ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。

with 6 comments

これほどの製品を発表してしまえば、もはやバージョンアップはありえないだろう、と思えるくらいに絶賛したいMicrosoft Surface RTだ。パーソナル・コンピュータやモバイル、電子機器の歴史に名を残す製品と言える。いままでのタブレットが何故すべて中途半端で役に立たないものであったかを、このSurface RTを手にした者はそれだけで気付くだろう。

サイズ:10.81 x 6.77 x 0.37 インチ (約 274 x 172 x 9.3mm)、重量:約676g、ディスプレイ:10.6 インチ 1366 x 768ピクセル ClearT10+ 件ype HD 液晶、メモリ:2GB、カメラ:前面720p、背面720p、センサー:環境光センサ、加速度計、ジャイロ、電子コンパス、オーディオ:デュアルマイク、ステレオスピーカー、無線:802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、といったところが、いわゆる一般的なタブレットとしてのスペックだ。これはもちろん必要にして十分なスペックだが、Surface RTの特徴はこれ以外のところにある。

IMG_1359_mid_640_480

<Fig.1 : Microsoft Surface RTの前面>

IMG_1361_mid_640_480

<Fig.2 : Microsoft Surface RTの裏面>

Surface RTの本体は「ベイパーマグ VaporMg」と呼ばれる特殊加工のマグネシウム合金を使っているらしい。色は艶消しのブラックで、成型加工の質が高いのでシャープな印象がある。かなりの硬度がありそうだが、毎日持ち運ぶこの手の製品にとっては、傷がつきにくいことが重要だ。個人的にはもう少し軽く仕上げて欲しかったところもあるが、重量を抑えて硬度が犠牲になるなら問題なので、バランスを考えたところなのだと思われる。硬度については、実際に傷をつけてみないとわからないところがあるが、まだ丁寧に使っており、ひとつも傷をつけていないので実際のところはわからないが、かなり頑丈なのではないかと思われる。

デザイン上の最も大きな特徴は、裏面にある「キックスタンド Kickstand」と名付けられた開閉式のスタンドだ。これはいわばフォトフレームのように開いて本体を立てる仕組みだ。秀逸なのは、閉じた状態でまったくスタンドの存在を意識させず、ぴったりと本体に合わさっているところだ。スタンドを閉じた部分の段差がまったくない。またこのスタンドはたいへん薄いが頑丈で、ヒンジの部分も小さく目立たないように作られており、そしてとてもしっかりしている。

IMG_1362_mid_640_480

<Fig.3 : Microsoft Surface RTのキックスタンドを開いた>

IMG_1363_mid_640_480

<Fig.4 : Microsoft Surface RTの裏面キックスタンドの開閉部>

IMG_1364_mid_640_480

<Fig.5 : Microsoft Surface RTのキックスタンドを開いて立てた>

IMG_1365_mid_640_480

<Fig.6 : Microsoft Surface RTのキックスタンドを開いた部分>

IMG_1371_mid_640_480

<Fig.7 : Microsoft Surface RTのキックスタンドヒンジ部分>

もうひとつの特徴は、取り外しできる薄型のタッチカバー Touch Coverだ。これは薄型で、本体に取り付けて閉じた状態ではパネルカバーにもなる。タッチカバーを付けてそのまま持ち運んでも大丈夫だ。

このタッチカバー Touch CoverはSurface RT本体に磁石でぴったりと付くようになっている。タッチカバー Touch CoverとSurface RT本体は6つの接点で接続され、Surface RTはタッチカバーの有無を認識し、タッチカバーがないときは本体のバーチャルキーボードで入力、タッチカバーが付いているときは自動的にタッチカバーのキーボード入力ができるようになる。またタッチカバーを開き、ぐるりと裏側に向けた状態ではタッチカバーは認識せず、本体のバーチャルキーボードが有効になる。これはよくできている。というのも、タッチカバーを開けて裏側に向け、そのまま使う状態ではキーボードが裏側になってしまうので、キー入力が有効になっていると手が当たって無意味な入力がおきてしまうからだ。

純正キーボードとしてはこのタッチカバー Touch Cover以外に、タイプカバー Type Coverがある。タッチカバーはあくまでもSurcafe RTのカバーとしての役割が主であり、キー入力はあまり快適ではない。Surface RTをノートパソコンのようにしっかり文字入力したいなら、迷わずタイプカバーを選択するべきだろう。

IMG_1719_mid_640_480

<Fig.8 : Microsoft Surface RTにタッチカバー Touch Coverを取り付けた>

IMG_1720_mid_640_480

<Fig.9 : Microsoft Surface RTにタッチカバー Touch Coverを取り付けて開いた>

IMG_1721_mid_640_480

<Fig.10 : Microsoft Surface RTにタッチカバー Touch Coverを取り付けてキックスタンドを開いた>

IMG_1722_mid_640_480

<Fig.11 : Microsoft Surface RTのタッチカバー Touch Coverを取り外したところ>

IMG_1724_mid_640_480

<Fig.12 : Microsoft Surface RTとタッチカバー Touch Coverの接点部分>

またUSBポートがあることもメリットだ。例えばPDF化した書籍、写真、音楽などのコンテンツを本体に保存しなければならないとすれば、昨今の大量データ時代に32Gや64GBといったレベルでは全く追い付かない。クラウドのSkyDriveに保存する、というのが一つの解だが、必ずしもネットに繋がった状態ばかりではない。しかしSurface RTにはUSBコネクタがある。ここにUSBメモリを挿せば、コンテンツの問題は解決される。必要ならば何枚かのUSBメモリを用意し、それぞれに必要なコンテンツを保存し、使い分ければいい。

またプリンタへの接続もUSBで行うことができる。ほとんどのタブレットはプリンタへの印刷を想定していない。PCを介して印刷するなど何らかのトリッキーな方法が必要になるだろう。しかしSurface RTなら、多くのプリンターのドライバに対応しているので、USBポートにプリンタを直接接続するだけでいい。

これ以外にも、USBキーボードをつないだりCDドライブを使ったり、というように、USBポートのあることが大きなメリットだ。1つしかないところが不満といえば不満だ。できれば2ポート、あるいは3ポート欲しいところだ。

IMG_1367_mid_640_480

<Fig.13 : Microsoft Surface RTのUSBポート>

そして他のタブレットではなくMicrosoft Surface RTを選ぶ最大の理由は、ワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートが標準で使えることだ。ワードは Microsoft Word 2013、エクセルは Microsoft Excel 2013、パワーポイントは Microsoft PowerPoint 2013、ワンノートは Microsoft OneNote 2013がインストールされている。仮にノートパソコンにこれらのアプリケーションをインストールしようと思えば、Office Home & Business 2013が必要になるが、このパッケージを買うだけで2万8千円ほどする。ただ気を付けなければいけないのは、Surface RTで使えるオフィスには、マクロが使えないなどいくつかの制限がある。ただ通常のオフィス業務、文書作成や表計算を行う限りはまったく問題ない。ちなみにパソコンでワードやエクセル、パワーポイントのファイルを作り、USBメモリに保存してMicrosoft Surface RTで開いても全く問題なく使えた。

IMG_1727_mid_640_480

<Fig.14 : Microsoft Surface RTで使えるワード、エクセル、パワーポイント、ワンノート>

このように、最初の製品にして完璧なタブレットであるSurface RTだが、注意する点としてはCPUがインテル系ではなく NVIDIA Tegra 3 T30 だという点だ。従来のWindowsとは異なり、CPUの違うデバイスで動くように設計されている。したがってPCで使えるアプリケーションをそのまま使うことはできない。他のメーカー製のソフトをインストールして使いたいとか、フリーソフトを使いたいといった希望があるならSurface RTは期待に沿えないだろう。もちろん近い将来には、Surface RTで動くアプリケーションも数多く提供されるようになるだろう。だが現状では、Surface RTはそのまま使うことを前提にするのが間違いないだろう。

最後にSurface RTの重量実測値を紹介する。このSurface RTは日本版が発売される前に米国で発売されたものだ。したがって実質上の全世界で最初のモデルといえる。

IMG_1376_mid_640_480

<Fig.15 : 米国産Microsoft Surface RTの重量をキッチンスケールで量った>

IMG_1377_mid_640_480

<Fig.16 : 米国産Microsoft Surface RTの重量は実測で685gだった>

●追記 2013/07/05

「Microsoft Surface RTに最適のコンテンツ保存用USB外部メモリ – 超小型で取り付けたまま持ち運んでもいい」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/05/microsoft-surface-rt%e3%81%ab%e6%9c%80%e9%81%a9%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e4%bf%9d%e5%ad%98%e7%94%a8usb%e5%a4%96%e9%83%a8%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa-%e8%b6%85%e5%b0%8f/

●追記 2013/07/10

「Surface RTはUSBでレーザープリンタなどが利用できる。これは大きなメリットだ。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/10/surface-rt%e3%81%afusb%e3%81%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%8c%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%80%82%e3%81%93/

●追記 2013/07/13

「今日は日本版Microsoft Surface Proの発売日」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/06/07/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%89%88microsoft-surface-pro%e3%81%ae%e7%99%ba%e5%a3%b2%e6%97%a5/

「Surface RTにSurface VGAアダプターとSurface HDデジタルAVアダプターを使い大型モニタに画面を映し出す。授業でSurfaceを利用すれば手際よくコンテンツを提示できるだろう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/11/surface-rt%e3%81%absurface-vga%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a8surface-hd%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%abav%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%bf/

「Microsoft Surface RTでWord、Excel、PowerPoint、OneNoteを使って日常的なパソコン業務のほとんどができる。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/13/microsoft-surface-rt%e3%81%a7word%e3%80%81excel%e3%80%81powerpoint%e3%80%81onenote%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%97%a5%e5%b8%b8%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e6%a5%ad/

「Microsoft SurfaceのUSBポートにパソコン用のキーボードを接続して使う。専用のタッチカバーやタイプカバーに不満を感じたら市販のキーボードを選んで使おう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/13/microsoft-surface%e3%81%aeusb%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ab%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%81%97/

コメント / トラックバック6件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%… […]

  2. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」 https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%&#8230; […]

  3. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」 https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%&#8230; […]

  4. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」 https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%&#8230; […]

  5. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」 https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%&#8230; […]

  6. […] 「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」 https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%&#8230; […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。