ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Epiphone SG のペグを交換する

leave a comment »

Epiphone には長い歴史があるようだ。トルコのイズミル出身のギリシャ人、アナスタシオス・スタトポウロがニューヨークに工房を開いたのが始まりだと言われている。当初はバイオリンやリュートを製作していたが、20世紀初頭からマンドリンの製作を開始し、ジャズの流行に伴ってバンジョーの設計、製作で成功したようだ。社名が Epiphone となったのは 1928年。しかし 1957年にはギブソン社に買収される。1970年代には生産拠点を日本に移したこともあり、1982年頃からアジア諸国での生産も開始した。他のギターメーカーでもそうだろうが、長い歴史の中には生産スタイルの変遷があり、ひとつのブランドでも製造時期によって品質はかなり違っていると思われる。

P1480037_mid_640_480

さてこの Epiphone SG は親友から譲り受けたものだ。SG といえば AC/DC のアンガス・ヤングが使うギターだという印象が強い。ギターを弾く間ずっと頭を振り回すスタイルは一度見たら忘れられないだろう。アンガス・ヤングはスコットランドのグラスゴー生まれで、オーストラリアのシドニー育ち。AC/DC もシドニーで結成され、オーストラリアのロック史を刻むバンドだろう。しかし何十年も前になるが、オーストラリア人と知り合って音楽の話になったとき、オーストラリアのロックなら AC/DC が日本でも有名だと話すと、そんな話は聞きたくないといったように不満げな顔をされたことがある。オーストラリアでも AC/DC はキワモノ扱いなのかもしれない、とその時思ったことが忘れられない。

ところで今まで SG はまともに弾いたことがなかったが、手に取ってみるとボディがいやに軽いことがわかる。ネックの方が重く、弾いているとネック側が垂れ下がるかんじすらある。もうひとつは弦のテンションが弱いからか、チョーキングをすると大きく音が上がる。フェンダー系よりネック長、スケールが短いこともあるだろう。ダイナミックなビブラートをかけられるかんじだ。

Epiphone SG にはクルーソンタイプのペグが使われているが、ブッシュの材質はプラスチックで打ち込み型となっており、経年変化で劣化し取れることを免れない。このギターもペグがひとつ傷んでいる。

P1480038_mid_640_480

P1460928_mid_640_480

P1480039_mid_640_480

そこで交換用のペグを購入して交換することにした。もともとのペグには Epiphone の「e」マークがなく、色も金色だが。

P1480041_mid_640_480

ドライバーで壊れたペグを取り外す。

P1480046_mid_640_480

P1480047_mid_640_480

もちろん外したペグは捨てずにとっておく。

P1480050_mid_640_480

交換用のペグを取り付ける。大きさが同じなのでネジ穴もそのままだ。

P1480052_mid_640_480

交換できた。ブッシュの材質も少し違うが、それほど違いは目立たない。しかし軸が金色で、先端も丸くなっているので交換したことがわかる。いっそ全部交換しようかとおもったが、せっかくのオリジナル状態を残した方がいいと考えて、交換したのは壊れたペグだけにした。

P1480055_mid_640_480

横から見ると違いがはっきりわかる。

P1480037_mid_640_480

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月11日 @ 10:43 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。