ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

USBで給電できる Logitec の超小型スイッチングハブ LAN-SW03PSWE を買った。

leave a comment »

出先でイーサネットを実験できるように、USBで給電できるスイッチングハブを探していた。これが意外にない。たとえば、ホテルのイーサネットを WiFi にするような WiFi ルーターは何種類もあり、USB で給電できるものも多い。しかし有線のイーサネットハブで USB 給電できるものは少ない。俺が探したところでは、これ以外には他に2種類しかない。PLANEX 8ポート 10/100M スイッチングハブ FX-08Mini か BUFFALO 10/100Mbps対応 プラスチック筺体 AC&USB電源 3ポート ブラック スイッチングハブ LSW-TX-3EP/CUB だ。

このロジテックの USB 給電スイッチングハブは 2種類あって、もうひとつは LAN ポートが3つしかない LAN-SW03PSWE だ。どちらにしようか迷った。というのも、出先でイーサネットの実験をするには多くのポートは必要なく、3ポートあれば十分だからだ。しかし 5ポートの LAN-SW05PSWE が実売価格で 1,091円、5ポートの LAN-SW03PSWE が 945円。その差はたったの 146円だ。ほんのペットボトル飲料一本程度の違いしかない。応用場面を考えると 5ポートのものを選ぶのがいいだろう、と思った。

P1140033_mid_640_480

USB 給電できる WiFI ハブがあって USB 給電できるスイッチングハブの種類が少ないのには、どうやら消費電力も問題があるようだ。そこは確かに気になっていて、たとえばこの Logirtec の製品でも、商品電力を考えて、あえて 3ポートのものを選択することも考えた。しかしこのモデルは、使っていないポートの電力供給を制限する機能が入っているらしい。それなら 5ポートを選択しても大丈夫だ。

大きさもとってもコンパクトで、掌にすっぽりと収まる大きさだ。実に小さい。

P1140036_mid_640_480

ちなみに厚さはこんか感じだ。イーサネットの RJ45 コネクタの大きさを考えると、厚みはこれがほぼ限界だと思われる。薄い。

P1140038_mid_640_480

持ち歩くことを考えると少しでも重量が小さいほうがいい。だがこれも、スペック上では 3ポートのスイッチングハブが 29g、5ポートのスイッチングハブが 39gとあった。10gの違いは大きくない。実際のところ、購入した 5ポートのスイッチングハブ LAN-SW05PSWE をキッチンスケールに載せて量ると 38g だった。

P1140041_mid_640_480

さてこれを何に使うのかといえば、マイコンボードのイーサネットを使うプログラミング、Web サービスを実装するようなプログラミングを出先で試したいからだ。ちなみに先日、これを持ち出して近所のホームセンターのフードコートでプログラミングをした。快適だった。

P1140106_mid_640_480

もちろん家でも職場でもプログラミングをするが、ちょっとした空き時間、いつもとは違う空間でプログラミングをするのも楽しい。意外に作業がはかどる。ということで、これからもこの USB 給電スイッチングハブを持ち歩き、あちこちでネットワークプログラミングをすることを楽しみにする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。