ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

IKEA ソーラーパネル SUNNAN LEDテーブルランプの充電池を交換する – 100円均一ショップで充電池を購入し費用は300円プラス消費税

leave a comment »

日本では乾電池のサイズを単一、単二、単三などと呼んでいるが、アメリカで使われるアルファベットの記号では、単一はD、単二はC、そして単三はAA、とされる。ちなみに単四はAAA、単五がN、単六がAAAAだそうだ。それなら「A」はなんだろう、「B」はどこへ行った、など疑問があるが、それを考え出すと夜眠れなくなるのでこれ以上考えるのはやめておく。

ところで、物の修理は楽しい、というのが俺の持論だ。楽しかった修理は、このblogでも「修理」というタグを作り何度か紹介している。

「真似をするなら自己責任で。電解コンデンサを交換して壊れたパソコンの電源を修理する。」

「バルタン星人の修理 – システム管理者には今あるリソースを無駄なく活用する姿勢が必要である。」

電界コンデンサを交換してパソコンを修理した記事はかなりの人気で、電源ユニットの故障に困っている人があちこちにいることがうかがえる。バルタン星人の修理は後日談があって、つい先日、修理した部分のエポキシ接着剤が劣化して腕がすっぽり抜けてしまった。もういちど修理しなおさなければならない状況である。

さて、そこで、だ。記憶では5年くらい使っているIKEAのSUNNAN LEDテーブルランプだが、最近になって充電容量が減ってきた。しっかり充電しているのだが、点灯時間が短くなってしまっている。このテーブルランプだが、IKEAのWebページでは「太陽光発電で生まれたエネルギーを蓄える充電池(AA 1.2V)3本付き。電池は交換可能で、2年以上の寿命があります」と説明がある。そこで100円均一ショップで買ったニッカド充電池を交換することにした。

IMG_8830_mid_640_480

<Fig.1 : IKEAのLEDテーブルランプ SUNNAN レッド>

このテーブルランプは、ソーラーパネルと充電池が一体の電池ボックスを本体から取り外せるようになっている。秀逸なデザインだ。充電するときはこの電池ボックスだけを日に当てればいい。

IMG_8831_mid_640_480

<Fig.2 : IKEA LEDテーブルランプ SUNNAN レッドの電池ボックスを取り外したところ>

一体型の電池ボックスを取り外し、裏を向けて4隅のねじを外す。一般的なプラスドライバー一本で中をあけることができ簡単だ。中は単三電池の電池ボックスになっていて、そのまま電池を交換できるようになっている。緑色のシールで巻かれた、ブランド名のない充電池が3本入っている。

IMG_8832_mid_640_480

<Fig.3 : IKEA LEDテーブルランプ SUNNAN レッドの電池ボックスを開けたところ>

この充電池だが、まず最初にBYDと書いてある。これは想像だが、モバイル機器の部品を作っている中国のBYD Electronic International Company Limited のことではないかと想像する。次のHは、ニッケル水素充電池である記号のようだ。これも確信はないが。そしてサイズはAAつまり日本では単三サイズであって、1200mAhの容量があり、1.2Vの起電力がある、といったことがわかる。

IMG_8835_mid_640_480

<Fig.4 : IKEA LEDテーブルランプ SUNNAN レッドの電池ボックスに入っていた充電池>

100円均一ショップで、単三型のニッケル水素充電池なら1本100円で手に入る。これを3本買ってくる。

IMG_8833_mid_640_480

<Fig.5 : 100円均一ショップで買った単三型のニッケル水素充電池>

最初しっかり満充電にしておくのが良いと思ったので、まず充電器でしっかり充電しておく。

IMG_8842_mid_640_480

<Fig.6 : 100円均一ショップで買った単三型のニッケル水素充電池を充電器で満充電する>

しっかり充電し満充電状態になったニッケル水素充電池を、もともと入っていた充電池と交換する。この手の機器の中には、はんだで充電池を固定していたりする場合があって、そんなときは交換に手間取るが、これは単なる電池ボックスなので交換は簡単だ。うれしい配慮である。

IMG_8843_mid_640_480

<Fig.7 : 100円均一ショップで買った単三型のニッケル水素充電池を電池ボックスに装填する>

あとはねじを締めて元に戻すだけだ。

IMG_8844_mid_640_480

<Fig.8 : ドライバーでねじを締め IKEA LEDテーブルランプ SUNNAN レッドの電池ボックスを元に戻す>

「環境」だとか「エコ」だとか「再生可能」だとかキャッチフレーズがあふれる時代だが、本当のエコとは、このような細かい配慮であると思う。IKEAの製品はデザインもいいし安くてお気に入りだが、こうした細かい部分の配慮もあって評価できる。この姿勢が続く限り、これからもIKEAのファンであり続けるに違いない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。