ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 5月 2017

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – 柔らかい厚手の生地でできたパーカー

leave a comment »

これも東京品川、日本マイクロソフト本社にあるカンパニーストアでみつけた。厚手で柔らかい生地でできたパーカーだ。

P1490025_mid_640_480

胸には Microsoft のロゴが燦然と。

P1490024_mid_640_480

色はフードのエッジがピンク。サイズは S で、中学 2 年生の娘に着てもらった。ちょうどいいサイズだ。

P1490063_mid_640_480

季節的に暖かくなりつつあるので、本格的に着てもらうのは次期シーズンになるだろう。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月30日 at 12:01 PM

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – 札入れとして使ってもいいカードケース

leave a comment »

東京品川の日本マイクロソフト本社には年に何回か行く。会社の入り口カウンターの奥には、マイクロソフトのカンパニーストアがある。イベントやミーティングで本社に行くときは、必ずここに顔を出す。たいてい記念に何か、あるいはお土産に買い物をするのだが、今回はこれだ。

P1490042_mid_640_480

財布のように見えるが、基本的にカードケースだ。中を開くとこんなかんじ。

P1490048_mid_640_480

中に一枚しきりがあって、その両側にカードを挟める。

P1490047_mid_640_480

もちろん、Microsoft のロゴがしっかりとある。

P1490046_mid_640_480

裏側はこんなかんじ。ファスナーがあって大きなものも入れることができる。この写真では色は黒っぽく見えるが、実際は濃い茶色だ。

P1490043_mid_640_480

箱に入っており、薄い紙で優しく包まれている。お土産にもいいだろう。

P1490041_mid_640_480

カードだけでなくお札も入れることができるので、札入れとしても使っていいだろう。

P1490046_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月29日 at 11:37 PM

中国製のポータブル Bluetooth アダプターでオーディオシステムを無線化して Windows Phone から音楽を再生する – YET-M1

leave a comment »

中国製の電子機器を手に入れやすくなった。日本の Amazon サイトでも、おそらく個人事業レベルで中国から輸入代行をしていると思われる業者が安価なデバイスを販売している。今回試したのは、既存のオーディオシステムに取り付けて簡単に無線化する Bluetooth アダプターだ。一応型番は YET-M1 とあるが、異なる型番で微妙に表面印刷や部品の色が違うものがあるようで、おそらく中身は同じではないかと思われる。

P1510670_mid_640_480

パッケージの裏側。

P1510671_mid_640_480

パッケージから出した。本体とミニステレオケーブルが入っている。

P1510673_mid_640_480

本体の片側がキャップになっており、キャップを外すと USB コネクタがある。

P1510675_mid_640_480

USB コネクタの反対側はミニステレオジャックになっている。ここからアナログ音声信号を取り出す。

P1510678_mid_640_480

さて一方オーディオセット側は通常 RCA ピンジャックという接続コネクタになっているはずだ。俺の家にあるオーディオセットもそうなっており、背面からピンコードが取り出してある。ゲームマシンをつないだりパソコンをつないだりすることが多いので、いちいち裏側をごそごそしなくていいようにしている。

P1510679_mid_640_480

そこでステレオミニプラグと RCA ピンプラグの変換ケーブルを用意する。

P1510684_mid_640_480

電源は USB の充電池を使った。eneloop だ。

P1510695_mid_640_480

Windows Phone で Bluetooth 接続をする。

P1510696_mid_640_480

Bluetooth をスキャンすると YET-M1 と表示される。ペアリングする。

P1510700_mid_640_480

そして Scorpions を聴く。

P1510701_mid_640_480

この Bluetooth アダプターは、200 円で買った。ミニステレオケーブルも同梱されていることを考えると、実質 100 円で買ったようなものだ。では実際、音はどうかと言えば、気になるのは無音時のノイズだ。このノイズは、この製品のものなのか、あるいは接続ケーブル、Windows Phone、もしかしたらオーディオセット自体にあるのかもしれないが、ロックのような曲を聴く限りでは気にならないが、クラシックや現代音楽などを聴くときには気にならざるを得ない。

しかし、オーディオのオペレーションが手元のスマートフォンなどのデバイスでことロールできる便利さはいい。まだ慣れないので、音を大きくしようと思わず椅子から立ち上がってオーディオセットに向かい、ああ、そうだ、手元の Windows Phone を操作すればいいのだ、と思い直すことがあったが、慣れればこれほど便利なものはない。

マインクラフトのコマンドブロックを使ったプログラミング学習の可能性

leave a comment »

コマンドブロックはユーザーがコマンドを入力し、レッドストーンの信号などによってコードを実行できるブロックだ。コマンドブロックを手に入れるには、コマンド入力で /give を使う。

Minecraft_Education_Edition_039_mid_640

コマンドブロックはワールドに配置して内部にコードを書くことができる。しかし、いわゆる PC 版ではコマンドブロックに書くことができるコードは複数行にわたるものを書けるようだが、現時点ではエデュケーション版で一つのブロックに書くことができるコードは一行だけだ。

Minecraft_Education_Edition_036_mid_640

複数のコードを連続して稼働させるには、必要なコード行数のコマンドブロックを用意し、レッドストーンでつなぐ方法がある。またこのとき、コードによっては実行に時間がかかるものもあるので、実行の順番を考えたいときはレッドストーンの間に反復装置を置いて信号を遅らせると確実だ。

Minecraft_Education_Edition_035_mid_640

ここでは「マインクラフトとプログラミング教育」の課題として設定した「レッドストーンのチャレンジ」をコマンドブロックで作っている。一定のエリアに拒否ブロックを敷き詰め、周囲をボーダーブロックで囲い、そのエリアの内部に端にレバーを立てた許可ブロックの列を24列作る一連のコマンドだ。

ボタンを押せばコマンドブロックが連続的に動作し、課題ワールドを自動的に作る。この一連の挙動は、プログラミング教育においては流れ図の「順次構造」のエクササイズでもある。

Minecraft_Education_Edition_037_mid_640

上から見るとこんな感じだ。

Minecraft_Education_Edition_038_mid_640

セカンドストリートで 100 円で買った Canon EOS Kiss PANORAMA フィルムカメラ

leave a comment »

西宮に用事があり、帰る途中で 171 合繊沿いの 2nd street 西宮 171 号店に寄った。

P1510299_mid_640_480

ここで見つけたのがこれだ。Canon EOS Kiss PANRAMA、フィルムカメラだ。100円ということでジャンク品扱いなのだが、見たところ綺麗なので買ってみた。

P1510357_mid_640_480

前から見たところはこんな感じ。綺麗だ。

P1510345_mid_640_480

上からビュー。

P1510347_mid_640_480

カメラの内部はこんなかんじ。綺麗だ。

P1510335_mid_640_480

電池が消耗していたので Amazon で購入。注文して 24時間で届いた。2本で 615円。カメラ用の特殊なリチウム電池で、一般に CR17345 または CR123 と呼ばれている。

P1510328_mid_640_480

乾電池を入れる。

P1510367_mid_640_480

手元にあったレンズをつけてシャッターを切ってみる。大丈夫。いいかんじだ。

P1510368_mid_640_480

P1510345_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月21日 at 2:34 PM

Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する

with one comment

先日かった kindle fire は Amazon アカウントが最初から紐づいていたが、この kindle paperwhite はアカウントが紐づいていなかった。Amazon アカウントに紐づいていないと、Amazon で買った電子書籍を読むことができない。

P1510222_mid_640_480

「登録」メニューで「Amazon アカウントを既にお持ちの方」をタップする。

P1510224_mid_640_480

Amazon アカウントとパスワードを入力する。

P1510227_mid_640_480

Amazon アカウントを登録すると、Wi-Fi 経由で購入書籍がダウンロードされる。

P1510229_mid_640_480

マイクロソフト MVP の木澤さんの本をダウンロードできた。これでいい。

<追伸>前回の記事はこれ
Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92-wi-fi-%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/

Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする

with 2 comments

kindle paperwhite をパッケージから出したら、まずやることは充電だ。そしてしっかりと充電できたら、次は本体のセットアップをする。本体のセットアップで最も肝心なことは Wi-Fi 接続の設定だろう。そのために kindle paperwhite の MAC アドレスの値を知る必要がある場合がある。

P1510151_mid_640_480

本体が起動する。おなじみの kindle 起動画面だ。

P1510182_mid_640_480

「はじめましょう」はい。わかりました。次へ。

P1510186_mid_640_480

すると Wi-Fi ネットワークの設定画面が表示される。

P1510190_mid_640_480

「はじめましょう」ではまずWi-Fi 接続の画面が出る。ここで利用できる Wi-Fi ステーションの一覧が表示されるが、我が家のネットワークは単にパスワードだけで認証されるのではなく、MAC アドレスの登録も必要になっている。したがってここで設定することができない。

そこで画面の下部に表示される「Kindle セットアップを後で完了する」をクリックし、いったんセットアップを終了する。

P1510198_mid_640_480

そして kindle のメニューから「設定」を表示し、さらに右上のメニューアイコンをタッチして「端末情報」を開こう。

P1510209_mid_640_480

すると「端末情報」の項目に「Wi-Fi MAC アドレス」の項目がある。これを Wi-Fi 無線ルーターに登録する。

P1510211_mid_640_480_edit

<追伸>前回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その1 – 開封から充電
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91-%e9%96%8b%e5%b0%81%e3%81%8b%e3%82%89%e5%85%85%e9%9b%bb/

<追伸2>次回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93-amazon-%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a7-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e7%99%bb/