ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

HMV ONLINEとタワーレコードオンラインにみるe-コマースあるいはネットショッピングを支える配達と決済システム

leave a comment »

狭義には、インターネットを利用したいわゆる「ネットショッピング」あるいは「e-コマース」は、商品販売という一連の過程における「受発注システム」にすぎない。実際に「ネットショッピング」において商品販売が完結するためには、次の3つの仕組みが必要である。

1.商品と金額の提示、発注(注文)、受注の仕組み・・・Webサイトなどのインターネット技術
2.商品を顧客に届ける仕組み・・・宅配便など配達システム
3.代金を支払う仕組み・・・クレジットカードなど決済システム

インターネットが各家庭に普及し、ネットショッピングが広がる以前にも、テレビショッピングやカタログ販売など、実際の店舗を持たずに販売を行うシステムはあった。また宅配便が普及する以前にも郵便の小包はあったし、決済も直接現金を手渡す以外に銀行振り込みなどの間接的な支払方法はあった。しかし、今日のようにネットショッピングが普及した背景には、それが次のような特徴を持っていたからである。

1.使いやすさ、わかりやすさ
2.安全性、確実性
3.速さ
4.安価であること

消費者はインターネットを利用してWebサイトで商品の説明を吟味し、最も気に入った商品を安く注文する。大量生産された同じ商品であれば、だれもが1円でも安いところから買うだろう。インターネットは価格比較がしやすく、消費者にとってはありがたいが、販売側にとっては常に価格比較の対象となる厳しい世界といえる。Webシステムの技術は日進月歩で使いやすくわかりやすくなっている。注文すれば電子メールで受注確認の知らせが届き、Webサイトで発注記録を確認し、配送状況もリアルタイムでわかる。確実だ。速さはどうか。もちろん大量販売品で、近くの店に行けば店頭で買えるようなものは別にして、販売店を介して発注したり店舗に取り寄せたりということよりも、ネットショッピングの方が速く手に入るだろう。宅配便の送料は安く、決済もクレジットカードを使えば多くの場合手数料は無料だ。

だが、現状よりもさらに「安全」で「安価」なネットショッピングを実現する仕組みが「HMV ONLINE」と「タワーレコードオンライン」にある。

「タワーレコードオンライン」にあるのは、セブンイレブンと提携した「セブンイレブン前払い」だ。これは商品を注文し、宅配便での受け取り方法を指定した後、支払いをセブンイレブンの店舗で行うものだ。商品をWebサイトで注文すると、商品が揃って発送の準備が整うと、電子メールで支払いの案内がくる。そこでセブンイレブンに行き、メールに記載された支払票の番号を提示して支払いをする。支払が完了すれば発送処理が行われる。支払いはどのセブンイレブンでもよく、現金だけでなくクレジットカードや電子マネー「nanaco」が利用できる。支払いのためにコンビニへ行かなければいけない、という手間がかかるようだが、これの何がよいかといえば、パソコン上でWebサイトにクレジットカードの番号を入力しなくても、手数料の不要なクレジット決済ができるところだ。

Webサイトの信頼性も高くなり、ユーザーのパソコンもウィルス対策がされているとはいえ、やはりインターネット経由でWebサイトにクレジットカードの番号を入力することに抵抗がある人はいるだろう。また企業のデータベースからクレジットカードの番号や顧客情報が流出するという事件、事故の例もある。そこで「セブンイレブン前払い」のように、Webサイトでクレジットカードを使わなくてもクレジットカード決済ができるシステムは安全性が高い。

「HMV ONLINE」には、ローソンと提携した「コンビニ受け取り」サービスがある。通常のネットショッピングでも、たとえば3,000円以上お買い上げなど、一定の料金以上の支払いがあれば宅急便の料金を無料にするなどのサービスがある。しかし「コンビニ受け取り」サービスを利用すれば、商品の支払い総額にかかわららず家の近くのコンビニまで無料で届けてくれる。このコンビニを利用した配送システムは「タワーレコードオンライン」にもあるが、「HMV ONLINE」は中古CDも販売しており、200円、300円といった中古CDの支払いでも「コンビニ受け取り」なら無料で配送してもらえる。

中古品の販売は、たとえばAmazonにもあるが、ほとんどの場合が1商品あたりの配送料を必要とする。仮に中古CDが200円でも、配送料が加算されると350円程度の配送料が必要となり、結果として550円の価格になってしまう。

というように、「HMV ONLINE」と「タワーレコードオンライン」が「セブンイレブン」や「ローソン」と提携して行うネットショッピングの仕組みは、「受発注」に加えて「配送」、「決済」の観点から、より安全に、安価にネットショッピングを実現する仕組みであるといえる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。