ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 4月 2016

USBで給電できる Logitec の超小型スイッチングハブ LAN-SW03PSWE を買った。

leave a comment »

出先でイーサネットを実験できるように、USBで給電できるスイッチングハブを探していた。これが意外にない。たとえば、ホテルのイーサネットを WiFi にするような WiFi ルーターは何種類もあり、USB で給電できるものも多い。しかし有線のイーサネットハブで USB 給電できるものは少ない。俺が探したところでは、これ以外には他に2種類しかない。PLANEX 8ポート 10/100M スイッチングハブ FX-08Mini か BUFFALO 10/100Mbps対応 プラスチック筺体 AC&USB電源 3ポート ブラック スイッチングハブ LSW-TX-3EP/CUB だ。

このロジテックの USB 給電スイッチングハブは 2種類あって、もうひとつは LAN ポートが3つしかない LAN-SW03PSWE だ。どちらにしようか迷った。というのも、出先でイーサネットの実験をするには多くのポートは必要なく、3ポートあれば十分だからだ。しかし 5ポートの LAN-SW05PSWE が実売価格で 1,091円、5ポートの LAN-SW03PSWE が 945円。その差はたったの 146円だ。ほんのペットボトル飲料一本程度の違いしかない。応用場面を考えると 5ポートのものを選ぶのがいいだろう、と思った。

P1140033_mid_640_480

USB 給電できる WiFI ハブがあって USB 給電できるスイッチングハブの種類が少ないのには、どうやら消費電力も問題があるようだ。そこは確かに気になっていて、たとえばこの Logirtec の製品でも、商品電力を考えて、あえて 3ポートのものを選択することも考えた。しかしこのモデルは、使っていないポートの電力供給を制限する機能が入っているらしい。それなら 5ポートを選択しても大丈夫だ。

大きさもとってもコンパクトで、掌にすっぽりと収まる大きさだ。実に小さい。

P1140036_mid_640_480

ちなみに厚さはこんか感じだ。イーサネットの RJ45 コネクタの大きさを考えると、厚みはこれがほぼ限界だと思われる。薄い。

P1140038_mid_640_480

持ち歩くことを考えると少しでも重量が小さいほうがいい。だがこれも、スペック上では 3ポートのスイッチングハブが 29g、5ポートのスイッチングハブが 39gとあった。10gの違いは大きくない。実際のところ、購入した 5ポートのスイッチングハブ LAN-SW05PSWE をキッチンスケールに載せて量ると 38g だった。

P1140041_mid_640_480

さてこれを何に使うのかといえば、マイコンボードのイーサネットを使うプログラミング、Web サービスを実装するようなプログラミングを出先で試したいからだ。ちなみに先日、これを持ち出して近所のホームセンターのフードコートでプログラミングをした。快適だった。

P1140106_mid_640_480

もちろん家でも職場でもプログラミングをするが、ちょっとした空き時間、いつもとは違う空間でプログラミングをするのも楽しい。意外に作業がはかどる。ということで、これからもこの USB 給電スイッチングハブを持ち歩き、あちこちでネットワークプログラミングをすることを楽しみにする。

神戸三ノ宮で開催したアドミンティーチャーズの「ラボワーク LW03 – マルチファンクションシールドを使ったシフトレジスタとダイナミック点灯のプログラミング」

leave a comment »

「ラボワーク」と題してこの 2月から兵庫県神戸市中央区、JR三ノ宮駅近くの会議室を借りて勉強会をやっている。今回は 3回目で、実験用のマルチファンクションシールドを使ったプログラミンを体験した。

マルチファンクションシールドは Arduino UNO 用に作られた実験用シールドで、昔の言い方では「ドーターボード」と呼ばれる一種の拡張ボードだ。Arduino UNO のI/Oピンにあわせて作られているが、必要なピンだけジャンパケーブルでつなげば他のマイコンボードでも使える。

P1140072_mid_640_480

このマルチファンクションボードには 4つの 7セグメント LED チューブ、3つのボタン、4つの LED、ブザー、ポテンショメーター(ボリューム)がついている。これらの部品をマイコンボードでテストしようと思えばブレッドボードで回路を組んでもいいのだが、このように基盤に取り付けられていると簡単に実験できる。ラボワークではマルチファンクションシールドと Arduino UNO、Digispark などを人数分用意した。

P1130534_mid_640_480

Arduino UNO でマルチファンクションシールドを使うには、そのまま上に載せればいい。

P1130543_mid_640_480

Arduino UNO を使う場合は上に載せるだけだが、Digispark で使う場合は次のように 5本のジャンパワイヤーで接続する。3本はデータ送信用、2本は電源供給用だ。

P1140074_mid_640_480

P1130536_mid_640_480

Digispark は前回のラボワークではオンボードの LED をコントロールしただけだったので加工の必要がなかったが、今回のようにジャンパワイヤーで I/O を接続するには I/O ピンをはんだ付けしなければならない。I/O ピンがついていない Digispark のためにはんだごてを用意した。

P1130538_mid_640_480

プログラミングは各自のコンピュータで Arduino IDE を使って行った。プリントを用意してサンプルコードを簡単なものから実用的なものまで用意して体験した。

P1130546_mid_640_480

マルチファンクションシールドには 4つの 7セグメント LEDチューブが載っている。この LEDチューブはシフトレジスタ 74HC595を介して接続されている。74HC595は汎用シフトレジスタで、3本のコントロール信号でシリアル信号を8ビットのパラレル信号に変換することができる。マルチファンクションシールドにはこの 74HC595が 2つ搭載されており、ひとつは 7セグメントの形を決め、もうひとつは出力する LEDを決める。

シフトレジスタの使い方とダイナミック点灯の概念を理解するサンプルコードを用意し、LEDチューブの形と点灯させるチューブの選択、ビットパターンの関係を表にしてイメージできるようにプリントを用意した。

P1130548_mid_640_480

P1130542_mid_640_480

「ラボワーク」は毎月第一土曜日の夜やっている。次回は 5月7日(土)の夜、19:00から。詳細は「アドミンティーチャーズ」の Webで。