ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 12月 2019

MyBestMusic

leave a comment »

79416049_2840335762672848_3914588817419403264_n79762400_2840313702675054_3871512305485217792_n80109510_2840313076008450_7296728026597818368_n80449902_2840301212676303_1144535774234935296_n

Written by Yoshio Matsumoto

2019年12月22日 at 8:50 AM

カテゴリー: 未分類

2019年12月21日(土) – 第7回神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group

leave a comment »

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めました。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

第2回からネットワーク環境で SQL Server を利用できるようにしました。LAN ポートで有線接続できるか、Wi-Fi 機能を持った Windows PC をお持ちいただければ SQL Server をインストールしなくとも管理ツール SSMS だけ設定すれば実習ができます。用意する SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 と SQL Server 2017 です。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_mapbingmapで表示

神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日 18:00~19:30

第7回 2019年12月21日(土)18:00~19:30
「CHECK制約と参照整合性制約の設定」
テーブルにデータを保存するとき、値を一定の範囲に制限したいことがあります。例えば高等学校の生徒管理では、年齢を15未満には登録できないことなどが考えられます。SQL Serverでこれを実現するのが「CHECK制約」です。またあるデータをキーとして複数のテーブルを関連付けるとき、学校の場合なら「学籍番号」や「クラスID」などで関連付けることが考えられますが、このとき、不用意にキーのコードを変更や削除すると、テーブル間の関連付けが不整合になります。SQL Serverにはこの問題を回避するために「参照整合性制約」の概念があります。今回はこれらデータの整合性を保つ仕組みについて勉強します。

場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで

電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第7回20191221神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/160279/
運営費:500円

ご自分の Windows PCをお持ちください。

(定期開催の予定)

第1回 2019年4月27日(土)18:00~19:30(終了しました)
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30(終了しました)
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30(終了しました)
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

(7月と8月は都合により開催を延期しました)

第4回 2019年9月21日(土)18:00~19:30(終了しました)
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第5回 2019年10月19日(土)18:00~19:30(終了しました)
「トリガによるデータ処理の自動化」

第6回 2019年11月16日(土)18:00~19:30(終了しました)
「ストアドプロシージャの作成と利用」

第7回 2019年12月21日(土)18:00~19:30(今回のご案内です)
「CHECK制約と参照整合性制約の設定」

※今年度のプログラムはこれで終了です。来年度のプログラムについてはこのblogで後日ご案内します。

2019年12月7日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2019年12月7日 at 4:15 AM

カテゴリー: 未分類