ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

雑感 – 子どもを本好きにする方法 – 渡すときにはプレゼント包装で

leave a comment »

IMG_4048_mid_640_480

「よく本を読む子になってほしい」とたいていの親は思うだろう。昔と違って様々なメディアから情報を受け取ることができる今日ではあるが、「テレビを見る子になってほしい」とは思わない。これほどのマルチメディア時代になっても、本を読めることには価値がある。それは本を読むには熟練と努力が必要であること、文字情報は知的生産性が高いこと、そしておそらく小さいころから文字情報の入出力を経験することで脳が早いうちから活性化することが考えられる。現代社会においても多くの知的活動は文字情報を媒介して行われる。本を読むことが得意であるかないかは、その子の人生に大きく影響を与えるだろう。そのことを知っているから親は「よく本を読む子になってほしい」と思うのだ。

子どもを本好きにするか否かは親の考え次第である。そしてそれは0歳からの家庭教育の問題だ。小学校に行くようになってから「うちの子は本を読まなくて困っています先生なんとかしてください」と言ってもはじまらない。まず親自身が本好きでなければならない。自分が本を読まずに子どもに本を読めと言っても伝わらない。本が好きでないと本の読み聞かせも億劫になり、楽しくない気持ちは子どもに伝わる。親が本好きなら自然と子どもを本好きにする行動がとれるのだが、そうでなくてもやる気があれば努力次第だ。

どうすれば自分の子どもが本好きに育ってくれるか。まずはなんといっても0歳からの絵本の読み聞かせである。ある程度大きくなると、絵本の読み聞かせと同時に子供の手の届くところにの絵本を置き、いつでも手に取ってよめるようにしておく。自分で文字は読めなくても、絵を見て楽しむことを定着させる。おそらくこの頃の子どもは、絵を見ながら読み聞かせられたストーリーを頭の中で再現しているはずだ。つまり、文字は読めなくても間接的な読書をしているのだ。この頃に与える本は、投げられたり破られたり、またはなめられたり食べられたりして痛んでいくが、それでかまわない。本が傷むだけ子どもは本に接したのだと思おう。

子どもが小さいうちは居間のテレビをつけてはいけない。テレビは刺激の強いメディアで強制力があるから、テレビがついていればまず子供は絵本に手をのばさないだろう。子どもがおもちゃで遊ぶのと同じように本と戯れ、子どもが手にした本を読んであげる。本を媒介とした親子の時間ができる。

絵本を開きながら読み聞かせをするときは、ゆっくりと心を込めて読もう。まだ文字を覚えていない子供でも、実は読み聞かせのときには絵と同時に文字も目で追っている。文字に興味を持ったことが感じられたら、子どもの目線を観察してみるといい。次第にちゃんと文字を正しく目で追えるようになっていく。この頃にはとくにゆっくりと読んであげよう。

絵本を読む習慣がついたら、仕事帰りに絵本を買って帰ろう。この絵本は必ずプレゼント包装にする。「絵本を買ってきたよ」ではなくて「プレゼントだよ」と渡すのだ。そしてこの最初のプレゼントは必ず子供の心に残るものでなければならない。まちがいなく子供が喜ぶ、そして良書を選ぶための時間を惜しんではいけない。誰かに勧められたとかAmazonのカスタマー評が良いとかで選んではならない。必ず大きな書店に何度も足をはこび、いくつもの本を手に取って自分で読み、時間をかけて選ばなければいけない。それはたとえば子どもに本を渡すとき「これどんなお話?」と聞かれてストーリーを魅力的に語れるくらいになっていなければならない。

本をプレゼント包装で渡し、ていねいに読み聞かせ、子どもの手元にいつでも本を置き、テレビをつけず本を読める環境を整える。よい本を何度かプレゼントすると、子どもは次を楽しみに待つようになる。「パパ、今日はプレゼントある?」と聞いてくるようになる。あとは子どもが自分で読書体験を切り開いていくだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月21日 @ 11:37 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。