ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 11月 2014

Microsoft Store Japan でお買いもの – しっかりしたデニム生地で利用範囲の広いトートバッグ

leave a comment »

東京品川のマイクロソフト本社にある Microsoft Store Japan でお買いもの。マイクロソフトのロゴグッズがいろいろあり、品川本社へ行ったときはお土産をここで買うのだが、その中で実用的なものをいくつか紹介している。これはしっかりしたデニム生地で応用範囲が広い、いわゆるトートバッグだ。

IMG_0268_mid_640_480

こんなかんじで、実に普通のトートバッグである。

IMG_0269_mid_640_480

マイクロソフトのロゴも控えめでさりげなくかっこいい。

IMG_0272_mid_640_480

中はこんなかんじ。大小ふたつのポケットがついている。このトートバッグを肩にかけて通勤するのもいいじゃないか。中にはもちろん Surface を入れて。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年11月24日 at 1:34 AM

Microsoft Store Japan でお買いもの – マイクロソフトのロゴがかっこいい男性用セカンドバッグ

leave a comment »

東京品川のマイクロソフト本社にある Microsoft Store Japan で買ったセカンドバッグ。合皮だが作りがしっかりしていて、マイクロソフトのロゴもかっこいい。

IMG_0266_mid_640_480

サイズは大きめ。中をあけるとこんなかんじ。カードホルダーやペンホルダー、ファスナー付きのサイドポケットなどがあり、ちょっとした外出ならこれひとつでいい。

IMG_0267_mid_640_480

大きなカバンを持つとついつい不要なものを持ち歩きがちだが、いっそこれだけ、と割り切ると身軽でいい。このセカンドバッグと Surface を片手に通勤、というスタイルでどうだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年11月24日 at 1:24 AM

Microsoft Store Japan でお買いもの – キャスター付きスーツケースの持ち手に通せる、出張で役立つお買いものエコバッグ風のセカンドバッグ

leave a comment »

品川のマイクロソフト本社にはマイクロソフトのロゴグッズが買える Microsoft Store がある。品川本社に行ったときに時間があればお土産に何か買って帰るのだが、その中からよかったものを紹介してみる。

IMG_0273_mid_640_480

ファスナーを閉じたままではよくわからない。ポーチのようにも消えるし、主婦のお買いもの用エコバッグのようにも見える。生地は薄く、とても軽い。

IMG_0274_mid_640_480

ファスナーを開くとこんなかんじ。ここまで開けて、ああ、これは、お買いもの用エコバッグなんだ、と思った。

IMG_0275_mid_640_480

開くとこんなかんじ。サイドに小さなファスナー付きのポケットがある。マイクロソフトのロゴはバッグの底になり、表から見えなくなるのが残念。

IMG_0276_mid_640_480

サイドのポケット部分の生地は、なぜか上から下へ通り抜けている。これは、とひらめいた。

IMG_0280_mid_640_480

こうである。キャスター付きのスーツケースの持ち手に通すと、ちょうどいい具合に収まるのだ。出張時にスーツケースに入れておけば、帰りに荷物が増えてもこうして上に載せておける。もちろん生地が薄くペラペラなので、固いものや重いものは入れることができないが、着替えたシャツやタオル類などを入れるといいだろう。これは便利である。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年11月24日 at 12:45 AM

Microsoft Azure SQL Database を使う – その1 – 概要

leave a comment »

Microsoft Azure SQL Database はクラウド上に展開する SQL Server だ。Microsoft Azure を利用すると、クラウド上にデータベースを構築することができ、サーバー管理の必要なくデータベースを利用できる。Microsoft Azure SQL Database にデータベースを構築し、Windows Form でデータベースアプリケーションを作って利用する概要は次のとおりである。

まず Microsoft Azure にユーザー登録し、SQL Database を作成する。作成した SQL Server データベースの管理は、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルで行う。

SQL_Azure_001_mid_640

<Fig.1 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータル>

データベースを作成したら、管理ポータルから SQL Database のページへ移動し、デザインのボタンでテーブルを作成することができる。テーブル作成は SQL Server Management Studio のテーブル作成画面とほぼ同じなので、SQL Server のデータベース開発やAccessを使った経験があれば簡単に使うことができるだろう。

SQL_Azure_002_mid_640

<Fig.2 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータルからテーブルを作成する>

Visual Studio による開発では、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルから、SQL データベース用のスタートプロジェクトをダウンロードする、のリンクをクリックすると、Visual Studio のプロジェクトがダウンロードできる。このプロジェクトには、ここで作成した Microsoft Azure SQL Database がサーバーオブジェクトとして登録されたプロジェクトになっている。

このプロジェクトを Visual Studio Community 2013 で開くと、オンプレミスの SQL Server でデータベースアプリケーションを開発するのとほとんと同じ手順で Windows Form データベースアプリケーションを開発することができる。

SQL_Azure_003_mid_640

<Fig.3 : Microsoft Visual Studio Community 2013 による Windows Form データベースアプリケーション開発>

Microsoft Visual Studio Community 2013 では全くコードを書くことなく、数ステップのウィザードで1対1でテーブルと関連付けるデータベースアプリケーションを作ることができる。ビルドして実行すると Microsoft Aure SQL Dabase のデータを編集することができる。

SQL_Azure_004

<Fig.4 : Microsoft Visual Studio Community 2013 で作った Windows Form データベースアプリケーションを実行する>

データを追加しデータベースに保存する。Microsoft Azure SQL Database にデータがストアされたことは、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルでクエリを発行して確かめることができる。たとえば次の SELECT 文を発行する。

——————————————————————–
select ID,sname,sbirthday from students
——————————————————————–

SQL_Azure_005_mid_640

<Fig.5 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータルでクエリを発行する>

以上が Microsoft Aure SQL Database にデータベースを作成し、Windows Form データベースアプリケーションで利用する手順だ。Microsoft Azure SQL Database はデータベースをクラウド上にもたせることでサーバーマシンの管理コストをなくすことができ、インターネットに接続できるあらゆる場所から利用することができる。そして Microsoft Azure SQL Database を利用する WIndows Form データベースアプリケーションの作成は、Microsoft Visual Studio Community 2013 を利用するとオンプレミスの SQL Server を利用する場合とほとんど変わらない開発ができ、単にテーブルと1対1のフォームなら全くコードを書くことなく短い時間で開発できる。