ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

SQL Serverの実習につかいたい、ECS 超小型 Bay Trail-M 搭載デスクトップ LIVA-C0-2G-64G-W

leave a comment »

これを見つけたのはソフマップの店頭だった。実習用のネットワークでサーバーとして働く小型のコンピュータを探していたところ、みつけた。

IMG_8431_mid_640_480

これにSQL Serverをインストールし、勉強会の実習でいつでも使えるようにしておきたい。とにかく、小型で軽いことが特徴だ。スペックは、Intel Bay Trail-M SoC Celeron N2807搭載、最大TDPわずか4.3Wでファンレス設計による完全無音動作。MMC64GBストレージ、容量2GBの低電圧DDR3Lメモリ内蔵、Wi-Fi 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0標準搭載、本体重量約190g、筐体容積0.4リットル、最大消費電力約14.9Wという圧倒的な省電力性能によりACアダプタで動作。HDMI、D-sub同時出力、マルチモニタに対応、USB 3.0×1、USB 2.0×1、ギガビットLANポート×1搭載、5V/Micro USB形状の電源コネクタを採用。とても斬新な設計だ。

本体パネルの手前には、電源ボタンとイヤホンジャックのみがある。合理的なデザインだ。その他のコネクタは、すべて後ろ側のパネルにまとめられている。

IMG_8435_mid_640_480

IMG_8434_mid_640_480

大きさは、まさに「手のひらサイズ」だ。片手で楽々つまめる大きさで、しかも軽い。本体がプラスチックでできているために、とても軽い。ファンレスであることも軽量化に寄与している。

IMG_8433_mid_640_480

質量を測ってみよう。手持ちのキッチンスケールに載せて重さを測定する。小型のキッチンスケールにも十分乗る大きさだ。実測値は188g。

IMG_8438_mid_640_480

IMG_8439_mid_640_480

電源供給がmicro USBであるところも面白い。専用のACアダプターが同梱されているが、使うことはないだろう。micro USBならどこででも給電できる環境があるからだ。

久しぶりにレビューしたい面白いコンピュータに出会ったが、実際これにどんなOSをインストールするかだ。本来はデスクトップPCとして使うように設計されているようだが、できればWindows Serverをインストールし、SQL Serverを動かしてみたい。そうすれば実習環境で使える便利なサーバーになるからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。