ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 12月 2017

情報システムは内製することにより果実を得ることができる – 価値を生み出すのは「人」である

leave a comment »

情報システムは外注せず内製してこそ意味がある。その根本的な理由は、価値は人が生み出すものだからだ、ということだ。多くの組織はこのことを忘れ、人が生み出す価値を得ることなく金で解決しようとする。

先日こんな話を聞いた。知人が務める企業の顧客向けシステム、それは Web ベースのシステムで外注によって作られたものだが、元号が変わることで対応が必要となり、おおむね1億円の費用が必要だと言われているらしい。もしあなたが経営者だとして、この経費についてどのように考えるだろうか。払うのはあなただ。この経費が妥当なものか判断しなければならない。相手は誠実に正しい見積もりを提示しているのか、それとも足元をみてふっかけているのか。あるいはこの際、システムを別の業者に変えて作り直すことが良いのか。判断の材料は何だろう。自分に判断の材料がないならコンサルタントにアドバイスを求めるだろうか。俺ならこう思う。いまどき元号の変更に対応できないシステムは糞だ。よほどぼんくらなエンジニアでなければ、一瞬で新元号に対応できるように最初からシステムを作っているはずだ。ではなぜ1億円などという値をふっかけてきたのか。その業者は金を出せる顧客から取り、それを資金としてシステムの抜本的再構築を狙っているのだろう。そして他の顧客にはそこそこの値段で利用させる。システムを開発するには資金が必要だが、一度開発したシステムは売れば売るほどもうかる仕掛けになっている。ソフトウエアとはそういうものだ。

もうひとつの話がある。プログラマーを養成する学校の経営者とディスカッションしたときのことだ。日本では情報システムは外注することが多いが、欧米では外注がなくなりつつあり、およそ80%は内製によって運用されているらしい。そこで学校のプログラマーの養成カリキュラムも今後はシステムを売るSI屋向けではなく内製技術者として養成するものに変えていこうと考えている。なぜ情報システムが外注から内製に変わっているかというと、今の時代は情報システム自体が企業の根幹をなし価値を生むものであるから、外注することは価値を流出させてしまうという発想があるという。欧米では情報システムの80%が内製である、ということが事実かどうか俺に判断はできないが、情報システムは価値を生むものであるという視点は疑いようのない事実だ。

これらの話から得られる教訓は、プログラミングによって得られる果実を我が物にすることができるのは誰かということになる。改めていうまでもなく、優れた情報システムは大きな価値を生む。業務の流れを整理し、自動化し、間違いをなくし、定型業務を軽減して人のクリエイティブな時間を増やすことができる。さらに新しい発想で事業を行い、今までにないビジネスモデルを生み出すこともできる。そして情報システムを作るのはコンピュータではなくプログラマーだということだ。価値を生み出すのは人である。

システムを外注するということは、価値を生み出すプログラマーが外注先のシステム会社にいる。したがってプログラマーが生み出す果実を得るのはシステム会社だ。しかしシステムを内製すれば、プログラマーは社内にいることになり、果実を得るのは自社である。要するに、価値を生み出す人間を擁することが会社の発展につながるという極めて単純な構造である。ただ難しいのは、いまは多くの経営者にとってプログラミングとは何かがわからないために、プログラミングは特殊な能力を持つ天才にしかできないことだと思われたり、優れたプログラマーを雇うことの意味がわからないことだ。だからこそ、明日を担うすべての子供たちに質の高いプログラミング教育をしなければならない。日本の社会を担うあらゆる階層のリーダーがプログラミングについての知識を持たなければ、ハイエナのような反日外資に価値をさらわれ続ける暗黒の未来が待っている。

2017年12月27日

松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform

1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。現在は兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行う。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在14回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞。

広告