ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

YAMAHA Pacifica 112 のブリッジをボディに密着させるためトレモロスプリングを追加する

leave a comment »

たいへん気に入って弾いている YAMAHA 112 だが、ひとつ不満なことがある。それはトレモロブリッジが少し浮いた状態になっているのだ。これはギタリストによって好みが分かれるところだが、トレモロアームプレイを多用するギタリストは、こうしたフローティング状態を好むかもしれない。しかしチューニングの安定性が失われ、弦の響きも損なう可能性がある。どちらかと言えば俺はストラトが好きなのだが、アーミングは多用しない派なのだ。

P1480243_mid_640_480

トレモロブリッジを押さえている、というか引っ張っているというか、その機構はボディの裏側にある。バックプレートを外してみると内部がわかる。

P1480248_mid_640_480

P1480250_mid_640_480

バックプレートを外すとトレモロブリッジを引っ張っているスプリングが 3本しかない。スプリングはギタリストによって好みがあり、この 3本スプリングを好むプレイヤーも多い。バネの本数が少ないとトレモロブリッジを引っ張る力が弱いので、ブリッジが浮いた状態になるのだ。

P1480255_mid_640_480

そこで市販のギターパーツを探し、ストラトキャスター用のトレモロスプリングを買ってきた。6本入りだったが、このうち 2本をギターに追加する。

P1480259_mid_640_480

トレモロスプリングの片方は「へ」の字型に曲がっており、トレモロユニットの穴に差し込むようになっている。こちら側は指で簡単に差し込める。

P1480268_mid_640_480

トレモロスプリングの片方をトレモロユニットに差し込んだら、反対の輪になった方をボディの金具にひっかけるのだが、かなり強く引っ張らないといけないので指では難しい。先の曲がったラジオペンチがあるとやりやすいだろう。ラジオペンチでトレモロスプリングの輪の方をつまんで引っ張り、金具に掛ける。

P1480271_mid_640_480

2本のトレモロスプリングを追加して 5本フルの状態にした。

P1480273_mid_640_480

トレモロユニットの状態をギターの表側で確認すると、いい具合にぴったりとボディに密着している。テンションが強いので、アーミングには力がいるだろう。だがトレモロユニットがボディに密着しているだけで安心感がある。

P1480279_mid_640_480

最後はバックプレートをネジでとめて終了だ。

P1480273_mid_640_480

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月11日 @ 3:12 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。