ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Windows PhoneサンプルプログラムをXAPファイルにして実機にアプリケーション配置する

leave a comment »

IMG_3642_mid_640_480

Windows 7上のエミュレーターで作ったアプリケーションの動作確認をすることもできるのだが、やはり実機で確かめたい。Windows Phoneのプログラムは原則としてApp Hubからのダウンロードしか方法がないのだが、App Hubへ開発者として登録すれば、端末のロックを解除することができ、開発用のPCから直接アプリケーションを配置することができる。

Windows Phoneに開発用PCから作ったアプリケーションを直接配置するには、まWindows PhoneをPCに接続する際にZUNEクライアントが必要になる。MicrosoftのサイトからZune Softwareをインストールするのだ。Zune SoftwareはZUNE端末が米国カナダなど一部の国でしか発売されていないことから、以前は日本語版Windowsにはインストールできなかったが今は全く問題なくインストールできるようになっている。

Zune SoftwareをインストールしてWindows Phoneを認識させたら、Windows Phone SDKの「Windows Phone Developer Registration」を起動してApp Hubを介してデバイスを登録する。そしてVisual StudioやExpression Blendで作ったプロジェクトをビルドする。ビルドするとプロジェクトフォルダの「Bin」-「Debug」フォルダに.XAPファイルが生成する。これがアプリケーションのパッケージだ。これをWindows Phone実機に転送するには「Application Deployment」を使う。

写真は雑誌に載っていたサンプルコードを参考にしてとりあえず作ってみた時計アプリケーションだ。簡単なプログラムでもこうして実機で動くことが確かめられると嬉しい。作ったという実感が持てる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。