ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Windows Phoneアプリ開発 – たった4行でできるBing Mapの利用

leave a comment »

IMG_2811_mid_640_480

Windows Phone開発用のMicrosoft Visual Studio 2010 Express for Windows PhoneでBing Mapを利用するアプリを作っているところだ。PC上のシミュレーターで作ったプログラムの動作確認をしている。

「作ったプログラム」と書いたが、実際はたった4行しかコードを書いていない。

1.BingMapsTaskのインスタンス変数を定義する
2.new演算子でインスタンスを生成する
3.GeoCoordinateクラスを生成しBingMapsTaskのインスタンスに割り当てる
4.BingMapTaskインスタンスをShowメソッドで表示する

これだけで画面タッチに対応したズーム機能のある地図アプリケーションができる。実に簡単だ。

Windows Phoneプログラミングの魅力のひとつに豊富なオブジェクトが利用できることがある。BingMapの利用はその典型的なものといえる。

と書いていて忘れていた。usingステートメントで名前空間の指定をしなければいけないので、実際は6行のコードである。

5.Microsoft.Phone.Tasks名前空間の指定
6.System.Device.Location名前空間の指定

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。