ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

今夜のビール – VEDETT EXTRA WHITE 瓶入り330ml

leave a comment »

数あるビールのなかでも特に他に比類なきものがある。それはたとえばGuiness Draughtであり、このVedett Extra Whiteだ。ギネスはビールの一種としてではなく「ギネス」と固有名詞で呼ぶべき飲み物であり、ヴェデットは「ヴェデット」である、というのが正しい。

栓をあけるとたちまちなんともいえないフルーティな香りが漂ってくる。ベルギー産のビールだが、典型的なベルギー・ビールの味とは全く一線を画している。

IMG_0901_mid_640_480

ラベルに少ししわがよっている。

IMG_0906_mid_640_480

ボトルは緑色のガラスで、独特のずんぐりとしたフォルムをしている。

IMG_0907_mid_640_480

裏のラベルでわかるのだが、日本では法令上「ビール」ではなくて「発泡酒」に分類されるとある。これを最初に見たとき、なんだががっくりした気分になった。しかしどうやらこれは日本の国内的な分類であって、本国ベルギーではちゃんと「ビール」として扱われているらしい。もちろん、分類上ビールであろうがなかろうが、VedettはVedettなのだが。

IMG_0908_mid_640_480

Vedettが日本で法令上「発泡酒」として取り扱われるのは、このように副原料としてスパイスが含まれているからのようである。コリアンダー、オレンジピール。この2つのスパイスが独特の香りを与えている。

コリアンダーはせり科の植物で、地中海東部原産だが世界各地で古くから食用とされてきた。高さ25cm程度。 葉や茎に独特の芳香がある。また、熟した果実にはレモンにも似た香りがある。中国料理では「シャンツァイ」と呼ばれるものと同じだ。タイではパクチー、ベトナムではザウムイ、中南米ではシラントロ、ポルトガルではコエントロ、ポルトガルではコエントロ、インドではダニヤーと呼ばれる。

IMG_0909_mid_640_480

輸入代理店は小西酒造株式会社。

Written by Yoshio Matsumoto

2013年10月29日 @ 12:58 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。