ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Microsoft Surface RTに首ったけ。タイプカバー、タッチカバーを使い分けて楽しむ。なかでもタッチカバー「ホワイト」がお気に入り。

leave a comment »

Surface RTは日本で発売される以前に知人よりUS版を譲り受け、その後日本で発売されてから日本版を2台購入した。いま手元には3台のSurface RTがある。これにUS版タッチカバー「ブラック」と日本語タッチカバー「ブラック」、そして日本語タイプカバー、日本語タッチカバー「ホワイト」の4つのカバーを使い分けて楽しんでいる。タイピングの必要が多い日はタイプカバーで、またその日の気分によってタッチカバーを使い分ける。

IMG_0385_mid_640_480

<Fig.1 : Microsoft Surface RTの4種類のカバー>

上の写真は右上がUS版タッチカバー「ブラック」、左上が日本語タッチカバー「ブラック」、右下が日本語タイプカバー、そして左下が日本語タッチカバー「ホワイト」だ。

Surface RTそのものの色がブラック一色なので、シアンやマゼンタ、ホワイトといった色のカバーでは不似合いなのではないか、と思っていたが、同僚が使っているのを見てカラフルなのもなかなかいいものだと思った。特に白はいい。白と黒のコントラストが鮮やかで、どちらかといえば硬い印象のSurface RTがカジュアルなイメージに変わる。

IMG_0380_mid_640_480

<Fig.2 : 日本語タッチカバー「ホワイト」を付けてカジュアルなイメージに変わったSurface RT>

タッチカバーの値段は決して安くないが、シアンやマゼンタのカバーも欲しくなってきた。USのSurfaceストアに行くと、新しいタイプのカバーが発売されているのがわかる。限定色のカバーもあるようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。