ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

マインクラフトのエデュケーション版を使った問題解決の授業案を考えています。

leave a comment »

マインクラフトをプログラミング教育に使うことを考えて勉強会をしています。

勉強会「マインクラフトとプログラミング教育」を開催します。
アドミンティーチャーズ
https://adminteachers.wordpress.com/2017/03/08/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%95%99%e8%82%b2%e3%80%8d/

マインクラフトにはエデュケーション版があり、エデュケーション版には一般のコンシューマー向けのマインクラフトにはない特殊パーツや「Classroom」という授業をするためのモードが用意されています。これらの機能を使えば、効果的に授業でマインクラフトを運用することができます。

マインクラフトは自由度が高く、様々なテーマの授業をする可能性がありますが、まず簡単な問題解決の授業案を考えてみました。

テーマ:レッドストーンで信号を伝えよう
概要:レッドストーンは信号を伝える働きを持っています。レッドストーンでつなぐことにより、スイッチでランプを点けることができるようになります。しかしレッドストーンの信号は15ブロックまでしか伝わりません。距離が長いと信号が弱くなってしまうのです。信号を強くする部品にレッドストーン反復装置があります。レッドストーン反復装置はレッドストーンの信号を受け取ったら15ブロックまで伝えることができます。レッドストーンとレッドストーン反復装置を組み合わせて、信号を30ブロック先に伝えるチャレンジに挑戦しましょう。
準備:生徒にレッドストーン30個とレッドストーン反復装置1個を渡す。ワールドにボタンを置き、30ブロックの距離を間においてレッドストーンランプを配置しておく。

授業案を Docs.com でも公開しています。
Docs.com – Yoshio Matsumoto – Minecraft Small Challenge No.1 Redstone wire basics

スライド1スライド2スライド3スライド4

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月23日 @ 5:50 PM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。