ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールし、既存のWindows Server 2008ドメインに参加して利用する。Active Directoryへの登録はWindows XPからの従来どおりの手順と同じだ。

leave a comment »

IMG_0112_mid_640_480

2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールして検証をしているが、既存のWindows Server 2008ドメインに参加して利用できるかどうかを試してみた。Active Directoryへの登録は問題ないが、プリンタのインストールなどには手作業が必要であり、有効にならないポリシーもあることがわかった。

まず既存のネットワークに接続するには、IPアドレスやDNSの設定をしなければならない。これは「コントロールパネル」から行う。Windows 8で「コントロールパネル」を開くには、画面の左下にマウスポインタを動かし、右クリックでメニューから行う。

Windows_8_001_network_mid_640

「コントロールパネル」を開くとWindows 7でも見慣れたメニューが表示される。ネットワークの設定をするには、ここから「ネットワークとインターネット」をクリックする。

Windows_8_003_network_mid_640

次に「ネットワークと共有センター」をクリックして開く。

Windows_8_005_network_mid_640

「ネットワークと共有センター」が開いたら、左のペインから「アダプターの設定の変更」をクリックしよう。

Windows_8_006_network_mid_640

「アダプターの設定の変更」をクリックすると、下のようにPCで利用可能なネットワークアダプタがアイコンで表示される。ここでは有線の一般的なイーサネットLANケーブルで接続することとし、「イーサネット」を設定することになる。ネットワークケーブルをジャックに差し込んで繋いでも、設定ができていなければ下のように「識別されていないネットワーク」となるはずだ。

ここでこの「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」を表示する。

Windows_8_009_network_mid_640

Windows_8_009_network_2_mid_640

「イーサネットのプロパティ」まで開けば、これまでWindows XPやWindows Vista、Windows 7でネットワーク設定をしたことがあるなら、おなじみの画面だとわかるはずだ。IPアドレスやDNSなど必要な設定値をネットワーク管理者から聞いて設定しよう。

Windows_8_012_network_2_mid_640

ネットワークの設定ができれば、Windows 8はドメインコントローラーに接続できるはずだ。次はActive DirectoryドメインにWindows 8を参加させる。

Windows 8をActive Directoryドメインに参加させるには「コントロールパネル」を使う。「コントロールパネル」を開くには、上と同様に画面の左下で右クリックメニューを使おう。

Active Directoryドメインに参加するには「コントロールパネル」で「システムとセキュリティ」をクリックする。

Windows_8_018_network_mid_640

「システムとセキュリティ」のメニューは多くの項目がある。さらに「システム」のサブメニューをクリックする。

Windows_8_020_network_mid_640

「システム」の項目をみると、「コンピュータ名」と「フルコンピュータ名」にWindows 8をインストールしたときにつけた名前が入っているはずだ。また「ワークグループ」はデフォルトの「WORKGROUP」となっている。このあたりはWindows XPからの設定が踏襲されている。ここまでくれば、これも過去にActive DirectoryドメインにPCを参加させた経験があるならほぼわかるだろう。

ではこのPCをActive Directoryドメインに参加させるため「設定の変更」をクリックしよう。

Windows_8_021_network_mid_640

「設定の変更」をクリックすると、下のように「システムのプロパティ」が表示される。「コンピュータ名を変更したりドメインに参加したりするには[変更]をクリックしてください。」とあるボタン「変更」をクリックしよう。

Windows_8_023_network_2_mid_640

「コンピューター名/ドメイン名の変更」メニューになるので、コンピュータ名を新たに設定し、「所属するグループ」を「ドメイン」にして正しいドメイン名を入力する。

Windows_8_025_network_2_mid_640

Active Directoryドメインに登録するための権限のあるユーザーとパスワードを求められる。正しい権限を持つユーザーパスワードを入力する。

Windows_8_029_network_2_mid_640

あとはコンピュータの表示にしたがい、再起動して設定を完了する。

Windows_8_033_network_2_mid_640

再起動すると、ログイン画面でデフォルトのユーザーが表示されているが、ドメインのユーザーでログインするには人型アイコンの左にある矢印アイコンを使う。これで「ユーザーの切り替え」ができる。

IMG_0128_mid_640_480

「ユーザーの切り替え」を行うと、デフォルトのユーザー名の横に「他のユーザー」アイコンが表示されるので、こちらをクリックする。

IMG_0131_mid_640_480

すると「ユーザー名」と「パスワード」を求める、おなじみのログイン画面が表示される。「サインイン先」が正しいドメイン名になっていることを確認し、ログインしよう。

IMG_0132_mid_640_480

では、Windows Server 2008の画面でも確認しよう。「Active Directoryユーザーとコンピューター」で確認すると、確かに新しいWindows 8のPCが登録されていることがわかる。

windows8_001_mid_640

このように、Windows XPからの従来と同じ手順でActive Directoryドメインに参加できることがわかった。しかしグループポリシーやログオンスクリプト、プリンタの設定などは実際のところどうなのか。次のレポートで詳しく説明する予定だ。

<関連する過去の記事>

「2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールすると、起動時間がWindows 7より半分ですむ。しかもスリープ状態からの復旧はなんと8秒。これなら授業でPCを時間の滞りなく使えるだろう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2012/11/27/2009%e5%b9%b411%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%80%9a%e8%a3%bd%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3fmv-t8190%e3%81%abwin-2/

「2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールした。問題はタッチパネルのドライバだが、Windows 7用のものを適用して問題なく使える。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2012/11/25/2009%e5%b9%b411%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%80%9a%e8%a3%bd%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3fmv-t8190%e3%81%abwindo/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。