ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

今夜のビール – ホフブロイ ヘフェヴァイツェン Hofbrau Hefe Weizen 瓶入り330ml

leave a comment »

IMG_8812_mid_640_480

ドイツの白ビールはドイツ西部や北部でヴァイツェンと呼ばれている。ヴァイツェンとは小麦のことで、ヘフェは酵母のことだ。白ビールと呼ばれるビールには大きく分けてベルギーのヴィットまたはベルジャンスタイルホワイトと呼ばれるものと、ドイツのヴァイスビアまたはヴァイツェンと呼ばれるものがある。ベルギーのものはコリアンダーやオレンジピールで風味付けしてあり、日本で最近あちこちの店で手に入るようになった有名なものとしてVEDETTなどがある。これは独特な風味があって良いのだが、日本では税制上ビールには分類されないようで、品目としては発泡酒に分類されるらしい。

ドイツのヴァイスビアまたはヴァイツェンは小麦という言葉を使うが小麦麦芽だけで作られているわけではなく、大麦麦芽も使われている。伝統的には50%以上の小麦麦芽を使用するようだ。色は薄い。味もたいへんさっぱりしている。ホフブロイ・オリジナルも薄味だったが、このホフブロイ・ヘーフェヴァイツェンはもっとあっさりしている。

IMG_8813_mid_640_480

栓は印象的なホフブロイの王冠マークだ。

IMG_8814_mid_640_480

不思議なことに、原材料には大麦麦芽とホップしか記されていない。輸入者及び引取先は日本ビール株式会社となっている。写真でわかるが、裏のラベルに賞味期限が印刷されているので、同時期の輸入をまとめて販売したもののようだ。

IMG_8815_mid_640_480

アルコール分5%。しかしあっさりした味からは想像できない。もっとアルコール分が少ないのではないか、と思わせられる味だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月20日 @ 11:21 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。