい友人がいる。その彼のアドバイスをここに書いてみようと思う。その彼は今の職場でともに働き、かれこれ9年にもなる友人だ。英語の教員で、一人で世界中を旅している。ヨーロッパ、アジア各国はもちろん、中東にも行く。エジプト、イエメンなど政情不安定な国にもひるまずに行く。教育に対する志も高く、俺とは考え方が共通する点も多いが、とことん議論する性格で、何度か激論になったこともある。ほとんど怒鳴りあいに近いくらいになったこともあるが、それは熱い思いがあるからだ。海外に出るときには必ず相談にのってもらうその彼が、俺に何かあったとき家族が路頭に迷うことを望んでいるとは思えないので、彼のおすすめにしたがっておくことにする。ということで、これは人から聞いた話になるのでblogのタイトルは「・・・がおすすめのようだ」としている。あらかじめご了承を。

海外に出るとなると、やはりいろんな心配をする。極端なところ、飛行機が落ちるかもしれない。そこまで考えなくても街でひったくりや強盗にあうかもしれないし、怪我や病気になるかもしれない。そこで旅行保険となるのだが、ちなみに航空券を手配してもらった旅行会社で推奨された旅行保険はこんなかんじだ。

IMG_3342_mid_640_480

<Fig.1 : 旅行会社が推奨する海外旅行保険の一例>

この保険では保障として「傷害死亡」、「傷害後遺障害」、「治療・救援費用」、「疾病死亡」、「賠償責任」、「携行品」、「航空機寄託手荷物遅延」、「航空機遅延」の分類があげられている。友人によれば、こうした「プラン」である必要はなく、本当に必要なものだけ保険をかければいい、とのことだ。仮に死亡した場合だが、そもそも海外旅行するしないにかかわらず死亡保険はかけているのであり、旅行の場合に本当に必要なものはずばり「治療・救援費用」だけだと言う。

海外旅行時の「治療・救援費用」に必要なことは、後払いでなく事故や病気になったときに即支払われることだ。日本にいれば健康保険制度の適用もあり、キャッシュで持ち合わせがなくて手当してもらえない、という心配をすることは恐らくないだろうが、外国ではそうはいかない。先に金を払わなければ医療を受けられないことがあるからだ。そのために損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」は「現金がいらない『キャッシュレス治療サービス』や、万が一のときには日本語で相談が可能な損保ジャパン・メディカルヘルプラインなど、うれしいサポートが充実しています。」とうたっている。

損保ジャパンのサイト_001

<Fig.2 : 損保ジャパンの新・海外旅行保険「off!(オフ)」のサイト」

ちなみに旅行会社推奨の保険では、おすすめプランのうち最も手厚いもので傷害死亡5,000万円、傷害後遺障害5,000万円、治療・救援費用無制限、疾病死亡3,000万円、賠償責任1億円、携行品30万円、航空機寄託手荷物遅延10万円、航空機遅延3万円で旅行期間11日の保険料は10,760円だ。これを損保ジャパンのオーダーメイドでやってみる。全く同じ保険にはならないが、傷害死亡・後遺障害5,000万円、治療費用2,000万円、救援者費用2,000万円、疾病死亡3,000万円、賠償責任1億円、携行品損害30万円、航空機寄託手荷物遅延費用等10万円で保険料は5,430円だ。ほぼ半額といえる。

損保ジャパンのサイト_002_edit

<Fig.3 : 損保ジャパンの新・海外旅行保険「off!(オフ)」でオーダーメイド保険の結果>

2009年にMicrosoft 2009 MVP Global Summitで渡米したときも損保ジャパンの保険をかけていった。これといった問題はなかったので幸いだったが、今回も損保ジャパンのお世話になろう。

この損保ジャパンの新・海外旅行保険「off!(オフ)」は出発の直前まで受け付けている。出発した後ではだめだ。契約者は必ず日本国内にいて、出発する前でなければならない。Webで申し込みクレジットカードでの決済ができると契約完了だ。「保険契約証の到着までには、郵便事情にもよりますが、3日から1週間程度かかります。(お申込日の翌々日(土日祝日を除く)までに普通郵便で発送しております。) 」という説明があり、出発まで日がない場合はWebで表示される「契約確認書」をプリントアウトして持っていくことでいい。

なお、ここに書いていることはあくまで2012年2月15日時点のものです。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年2月15日 @ 11:19 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。