ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

「スーパーエクスプレス」シリーズよりさらにスケールが小さい – ダイソー100円ショップの「プチ電車シリーズ」

leave a comment »

線路の軌道がプラレールより狭いが、改造してプラレールで使えるようにすることができるダイソーの「スーパーエクスプレス」だが、久しぶりにダイソーに行くとすっかりなくなっていた。かわりにあったのは、「スーパーエクスプレス」よりさらにスケールの小さい「プチ電車」シリーズというものだった。「スーパーエクスプレス」シリーズがあればよかったのだが、試しに「プチ電車」シリーズを買ってみた。

IMG_0972_mid_640_480

<Fig.1 : ダイソー100円ショップの「プチ電車」シリーズを買い込む>

「スーパーエクスプレス」の線路は、直線線路の長さ、曲線線路の円弧半径Rがプラレールとほぼ同じであり、幅がプラレールよりもやや狭いだけだった。そこで線路以外のパーツはほぼそのままで使えたし、線路関連パーツも少し改造すればプラレールで使えるようにすることができた。しかし「プチ電車」しりーずは、さらにスケールが小さく、プラレールとの違いが大きい。線路幅も狭すぎるし、直線線路の長さ、曲線線路の円弧半径Rもプラレールの線路とは異なっている。

「プチ電車」シリーズの線路の接続部分はΩ型で、「スーパーエクスプレス」シリーズと同じであり、これらの線路は繋ぐことができる。次の写真では、青色がプラレールの線路、黄色がダイソー「スーパーエクスプレス」の線路、灰色がダイソー「プチ電車」シリーズの線路だ。

IMG_1004_mid_640_480

<Fig.2 : プラレール、ダイソー「スーパーエクスプレス」、ダイソー「プチ電車」シリーズの直線線路を比べる>

IMG_1003_mid_640_480

<Fig.3 : プラレール、ダイソー「スーパーエクスプレス」、ダイソー「プチ電車」シリーズの曲線線路を比べる>

IMG_1005_mid_640_480

<Fig.4 : ダイソー「スーパーエクスプレス」と「プチ電車」シリーズの線路を繋ぐ>

4本入り直線線路、4個入りの架線柱、鉄橋、4本入り曲線セットを2つ、で組み立てた基本のループ。合計525円。列車は基本の3両編成にすると315円になる。「スーパーエクスプレス」では実際に走っている列車ではないデザインのものしかなかったが、「プチ電車」シリーズは実際の車両をモチーフにしている。何種類かの列車があったが、いかにも列車らしい「ブルートレイン」を選んでみた。

IMG_0988_mid_640_480

<Fig.5 : 5つのパッケージで構成したループ線路>

IMG_0987_mid_640_480

<Fig.6 : ダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

ダイソー「プチ電車」シリーズはプラレールや「スーパーエクスプレス」よりも小型で手ごろな大きさだ。列車のできもいい。家で仕事をしながら、机の上で走らせてもいい。かたとんかたとんとレールを走る列車の音が心地よい。

IMG_0989_mid_640_480

<Fig.7 : 100円とは思えない出来栄えのダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

IMG_0990_mid_640_480

<Fig.8 : ダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

なぜかはわからないが鉄道玩具は男の子の遊びだ。鉄道玩具が好きな女の子というのはあまり聞かない。男にとって鉄道玩具は大人になっても魅力的だが、大人の女性が鉄道玩具を楽しむ姿は想像しがたい。ところが、ネットで調べると、どうやらプラレールが好きなママさんもいるようだ。子どものために、といいながら、実は自分で楽しんでいる様子がうかがえる。

ダイソーの「スーパーエクスプレス」がなくなったようで残念だが、この「プチ電車」シリーズも改造してプラレールと共存できるようにしたり、電子工作を加えたりしてみたいと思っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。