ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(1) – multifunction シールド(Arduino UNO R3 学習向け多機能拡張ボード シールドキット)とは

with 3 comments

急激に進化しつつあるマイコンボードとIoTの分野において、その先鞭となりかつ現時点で最も普及し豊富なラインナップと周辺製品が充実しているのは Arduino と言っていいだろう。Arduino はそのIOピン配置に適応した拡張ボード、マイコンの世界では「ドーターボード」と呼ばれたりするものだが、これを使うことで機能を拡張したり簡単な実験をすることができる。これを Arduino の用語では「シールド」といい、様々な製品が発売されている。Arduino は回路が公開されているので自分でシールドを設計して作ることもでき、自作用の基盤やピンなどの部品も簡単に手に入れることができる。この Arduino のIOとピン配置に適合したシールドは、近年のマイコンボードの世界であたかもデファクトスタンダードの様相を示しており、豊富なシールドの恩恵を得るように、様々なマイコンボードが Arduino 互換のIOとピン配置を持っている。

P1100471_mid_640_480

Netduino は「ネットデュイーノ」と読み、.NET micro Framework が動くマイコンボードで Visual Studio を使って C# プログラミングによる .NET ライブラリの豊かな資産を使うことができるものだが、Netduino もそのIOとピン配置は Arduino 互換となっており、Arduino 用の様々なシールドが利用できる。下の写真は Netduino 2 で、現時点で入手することができる最もベーシックな Netduino だ。

P1100470_mid_640_480

公式サイトは www.netduino.com で、Netduino の製品群や Visual Studio で開発するための SDK などのダウンロード、活用のノウハウと情報交換のコミュニティなどがある。

Netduino_2_052_mid_640

Netduino は発表以来いくつかのモデルが発売されている。Netduino の公式サイトによると、現時点で最も新しい モデルは Netduino 3 だ。

Netduino_2_053_mid_640

multifunction シールドは、Arduino Uno と Leonardo に対応した実験用のシールドだ。基本的な実験で利用しやすい部品が取り付けられている。値段も安い。現時点で Amazon では送料無料で1,000円で買うことができる。ちなみに Amazon で最も価格が安いショップでは、「Arduino UNO R3 学習向け多機能拡張ボード シールドキット」という名称になっているので、検索するときはキーワードに気を付けてほしい。

Netduino_2_051_mid_640

この multifunction shield には4個のドット付き赤色7セグメントディスプレイモジュール、4個の LED、10K オームの小型ボリューム、3つのプッシュボタンが装填されている。もしこのモジュールを自作するとすれば、よほど低価格の部品をかき集めてこないと、部品代だけで 1,000 以上かかってしまうだろう。

P1100469_mid_640_480

この multifunction シールドを Netduino 2 に装填し、基本的な実験をしてみよう。

※この記事を書くには Microsoft MVP のはつねさんが書かれた Build Insider の記事「.NET対応組み込みデバイス『Netduino』入門」 http://www.buildinsider.net/small/netduino がとても参考になりました。ありがとうございます。

<次の記事>
「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(2) – Microsoft Visual Studio Express 2013 for WIndows Desktop の C# プログラミング環境を整える」

コメント / トラックバック3件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 前の記事「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(1) – multifunction シールド…では、Multifunction シールドの概要と Arduino や Netduino について簡単に紹介した。今回は Visual Studio で Netduino のプログラミングをする準備を整える説明をする。 […]

  2. […] 前回までに「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(1) – multifunction シールド…、「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(2) – Microsoft Visual Studio Express 2013 for WIndows Desktop の C# プログラミング環境を整える」、「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(3) – Netduino ファームウエアのアップデート」で Visual Studio 2013 で Netduino の開発をする準備を整えた。今回から multifunction シールドを Netduino に接続してプログラミングを始めよう。 […]

  3. […] Visual Studio で Netduino 開発環境を整える(Microsoft MVP 松本吉生先生の記事) 「Netduino で Arduino 用の multifunction シールドを使う(1) – multifunction シールド… […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。