ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

100 円均一ショップで買った乾電池チェッカーで Netduino 2 と Arduino UNO の PWM パルス幅変調アナログ出力をチェックする

leave a comment »

100 円均一ショップには電子工作で使えそうなものがたくさんある。電子パーツとして買うとそれなりに値段がするものが手軽に手に入る。100 円均一ショップで売っていたアナログメーター式の乾電池チェッカーを使って Netduino 2 と Arduino UNO の PWM パルス幅変調アナログ出力をチェックする実験をしてみた。

Netduino 2 や Arduino UNO のアナログ出力は PWM パルス幅変調 Pulse Width Modulation であり、実際に出力電圧が変化しているのではない。5V の電圧を出力するにあたってパルスを使い、パルス幅の 5V と 0V の比を変化させることで平均電圧、という表現は正確ではないかもしれないが、疑似的に電圧を変化させるのと同等の効果を得ているのだ。ちなみに Arduino Due には D/A 変換回路が組み込まれており、本物のアナログ出力を行うことができるようだ。

P1110829_clip_640_480

まず本体を分解する。ニッパーとペンチで角から。分解すると内部はアナログメーターと 4 本の抵抗で構成されていることがわかる。はんだごてではんだを溶かしてばらばらにする。

P1110830_mid_640_480

P1110831_clip_640_480

念のため元の回路とテスターで測った抵抗の実測値をメモしておく。

P1110832_mid_640_480

このアナログメーターで、5V の出力値を MAX で表示できるようにすればいい。そこでいくらの抵抗をつなげばよいかをボリュームで調節して決める。ボリュームの値は 800 オームから 1k オームにすればよいことがわかった。

P1110833_mid_640_480

手元に適当な値の抵抗がなかったので、510 オームの抵抗を 2本直列につなぎ、1.02 kオームにして使うことにした。回路はとりあえず空中配線で。

P1110834_mid_640_480

Netduino 2 で PWM によるアナログ出力をするには、C# では次のようなコードになる。パルス幅を連続的に変化し、フェードイン、フェードアウトの効果を得る出力だ。

———————————————————————————

using System;
using System.Net;
using System.Net.Sockets;
using System.Threading;
using Microsoft.SPOT;
using Microsoft.SPOT.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware.Netduino;

namespace Netduino_Analog_Out_Blink
{
    public class Program
    {
        public static void Main()
        {
            PWM myPWM = new PWM(SecretLabs.NETMF.Hardware.Netduino.PWMChannels.PWM_PIN_D9,100,0,false);
            double myAdd = 0.001;

            myPWM.Start();

            while(true)
            {
                myPWM.DutyCycle = myPWM.DutyCycle + myAdd;
                Thread.Sleep(2);

                if(myPWM.DutyCycle > 0.999)
                {
                    myAdd = myAdd * (-1);
                }
                if(myPWM.DutyCycle < 0.001)
                {
                    myAdd = myAdd * (-1);
                }
            }
        }
    }
}

———————————————————————————

これを電池チェッカーのメーターで受け取ると、メーターの針がゆっくりと右へ左へ振れることがわかる。

P1110837_mid_640_480

Arduino UNO で PWM によるアナログ出力をするには、次のようなスケッチになる。

———————————————————————————

int bri = 0;
int myAdd = 5;

void setup()
{
  pinMode(9, OUTPUT);
}

void loop()
{
  analogWrite(9, bri);

  bri = bri + myAdd;

  if (bri == 0 || bri == 255)
  {
    myAdd = myAdd * (-1);
  }
  delay(40);
}

———————————————————————————

P1110835_mid_640_480

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。