ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 7月 2012

Hotikisu sensei in NY – Day 6

leave a comment »

hotikisu_ny_081_IMG_7738

<Fig.1 : Hotikisu sensei at the Mitsuwa Marketplace 595 River Road Edgewater, NJ 07020>

hotikisu_ny_082_IMG_7767

<Fig.2 : Hotikisu sensei meet daikon in Mitsuwa Marketplace>

hotikisu_ny_083_IMG_7848

<Fig.3 : Hotikisu sensei at the Trader Joe’s Store 715 River Road Edgewater, NJ 07020>

hotikisu_ny_084_IMG_7869

<Fig.4 : Hotikisu sensei buy Guacamole Avocados Number at Trader Joe’s Store>

hotikisu_ny_085_IMG_8024

<Fig.5 : Hotikisu sensei at the Staten Island Ferry Station>

hotikisu_ny_086_IMG_8059

<Fig.6 : Hotikisu sensei meet the Statue of Liberty from Battery Park>

hotikisu_ny_087_IMG_8075

<Fig.7 : Hotikisu sensei at Statue Cruises Ferry at New York Battery Park>

hotikisu_ny_088_IMG_8124

<Fig.8 : Hotikisu sensei have lunch at Panini & Company Bread 1115 Broadway New York, NY 10006>

hotikisu_ny_089_IMG_8148

<Fig.9 : Hotikisu sensei get Coors Light in Panini & Company Bread>

hotikisu_ny_090_IMG_8176

<Fig.10 : Hotikisu sensei at the World Trade Center>

hotikisu_ny_091_IMG_8223

<Fig.11 : Hotikisu sensei in front of the World Trade Center under construction>

hotikisu_ny_092_IMG_8253

<Fig.12 : Hotikisu sensei at the Wall Street in Lower Manhattan New York City>

hotikisu_ny_093_IMG_8274

<Fig.13 : Hotikisu sensei at the Federal Hall National Memorial>

hotikisu_ny_094_IMG_8276

<Fig.14 : Hotikisu sensei at the New York Stock Exchange>

hotikisu_ny_095_IMG_8317

<Fig.15 : Hotikisu sensei at the National Museum of the American Indian>

hotikisu_ny_096_IMG_8430

<Fig.16 : Hotikisu sensei drink Sierra Nevada Pale Ale>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月31日 at 11:22 AM

Hotikisu sensei in NY – Day 5

leave a comment »

hotikisu_ny_065_IMG_7302

<Fig.1 : Hotikisu sensei return a rent-a-car>

hotikisu_ny_066_IMG_7321

<Fig.2 : Hotikisu sensei get on buses from New Jersey to New York>

hotikisu_ny_067_IMG_7342

<Fig.3 : Hotikisu sensei take a subway in New York City>

hotikisu_ny_068_IMG_7349

<Fig.4 : Hotikisu sensei check a subway ticket>

hotikisu_ny_069_IMG_7368

<Fig.5 : Hotikisu sensei in NYC subway 175 street station>

hotikisu_ny_070_IMG_7443

<Fig.6 : Hotikisu sensei at the 42st in NYC>

hotikisu_ny_071_IMG_7451

<Fig.7 : Hotikisu sensei at the Circle-Line ticket booth>

hotikisu_ny_072_IMG_7474

<Fig.8 : Hotikisu sensei is on board the Circle-Line>

hotikisu_ny_073_IMG_7478

<Fig.9 : Hotikisu sensei get Coors Light on Circle-Line>

hotikisu_ny_074_IMG_7488

<Fig.10 : Hotikisu sensei before the Statue of Liberty>

hotikisu_ny_075_IMG_7506

<Fig.11 : Hotikisu sensei before United Nations Headquarters Building>

hotikisu_ny_076_IMG_7544

<Fig.12 : Hotikisu sensei at the Times Square>

hotikisu_ny_077_IMG_7573

<Fig.13 : Hotikisu sensei before the Empire State Building>

hotikisu_ny_078_IMG_7646

<Fig.14 : Hotikisu sensei at 86th floor in the Empire State Building>

hotikisu_ny_079_IMG_7657

<Fig.15 : Hotikisu sensei look at the town of Manhattan from the Empire State Building>

hotikisu_ny_080_IMG_7703_edit

<Fig.16 : Hotikisu sensei get a Blue Moon>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月30日 at 11:10 AM

Hotikisu sensei in NY – Day 4

leave a comment »

hotikisu_ny_049_IMG_6305

<Fig.1 : Hotikisu sensei see the Horseshoe Falls, also known as the Canadian Falls, from the window of the hotel>

hotikisu_ny_050_IMG_6512

<Fig.2 : Hotikisu sensei leave the Embassy Suites Niagara Falls Hotel, Canada>

hotikisu_ny_051_IMG_6551

<Fig.3 : Hotikisu sensei see the Horseshoe Falls and American Falls from the Raibow Bridge>

hotikisu_ny_052_IMG_6556

<Fig.4 : Hotikisu sensei in Canada and the American border>

hotikisu_ny_053_IMG_6561

<Fig.5 : Hotikisu sensei wait for passport control of America from Canada>

hotikisu_ny_054_IMG_6572

<Fig.6 : Hotikisu sensei came back to New York from Canada>

hotikisu_ny_055_IMG_6580

<Fig.7 : Hotikisu sensei in water fall viewing area>

hotikisu_ny_056_IMG_6593

<Fig.8 : Hotikisu sensei drive I190 to back New York City>

hotikisu_ny_057_IMG_6632

<Fig.9 : Hotikisu sensei in Buffalo>

hotikisu_ny_058_IMG_6695

<Fig.10 : Hotikisu sensei drive I90 east>

hotikisu_ny_059_IMG_6849

<Fig.11 : Hotikisu sensei at the Scottsville Travel Plaza>

hotikisu_ny_060_IMG_6913

<Fig.12 : Hotikisu sensei pour gasoline into the car>

hotikisu_ny_061_IMG_6923

<Fig.13 : Hotikisu sensei drink Dr Pepper>

hotikisu_ny_062_IMG_6965

<Fig.14 : Hotikisu sensei drive I90 East>

hotikisu_ny_063_IMG_7121

<Fig.15 : Hotikisu sensei at the Whitney Point>

hotikisu_ny_064_IMG_7249

<Fig.16 : Hotikisu sensei have Angas Third Pounders in McDonalds, 2152 Lemoine Avenue Fort Lee, NJ 07024>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月29日 at 11:37 AM

Hotikisu sensei in NY – Day 3

with one comment

hotikisu_ny_033_IMG_5266

<Fig.1 : Hotikisu sensei drive a car at northern New York, go ahead>

hotikisu_ny_034_IMG_5280

<Fig.2 : Hotikisu sensei drive in hard rain>

hotikisu_ny_035_IMG_5432

<Fig.3 : Hotikisu sensei get a big Automatic Soda-Jerk>

hotikisu_ny_036_IMG_5477

<Fig.4 : Hotikisu sensei near by Niagala Falls>

hotikisu_ny_037_IMG_5488

<Fig.5 : Hotikisu sensei cross the bridge from New York to Canada.>

hotikisu_ny_038_IMG_5498

<Fig.6 : Hotikisu sensei at the United States and the Canadian border.>

hotikisu_ny_039_IMG_5518

<Fig.7 : Hotikisu sensei go straight through Canada road>

hotikisu_ny_040_IMG_5634

<Fig.8 : Hotikisu sensei at the American Falls as Niagara Falls on the Niagara River along the Canada-U.S. border>

hotikisu_ny_041_IMG_5680

<Fig.9 : Hotikisu sensei get into a boat, Maid of the Mist>

hotikisu_ny_042_IMG_5713

<Fig.10 : Hotikisu sensei in front of Canadian Falls as Naigara Falls>

hotikisu_ny_043_IMG_5873

<Fig.11 : Hotikisu sensei at the Journey Behind the Falls>

hotikisu_ny_044_IMG_6146

<Fig.12 : Hotikisu sensei walk through corridor behind the Canadian Falls>
hotikisu_ny_045_IMG_5832

<Fig.13 : Hotikisu sensei is behind the the Canadian Falls>

hotikisu_ny_046_IMG_5976

<Fig.14 : Hotikisu sensei close the Canadian Falls>

hotikisu_ny_047_IMG_6021

<Fig.15 : Hotikisu sensei walk the White Water Walk>

hotikisu_ny_048_IMG_6287

<Fig.16 : Hotikisu sensei get beer taste drink>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月28日 at 11:02 AM

Hotikisu sensei in NY – Day 2

leave a comment »

hotikisu_ny_017_IMG_4645

<Fig.1 : Hotikisu sensei at Budget car rental 2121 LEMOINE AVE FT. LEE , NJ 07024 US Location code FE8 >

hotikisu_ny_018_IMG_4659

<Fig.2 : Hotikisu sensei rent a car>

hotikisu_ny_019_IMG_4701

<Fig.3 : Hotikisu sensei cross the Hudson River in New Jersey>

hotikisu_ny_020_IMG_4729

<Fig.4 : Hotikisu sensei in Nanuet Mall, 75 W Route 59 Ste 1009a , Nanuet, NY, US>

hotikisu_ny_021_IMG_4741

<Fig.5 : Hotikisu sensei at Barnes & Noble bookstore in Nanuet Mall>

hotikisu_ny_022_IMG_4747

<Fig.6 : Hotikisu sensei get northeast USA 5 road map>

hotikisu_ny_023_IMG_4780

<Fig.7 : Hotikisu sensei have lunch at Vesuvio’s Restaurant, 300 Dupont Ave Newburgh, NY 12550>

hotikisu_ny_024_IMG_4882

<Fig.8 : Hotikisu sensei drive a car in New York>

hotikisu_ny_025_IMG_4929

<Fig.9 : Hotikisu sensei filled up gasoline>

hotikisu_ny_026_IMG_4965

<Fig.10 : Hotikisu sensei drive a car in the northern part of New York>

hotikisu_ny_027_IMG_5017

<Fig.11 : Hotikisu sensei at Budget Inn motel in 332 West Morris Street Bath, NY 14810>

hotikisu_ny_028_IMG_5034

<Fig.12 : Hotikisu sensei get a room key #111>

hotikisu_ny_029_IMG_5037

<Fig.13 : Hotikisu sensei walk through in mortel Budget Inn>

hotikisu_ny_030_IMG_5105

<Fig.14 : Hotikisu sensei in Budget Inn, Bath, New York>

hotikisu_ny_031_IMG_5050

<Fig.15 : Hotikisu sensei in front of a convenience store>

hotikisu_ny_032_IMG_5107

<Fig.16 : Hotikisu sensei get a beer>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月27日 at 11:35 AM

Hotikisu sensei in NY – Day 1

with 3 comments

hotikisu_ny_001_IMG_4320

<Fig.1 : Hotikisu sensei at ITM airport>

hotikisu_ny_002_IMG_4324

<Fig.2 – Hotikisu sensei at International connecting flight in ITM airport>

hotikisu_ny_003_IMG_4349

<Fig.3 – Hotikisu sensei at 52 gate in ITM airport terminal 1>

hotikisu_ny_004_IMG_4389

<Fig.4 : Hotikisu sensei with rice cracker, red wine and diet pepsi in airplane B777-300>

hotikisu_ny_005_IMG_4439

<Fig.5 : Hotikisu sensei over the NYC in airplane>

hotikisu_ny_006_IMG_4514

<Fig.6 : Hotikisu sensei at the terminal 7, JFK airport>

hotikisu_ny_007_IMG_4532

<Fig.7 : Hotikisu sensei go through E-Z Pass car toll in NYC>

hotikisu_ny_008_IMG_4538

<Fig.8 : Hotikisu sensei over the George Washington Bridge in NYC>

hotikisu_ny_009_IMG_4544

<Fig.9 : Hotikisu sensei go through the George Washington Bridge in NYC>

hotikisu_ny_010_IMG_4569

<Fig.10 : Hotikisu sensei at Taco Bell in NYC>

hotikisu_ny_011_IMG_4597

<Fig.11 : Hotikisu sensei at STAPLES the office superstore in NYC>

hotikisu_ny_012_IMG_4600

<Fig.12 : Hotikisu sensei and the STAPLES>

hotikisu_ny_013_IMG_4613

<Fig.13 : Hotikisu sensei at TARGET super market in NYC>

hotikisu_ny_014_IMG_4614

<Fig.14 : Hotikisu bought some underware at TARGET>

hotikisu_ny_015_IMG_4624

<Fig.15 : Hotikisu sensei at SANSEIDO Japanese bookstore in NYC>

hotikisu_ny_016_IMG_4627

<Fig.16 : Hotikisu sensei at Mitsuwa whitch is famous Japanese food store in NYC>

Yoshio Matsumoto 松本吉生

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月26日 at 11:11 AM

雑感 – 子どもを本好きにする方法 – 渡すときにはプレゼント包装で

leave a comment »

IMG_4048_mid_640_480

「よく本を読む子になってほしい」とたいていの親は思うだろう。昔と違って様々なメディアから情報を受け取ることができる今日ではあるが、「テレビを見る子になってほしい」とは思わない。これほどのマルチメディア時代になっても、本を読めることには価値がある。それは本を読むには熟練と努力が必要であること、文字情報は知的生産性が高いこと、そしておそらく小さいころから文字情報の入出力を経験することで脳が早いうちから活性化することが考えられる。現代社会においても多くの知的活動は文字情報を媒介して行われる。本を読むことが得意であるかないかは、その子の人生に大きく影響を与えるだろう。そのことを知っているから親は「よく本を読む子になってほしい」と思うのだ。

子どもを本好きにするか否かは親の考え次第である。そしてそれは0歳からの家庭教育の問題だ。小学校に行くようになってから「うちの子は本を読まなくて困っています先生なんとかしてください」と言ってもはじまらない。まず親自身が本好きでなければならない。自分が本を読まずに子どもに本を読めと言っても伝わらない。本が好きでないと本の読み聞かせも億劫になり、楽しくない気持ちは子どもに伝わる。親が本好きなら自然と子どもを本好きにする行動がとれるのだが、そうでなくてもやる気があれば努力次第だ。

どうすれば自分の子どもが本好きに育ってくれるか。まずはなんといっても0歳からの絵本の読み聞かせである。ある程度大きくなると、絵本の読み聞かせと同時に子供の手の届くところにの絵本を置き、いつでも手に取ってよめるようにしておく。自分で文字は読めなくても、絵を見て楽しむことを定着させる。おそらくこの頃の子どもは、絵を見ながら読み聞かせられたストーリーを頭の中で再現しているはずだ。つまり、文字は読めなくても間接的な読書をしているのだ。この頃に与える本は、投げられたり破られたり、またはなめられたり食べられたりして痛んでいくが、それでかまわない。本が傷むだけ子どもは本に接したのだと思おう。

子どもが小さいうちは居間のテレビをつけてはいけない。テレビは刺激の強いメディアで強制力があるから、テレビがついていればまず子供は絵本に手をのばさないだろう。子どもがおもちゃで遊ぶのと同じように本と戯れ、子どもが手にした本を読んであげる。本を媒介とした親子の時間ができる。

絵本を開きながら読み聞かせをするときは、ゆっくりと心を込めて読もう。まだ文字を覚えていない子供でも、実は読み聞かせのときには絵と同時に文字も目で追っている。文字に興味を持ったことが感じられたら、子どもの目線を観察してみるといい。次第にちゃんと文字を正しく目で追えるようになっていく。この頃にはとくにゆっくりと読んであげよう。

絵本を読む習慣がついたら、仕事帰りに絵本を買って帰ろう。この絵本は必ずプレゼント包装にする。「絵本を買ってきたよ」ではなくて「プレゼントだよ」と渡すのだ。そしてこの最初のプレゼントは必ず子供の心に残るものでなければならない。まちがいなく子供が喜ぶ、そして良書を選ぶための時間を惜しんではいけない。誰かに勧められたとかAmazonのカスタマー評が良いとかで選んではならない。必ず大きな書店に何度も足をはこび、いくつもの本を手に取って自分で読み、時間をかけて選ばなければいけない。それはたとえば子どもに本を渡すとき「これどんなお話?」と聞かれてストーリーを魅力的に語れるくらいになっていなければならない。

本をプレゼント包装で渡し、ていねいに読み聞かせ、子どもの手元にいつでも本を置き、テレビをつけず本を読める環境を整える。よい本を何度かプレゼントすると、子どもは次を楽しみに待つようになる。「パパ、今日はプレゼントある?」と聞いてくるようになる。あとは子どもが自分で読書体験を切り開いていくだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月21日 at 11:37 AM

読書 – T・J・マグレガーが面白い。クィン・アンド・マクレアリシリーズの最初の3巻は一気に読むべきだ。

leave a comment »

IMG_3666_mid_640_480

通勤時間が長いので、その時間をいかに有意義に使うかが俺にとっての大きな課題だ。片道1時間半、往復で3時間ともなると、一日24時間のうち睡眠時間が8時間、勤務時間が8時間、食事や風呂など生活時間をさっぴくとして、自分の時間として自由に使える時間のうちでこの3時間をいかに有意義に過ごすかがいかに重要なことかがわかるだろう。

かつては図書館司書であった親父譲り。俺は子供の頃からの本好きだ。とりわけ小学校の4年生から一家転住で転校をし、友達関係がリセットされるとともに級友の中でもいちばん学校から遠い家から通うことになった俺は、このことで本好きが高じるようになったと自己分析している。学校帰りに歩きながら文庫本を読む姿がまるで二宮金次郎のように見えたのか、「えらいわね」と近所のおばさんたちに言われたことを思い出すが、読んでいたのはSFか推理小説だった。

だがしかし趣味の読書であっても本を読むのはいいことだ。数多くの言葉に触れ、語彙が豊富になる。言語表現の世界が豊かになる。社会人になっても本を読むことが早いこと、文章を書くことが苦にならないことは、子供の頃の読書体験のためだと思う。報告書、企画書、提案書、稟議書。知的労働者には文字を読み、書くことが求められるのだ。

社会人になってパソコンの解説書や仕事に関係する書籍を読むことはあっても、小説など趣味としての読書からは遠ざかっていたが、電子ブックのおかげで近年は再び読書体験が豊かになっている。今は通勤時にKindleとNOOKを両方持ち、同じ書籍を両方で読めるようにしている。明るいうちは歩きながら、あるいは電車の中ではE-inkのKindleで読み、暗いところではNOOKで読む。家を出てから職場に着くまで、職場を出てから家に着くまで2台の電子ブックを使い分ければフルに時間を読書に使うことができる。おおむね俺は文庫本で100ページを1時間で読めるので、一日の通勤時間3時間をフルに使うと600ページくらいの小説なら2日で読めることになる。ちなみに文庫本の600ページはかなり厚い本だ。

ところで前置きが長くなったが、最近読んだ本の中で特に面白かったのがこのT・J・マグレガー(Trish Janeshutz Macgregor)だ。T・J・マグレガーは1950年生まれのアメリカ人女性作家。いくつかの職を経て小説家になり、1985年に作家デビューした。私立探偵のクィンとマクレアリが活躍するシリーズの第一作「闇に抱かれた女 Dark Fields」は1986年に発表され、第二作「銀幕に踊る死 Kill Flash」は1987年に、第三作「蜜のような殺意 Death Sweet」は1988年に発表された。

この3作品はそれぞれ別個の物語だが、ともに主人公はクィンとマクレアリのコンビである。第一作の冒頭ではクィンとマクレアリは赤の他人だ。その二人が事件をきっかけに出会い、最初は反目し合っていた二人が次第に心を惹かれていく。事件を解決するというサスペンス仕立ての物語に、二人の生き方が重ねあわされる。 作者が女性だということもあるのだろう、マクレアリに対するクィンの気持ち、女性の心がとても丁寧に描かれている。男にとってこのクィンという女性は扱いにくいように思えるが、男というものはそういう扱いにくい女性に結局は惹かれてしまうのだな、ということも考えさせられて面白い。

第一作から第二作、第三作へと次第に事件のスケールが大きくなっていき、クィンとマクレアリの関係も次第に深く描かれていく。まるで「三部作」のようである。読むならこの三冊は、一気に読み通すといい。この「クィン・アンド・マクレアリ」シリーズはこの後も続くので、先を楽しみにしている。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月21日 at 9:43 AM

NOOK Tablet – アメリカ、ベルビューで買った液晶型タブレットはクールで使い勝手がいい

leave a comment »

IMG_4144_mid_640_480

<Fig.1 : NOOK Tabletのパッケージ>

今年の春、Microsoft 2012 Global Summitに参加するためにアメリカ、ワシントン州ベルビューへ行ったとき、たまたま入った書店Barnes & Nobleで見つけたNOOK Tabletを衝動買いした。アメリカに行く前はAmazonのKindle Fireを買おうと思っていたのだが、書店で陳列されているNOOKを見て、さらに宣伝員のおじさんの話を聞いて「これだ」と思って買ったのだ。ちなみにBarnes & Nobleはアメリカの大手書店チェーンである。日本では「紀伊国屋書店」のようなものだろうか。

このNOOKを買った後でもKindle Fireを買う気はあったのだが、アメリカ旅行中にこのNOOKを使いだし、その後Best Buyに行ってAmazon Kindle Fireを見たのだが、実機を見て買う気がなくなった。それほどこのNOOKはスマートなのだ。

Kindle Fireは199ドル。このNOOK Tabletは発売当初は高かったらしいが、ちょうど値段を199ドルに下げたところだった。このクラスのタブレットは様々なメーカーが参入しつつあるが、199ドルというのが一つの競争ラインになっているようだ。

IMG_4145_mid_640_480

<Fig.2 : NOOK Tabletのパッケージに書かれた標準添付品>

NOOK Tabletには本体とUSBケーブル、そしてUSB充電用のACアダプタが添付されている。

IMG_4148_mid_640_480

<Fig.3 : NOOK Tablet本体>

NOOK Tabletの本体だ。アプリのアイコンが並んだホーム画面である。

IMG_4149_mid_640_480

<Fig.4 : NOOK Tabletの左下フック部>

NOOK Tabletの左下側の角にはこのようなフックがある。実際にこのフックになにかひっかけるという使い方はなさそうだが、片手で持つときにちょうどこのフック部分が指にひっかかり、不注意で落とす危険が避けられるように思う。本体全体が丸くつるっとした形になっているので、このデザインはいい。

IMG_4150_edit_mid_640_480

<Fig.5 : NOOK Tabletのnボタン>

NOOK Tabletの全面下部にはこのような「n」ボタンがある。このボタンでメニューを表示させたりホームに戻ったりする。

IMG_4152_mid_640_480

<Fig.6 : NOOK TabletのマイクロUSBジャック>

NOOK Tablet本体はマイクロUSBケーブルでパソコンなどと繋いでデータをやりとりしたり、あるいはAC給電アダプタに繋いで充電する。PCに繋いだとき、NOOK Tabletは外付けメモリのようになる。

IMG_4153_mid_640_480

<Fig.7 : NOOK Tabletの電源ボタン>

NOOK Tabletの電源ボタンは本体左側面の上側にある。本体の側面はゆるやかにカーブしたデザインであることがわかるだろう。手触りもいい。

IMG_4154_mid_640_480

<Fig.8 : NOOK Tabletを上から見たところ>

これはNOOK Tabletを上から見たところだ。本体の上部にイヤホンジャックがある。少し離れて小さい穴があいているように見えるが、これはなんだかわからない。リセットボタン穴なのかもしれない。

IMG_4155_mid_640_480

<Fig.9 : NOOK Tabletのイヤホンジャック部>

IMG_4156_mid_640_480

<Fig.10 : NOOK Tabletの音量ボタン>

本体右側の側面の上側に音量ボタンがある。画面のタッチ操作でなく別個にスイッチがあると操作しやすい。

IMG_4157_mid_640_480

<Fig.11 : NOOK Tabletの裏側>

裏側中央部に「n」のマークがある。本体裏側の下部にはスピーカー穴が開いている。

IMG_4159_mid_640_480

<Fig.12 : NOOK Tabletのフック>

NOOK Tabletフック部を裏側から見たところ。下の写真でわかるように、ここにマイクロSDカードを装填できる。

IMG_4160_mid_640_480

<Fig.13 : NOOK Tabletのスピーカー穴>

本体裏側のスピーカー穴から音が出る。だがあまり良い音とは言えない。

IMG_4162_mid_640_480

<Fig.14 : NOOK TabletのマイクロSDカードスロット>

NOOK TabletのマイクロSDカードスロット。ここにマイクロSDカードを装填し、コンテンツを格納することができる。

IMG_4163_mid_640_480

<Fig.15 : NOOK Tabletの標準添付品USBケーブル>

NOOK Tabletの専用USBケーブル。マイクロUSBケーブルだが、「n」のマークがあることと、本体に差し込む方にはLEDが入っている。

IMG_4164_mid_640_480

<Fig.16 : NOOK Tabletの専用USBケーブルのUSBプラグAコネクタ>

IMG_4165_mid_640_480

<Fig.17 : NOOK Tablet専用USBケーブルのマイクロUSBプラグ部>

IMG_4166_mid_640_480

<Fig.18 : NOOK Tabletに専用USBケーブルを挿して充電しているところ>

このようにNOOK Tabletの専用USBケーブルのマイクロUSBコネクタにはLEDがあり、充電中はオレンジ色、充電が完了すると緑色に光るようになっている。

IMG_4169_mid_640_480

<Fig.19 : NOOK TabletのUSB充電専用ACアダプター>

NOOK Tabletの標準添付品、USB充電ACアダプターだ。コンセントプラグを倒して出し、ACコンセントに差し込む。この反対側にUSBのA型ジャックがあり、そこからUSBケーブル経由で本体を充電する。

このようなタブレットは、ずいぶんいろいろなメーカーから発売されており、好みで選べる時代になったことはうれしい限りだ。毎日持ち歩くものだから、機能的に優れていることはもちろんだが、本体のデザインなども選択の大きな条件になるだろう。気に入ったデザインでなければ使って楽しくない。多くのタブレットはいかにも「家電製品」といったデザインをしているが、このNOOKは形状も美しく、本体の素材は少し柔らかめの樹脂素材で手触りもいい。

ファイル名の表示には日本語も対応している。つまり日本語フォントが搭載されているのだ。通勤にはこのNOOKとAmazon Kindleの両方をカバンに入れている。そして両方に同じ本を入れておく。暗い夜道では明るく光るこの液晶型のNOOKで本を読み、明るい駅や電車内ではE-InkのAmazon Kindleで読む。これで通勤時間のすべてが読書に使えるようになった。

日本では買えないのが残念だが、アメリカに行けばBarnes & Nobleの書店で買えると思う。中途半端なタブレットを買うなら、このNOOKにしたほうがいい。強くお奨めする。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月19日 at 2:22 AM

Amazon Kindle DXの画面が破損 – E-inkパネルは突起物の圧迫に弱いので注意 – ソフトケースではなくハードケースに入れよう

leave a comment »

IMG_0915_mid_640_480

<Fig.1 : 破損したAmazon Kindle DXのE-ink表示パネル>

Amazon Kindle DXを旅先に持って行ったのだが、スーツケースを開けて取り出したところ、このような無残な姿になってしまっていた。いったい何がおこったのか、すぐにはわからなかった。

このKindle DXは傷がつかないように常時クッション素材のケースに入れており、衝撃による破損やE-ink表面の擦り傷などはつかないようにし気を付けていた。E-ink画面の欠落が縦横に切り取られたように見えることから、最初見たときは何らかの衝撃でE-inkパネルの接触不良がおこったのかと思った。しかしどうやらそうではないらしい。

IMG_0916_mid_640_480

<Fig.2 : 破損したAmazon Kindle DXのE-inkパネル表面をよくみる>

E-inkパネルの欠落部分をよく見ると、広く右側が方形に切り取られたように見えるが、左上あたりにガラスが割れたような放射状の跡がある。その中央部には圧迫痕があり、横から見るとパネルがへこんでいるように見える。指で触るとでこぼこしているのがわかる。

IMG_0918_mid_640_480

<Fig.3 : 破損したAmazon Kindle DXのE-inkにみられる圧迫痕>

写真ではわかりにくいかもしれないが、おそらく何かの突起物がE-inkパネルに接触し、圧迫されたために壊れたと思われる。圧迫された部分から放射状に表示が壊れ、さらに広範囲に白化しているところが奇妙ではある。

勝手な思い込みだが、E-inkのパネルは比較的強いのではないかとたかをくくっていた。だが突起物の圧迫には気を付けなければならないことが明らかである。これは恐らくE-inkをパネルに使った他の電子ブック、たとえばSONYのReaderなどでも同様だと思われる。これらの電子ブックはE-inkパネルを突起物が圧迫しないよう、ハードなプロテクトケースが必要である。ソフトケースだけでは不十分なのだ。

だが、このような電子ブック端末はカジュアルに使いたいので、できればもう少し堅牢に作って欲しかったところだ。持ち運ぶ時もできればケースなどに入れず、カバンにそのまま入れ、使うときにはさっと出してすぐ読める、というように使いたい。もちろん本体は軽い必要もあるので作る側にとっては難題かもしれないが、ぜひ堅牢化をすすめてほしい。

このAmazon Kindle DXは第二世代にあたるもので、Amazonのカスタマーサービスによれば現在はもう手に入れることができない。現在販売されているKindle DXは黒色で、これは第三世代の機種だ。他の電子ブックには、このKindle DXのような大画面のものはなく、さらに白色の筐体がとても気に入っていたので残念でならない。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月19日 at 1:15 AM