ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

片手間プログラマーの復権 – Visual Studio 2013でクライアントサーバー型データベースアプリケーションをあっというまに作る(5) – 「検索条件ビルダー」を使ってキーワードによる「部分一致」検索をノンコードで実装する

with one comment

前回の記事で「片手間プログラマーの復権 – Visual Studio 2013でクライアントサーバー型データベースアプリケーションをあっというまに作る(4) – 「検索条件ビルダー」を使ってキーワードによる「前方一致」、「後方一致」、「部分一致」検索を実装する」を紹介した。今回は「条件検索ビルダー」を使ってノンコードで「部分一致」を実装する手順を紹介する。Visual Studio 2013 で「検索条件ビルダー」を使えば、一行もコードを書く必要はない。

Visual Studio 2013 を起動し、C#の Windows Form アプリケーションの新しいプロジェクトを作成する。データ接続は「データソース構成ウィザード」で SQL Server のテーブルに接続しておく。データソースを構成したら、接続先のテーブルを画面にドラッグしてデータグリッドビューを作成する。ここまでの手順は、前回までの記事を参考にしてほしい。

部分一致_001_mid_640

<Fig.1 : データソース構成ウィザードで SQL Server に接続するデータグリッドビューを作成した>

生徒BindingSource または生徒TableAdapter、あるいはデータグリッドビューを選択して右上に表示される「スマートタグ」の小さな三角アイコン▲をクリックし「クエリの追加」をする。

部分一致_003_mid_640

<Fig.2 : バインディングソースのスマートタグから「クエリの追加」を行う>

「条件検索ビルダー」が起動するので、クエリテキストを次のように変更する。

——————————————————————-
SELECT 学籍番号, 氏名, クラス, 住所, 性別, 性別コード FROM dbo.生徒
WHERE 氏名 LIKE ‘%’ + @SelectNamePartial + ‘%’
——————————————————————-

SQL 文では文字列をシングルクォーテーションで挟む。パラメータクエリのパラメータの前後に、シングルクォーテーションで挟んだ「%」の文字列を加えると、部分一致のクエリになる。

部分一致_004

<Fig.3 : 「条件検索ビルダー」でクエリテキストを編集する>

「検索条件ビルダー」を終了すると、フォームに fillByToolStrip が生成している。これだけで、この検索は、部分一致になっている。

部分一致_005_mid_640

<Fig.4 : 「条件検索ビルダー」を終了すると fillByToolStrip が生成している>

部分一致のクエリを実装するにはこれだけでいい。ビルドして動作を確認する。

部分一致_006_mid_640

<Fig.5 : ビルドして部分一致を確認する>

このように「検索条件ビルダー」のクエリさえ記述すれば、部分一致の検索フォームをノンコードで作ることができる。検索条件ビルダーを活用して、データベース接続アプリケーションを簡単に作ろう。

<前の記事>
片手間プログラマーの復権 – Visual Studio 2013でクライアントサーバー型データベースアプリケーションをあっというまに作る(4) – 「検索条件ビルダー」を使ってキーワードによる「前方一致」、「後方一致」、「部分一致」検索を実装する

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。