ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

学校の先生のための SQL Server 2016 による成績処理 (1) – SQL Server 2016 Express のダウンロード

leave a comment »

今日における高等学校では生徒の成績処理や学籍管理において、多少ともコンピュータの処理がかかわっているだろう。授業担当者は自分が担当する講座の生徒の成績を、学級担任はクラスの生徒の出席状況やホームルーム活動の記録などをエクセルのような表計算ソフトで処理しているだろう。そして学校全体の成績管理をする教務部は、これらのデータを集めて成績会議の資料を作り、生徒の指導要録を管理し、また進路指導部は調査書の処理をしているはずだ。

これらのデータ処理をエクセルのような表計算ソフトを使って学校全体で行っているケースは多いと思われる。しかし表計算ソフトウエアはもともと個人ベースのデータ処理ツールとして開発されたもので、マルチユーザーでの利用には限界がある。学校の規模にもよるが、高等学校には数十名の教職員が勤務しており、定期考査が終わり評価をつけ、成績会議までの日程はあまり長くない。そして何よりも成績処理には正確さが求められる。成績処理には会計処理における「出納違算金」のようなものはなく、1点でも誤りがあってはいけないのだ。

また学校制度が多様化し、学習指導要領に決められていない「学校設定科目」などを多く開講する「総合学科」や夜間定時制を昼間の時間帯にも拡張した「多部制」、学年の区切りがない「単位制」など新しいタイプの学校ができ、また従来からも自宅学習が基本となる「通信制」がある。これらの学校では、そもそも紙ベースでの成績処理、学籍管理には無理があるため、成績処理システムを外注していることが多い。

筆者は10年間、生徒定員1,120名の大規模な多部制、単位制高校に勤務し、成績処理と学籍管理を行ってきた。この学校は午前、午後、夜間の3つの部を持つ多部制、単位制高校で、毎年280名の入学生を受け入れ、100講座の授業を編成し、約4,500の受講登録をして単位の管理を必要とした。出席データは週当たり8,000件、1年間で30万件となった。これらの処理を、私が赴任するまでは業者に発注したデータベースシステムを使っていたが、さまざまな理由で学校事情をあわないものであったため、筆者はMicrosoft SQL Serverを使って学校独自のシステムを構築して運用した。この経験から学校では、その学校に応じたシステムを現場の教員が作る、いわゆる「内製」が望ましいと確信している。SQL Serverは簡単だ。ぜひ多くの教員がSQL Serverを知り、自ら望む最高のデータベースを構築し運用できることを願っている。

現在マイクロソフトのサイトから、SQL Server 2016がダウンロードできる。
Microsoft SQL Server のページ
https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2016

SQLServer2016_for_teachers_001_mid_640

SQL Server 2016にはいくつかのバリエーションがあるが、その中に無料で使えるExpress版がある。実運用では正式版を購入することになるが、試験的な利用ではこのExpress版を使うことができ、現時点でSQL Server 2016 SP1 Expressバージョンが提供されている。

上のページでスクロールし、Editions をクリックするとダウンロードページへのリンクがわかる。
Microsoft SQL Server ダウンロードのページ
https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2016-editions

SQLServer2016_for_teachers_002_mid_640

ダウンロードのリンクをクリックすると Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 1 Express のダウンロードページが開く。いくつかの言語の版を選択できるようになるので言語のドロップダウンリストボックスをクリックし、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語につづく Japanese を選択してダウンロードする。
Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 1 Express ダウンロードのページ
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=54284

SQLServer2016_for_teachers_003_mid_640

ダウンロードではディスクのどこかにフォルダを作り、そこに保存する。保存できれば次のようなファイルが生成する。ファイル名は SQLServer2016-SSEI-Expr.exe だ。

SQLServer2016_for_teachers_004_mid

重ねて述べるが、SQL Server は難しくない。また Microsoft SQL Server のように多くのユーザーの支持を得て、業界標準となり、長くバージョンアップを繰り返して使われてきた製品は、そのたびに使いやすく機能が豊富になる。身に着けたことは技術資産となり積み上げられる。これを機会にぜひ使ってほしい。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月3日 @ 10:21 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。