ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

今夜のビール – Mucho Hola

leave a comment »

IMG_8321_mid_640_480

たまたま神戸三宮の輸入食品店で見つけ、何気なく「PALE ALE」の文字にひかれて買ったのだが、かなり個性的なビールに出会ってしまったようだ。「PALE ALE」の文字の上には「HPA」と書かれている。「IPA」ならわかるのだが、「HPA」とは何だろう。その答えは、この「Mucho Aloha」のWebページで見つかった。どうやらそれは「HAWAIIAN STYLE PALE ALE」のことらしい。

Webページによると、Mucho Alohaは数年前にサーフィン関連の工業デザイナー、ガブリエル・テンバーグによって始められたそうだ。ハワイのカウアイ島で会社の基礎を築き、その後カリフォルニアに移った。Mucho Alohaはハワイや南カリフォルニアの生活の自然な体験をさせてくれ、日々の素晴らしい生活を楽しむ製品づくりをしている。それはサーフィンでありブリトーであり、バーベキュー、そしてビールだ、という。ちなみにこのWebページを見ながら、南カリフォルニアのことを SoCalと言うことを知った。

またWebページには「HAWAIIAN STYLE PALE ALE」についてこうも書かれている。缶のデザインもそうだが名前から想像されるように、ハワイアン・スタイル・ペール・エールはどこでどのように飲まれるのだろうか。それは私たちが良き友人とバックヤード・バーベキューや集まって楽しむ南カリフォルニアやハワイのレイド・バック・ビーチ・スタイルの生活だ。Mucho AlohaはボーダーラインIPAとも言われるサンディエゴのペール・エールとは違う。それほどホッピーでもヘビーでもない。それは軽く切れのよい、清涼なハワイアン・スタイルのペール・エールなのだ。アメリカ産の穀物とホップ、そしてベルギー産のイーストで発酵する。それはバナナや柑橘類、クローブ、オールスパイスのトロピカルなエッセンスを持った、とても軽い風味のペール・エールだ。仕上げにカスケード・ホップの苦みを加え、甘くスモーキーでスパイシーな料理とよく合う。というかんじだ。

実際に飲んでみると、軽い味だと説明されてはいるが、日本の一般的なビールに比べると、それは、やはり、確かにペール・エールの深みのある味である。しかし濃厚な味ではなく、あっさりと仕上げられている。俺の好きなイギリスビールやアメリカ産のIPAに比べると苦みは少なく、甘い。全体的に薄味なので、ペール・エールがわかっている人には物足りなく思うかもしれないが、日本の熱い夏でも十分に喉の渇きを癒してくれるビールだと言えるだろう。

IMG_8323_mid_640_480

缶の裏側には、このビールがなぜ缶入りなのかが語られている。おそらくビールは瓶入りがいい、という発想があるので、あえて缶入りである理由を書いているのだ。「あなたはなぜこのペール・エールが最終的に缶に入れて売られているのだろうか、と思うかもしれない。」と始められ、それはまず味を守るためであり、瓶のように光が入らないので、フレッシュな素晴らしい味が保持できるからだ、とある。そして次には缶はリサイクルしやすく、運搬にも軽く、冷やす時も簡単だ。といった具合だ。

IMG_8327_mid_640_480

IMG_8328_mid_640_480

内容量は355ml、アルコール分は5.5%、原産国はアメリカ合衆国。日本への輸入業者は株式会社オーバーシーズだ。

IMG_8330_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月5日 @ 11:36 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。