ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

C# – 文字列を比較する(2)– Equals メソッドで StringComparison.Ordinal と StringComparison.OrdinalIgnoreCase オプションを使い分けて大文字と小文字の評価を変える

leave a comment »

文字列を比較するとき、Equals メソッドで StringComparison.Ordinal と StringComparison.OrdinalIgnoreCase オプションを使い分けて大文字と小文字の評価を変えることができる。

StringComparison.Ordinal オプションを使うと、大文字と小文字を区別する。

—————————————————

textBox1.Text = Form2Obj.textBox1.Text;
string a = “ABC”;
string b = “abc”;
if (string.Equals(a, b, StringComparison.Ordinal))
textBox1.Text = “同じ”;
else
textBox1.Text = “違う”;

—————————————————

上の例では「違う」と評価される。しかし次のように StringComparison.OrdinalIgnoreCase オプションを使うと、大文字と小文字を同じと扱って評価する。次の例では、「ABC」と「abc」を「同じ」と評価する。
—————————————————

textBox1.Text = Form2Obj.textBox1.Text;
string a = “ABC”;
string b = “abc”;
if (string.Equals(a, b, StringComparison.OrdinalIgnoreCase))
textBox1.Text = “同じ”;
else
textBox1.Text = “違う”;

—————————————————

2017年4月6日

松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform

1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。現在は兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行う。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在14回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。