ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for 2月 2020

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 02 – SharePoint リストの作成

with 3 comments

令和2年2月27日、安倍総理は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日の月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。臨時休校にした場合、再開の目途を立てるためにも生徒の健康状態を把握する必要がある。担任が家庭に電話をかけることが基本になろうが、Webを使った健康掌握ができるように、Microsoft Forms、SharePoint のリスト、そして Power Automate で簡単なシステムを作ることを紹介した。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握する

このページでは、このシステムの作り方を説明している。あらかじ断っておなかければならないことは、このような Web システムの場合、不断に改良がされインタフェースが変わることがあることだ。とりわけマイクロソフト社は Office365 や Power Platform の開発に力を入れており、短期間でシステムが大きく変更されることが予想される。ここでの説明は現時点のものだと理解していただきたい。

<前のページ>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 01 – Microsoft Forms の設定

<次のページ>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 03 – Power Automate で Microsoft Forms に入力されたデータを SharePoint のリストにストアする Flow を作る

Microsoft Forms で Web からデータを入力できるようになれば、次はそのデータをストアするための SharePoint リストを作る。作成は Office365 ホームから SharePoint のアイコンをクリックする。

生徒健康管理システム_001

管理するサイトが表示されるので、リストを作りたいサイトを選択する。

生徒健康管理システム_101

画面の左上で「新規」をクリックし、「リスト」をクリックする。

生徒健康管理システム_102

「リストの作成」画面で新しく作成するリストの「名前」と「説明」を入力する。入力できたら「作成」ボタンをクリックして次へ進む。

生徒健康管理システム_103

新しくリストができた。ここでデータを保存するためのフィールドとして、リストの列を作る。画面で「+列の追加」をクリックする。

生徒健康管理システム_104

追加する列のデータ型を選ぶ選択肢が表示されるが、ここではデータ型を「1行テキスト」にしなければならない。Forms のフォームでは数字を入力できるようにしたはずだが、実際は Forms のストアデータは「テキスト型」の挙動を示す。したがってここで「数値」を選択すると、このあと Power Automate でデータをストアする Flow を作ったときにエラーがおきて期待どおりに動かない。

このあたり、Power Platform における「データ型」の扱いを、もっと厳密に処理できるようにしてほしいところだが、現時点では、いささか「あいまい」な点があり、ここは気を付けなければならないところだ。

生徒健康管理システム_105

「列の作成」ページでは列の名前と説明を入力する。できれば「保存」ボタンを押して保存し、次の列の作成にすすむ。

生徒健康管理システム_106

列の作成を繰り返し、「学年」「クラス」「番号」「体温」「担任名」と「記録時間」の列を作る。データ型はすべて「1行テキスト」としておく。

生徒健康管理システム_107

SharePoint のリスト作成はこれで完了だ。特に「保存」などの操作をしなくとも、これでリストはできている。

次は Forms に入力されたデータを SharePoint のリストに記録するための Power Automate の Flow を作ろう。

<次のページ>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 03 – Power Automate で Microsoft Forms に入力されたデータを SharePoint のリストにストアする Flow を作る

2020年2月29日
松本 吉生(まつもとよしお)
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、1998年度から2000年度にかけて兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

 

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月29日 at 2:57 午後

カテゴリー: 未分類

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 01 – Microsoft Forms の設定

with 2 comments

令和2年2月27日、安倍総理は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日の月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。臨時休校にした場合、再開の目途を立てるためにも生徒の健康状態を把握する必要がある。担任が家庭に電話をかけることが基本になろうが、Webを使った健康掌握ができるように、Microsoft Forms、SharePoint のリスト、そして Power Automate で簡単なシステムを作ることを紹介した。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握する

このページでは、このシステムの作り方を説明する。あらかじ断っておなかければならないことは、このような Web システムの場合、不断に改良がされインタフェースが変わることがあることだ。とりわけマイクロソフト社は Office365 や Power Platform の開発に力を入れており、短期間でシステムが大きく変更されることが予想される。ここでの説明は現時点のものだと理解していただきたい。

<次のページ>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 02 – SharePoint リストの作成

このシステムを作るには、まず Microsoft Forms の設定をする。Microsoft Office 365 ホームのページを開き、Forms のアイコンをクリックして Forms の作成を開始する。


生徒健康管理システム_001

Forms のページが開いたら「新しいフォーム」をクリックして新しいフォームの作成をはじめる。

生徒健康管理システム_002

新しく「無題のフォーム」の編集ができる。「無題のフォーム」のタイトルをクリックするとフォームのタイトルが編集できる。

生徒健康管理システム_003

生徒健康管理システム_004

フォームのタイトルを変更する。ここでは「兵庫県立〇〇高等学校 健康管理フォーム」とした。

生徒健康管理システム_005

「新規追加」のボタンをクリックすると、項目を作ることができる。項目の選択肢として「選択肢」「テキスト」「評価」「日付」のボタンが用意されており、「その他」をクリックすると「ランキング」「リッカート」「ファイルのアップロード」「Net Promoter Score」「セクション」が選択できる。

生徒健康管理システム_006

生徒健康管理システム_007

「テキスト」を選択して項目の内容を設定する。学年を数字で入力することとし、入力例を示しておく。

生徒健康管理システム_009

必ず入力させたい項目は「必須」のボタンをスライドしてオンにする。さらに横の・・・をクリックすると、「サブタイトル」と「制限」のオプションが設定できるようになる。

生徒健康管理システム_010

「制限」のオプションでは「制限」の選択リストが表示され「数値」「次の値より大きい」「次の値以上」「次の値未満」「次の値以下」「次の値と等しい」「次の値と等しくない」「次の範囲内」「次の範囲外」を選ぶことができる。ここでは「学年」の数字は 1 か 2 しかないので「次の範囲内」を設定し、1 から 2 の範囲を設定する。

生徒健康管理システム_011

生徒健康管理システム_012

生徒健康管理システム_013

次に「新規追加」をクリックして新しい項目を追加する。2 番目は「クラス」を入力させることとし、クラス番号の制約をつける。3 番目は出席番号を入力させる。

生徒健康管理システム_014

生徒健康管理システム_015

4 番目の項目は「体温」を入力させることとし、範囲の制約をつける。

生徒健康管理システム_016

5 番目の項目は、部外者による入力を避けるために、担任の名前を入力させることとする。担任の名前を書けなければ入力できず、間違った場合はデータを除去して処理することができるようにする。

生徒健康管理システム_017

これで 5 つの項目を入力するフォームが完成した。フォーム右上の「共有」ボタンをクリックしてフォームを使えるようにする。「回答の送信と収集」のオプションが表示されるので、公開対象のオプションを「自分の所属組織内のユーザーのみが回答可能」から「リンクにアクセスできるすべてのユーザーが回答可能」に変更する。そして生成したリンクを「コピーする」ボタンをクリックしてコピーする。

生徒健康管理システム_018

生徒健康管理システム_019

生徒健康管理システム_020

ブラウザでコピーした URL を張り付けるとフォームが表示される。

生徒健康管理システム_021

これで入力フォームが完成した。次は入力されたデータを SharePoint のリストにストアする Power Automate の作成方法を説明しよう。

<次のページ>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 02 – SharePoint リストの作成

2020年2月28日
松本 吉生(まつもとよしお)
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月28日 at 7:30 午前

カテゴリー: 未分類

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握する

with 7 comments

令和2年2月27日、安倍総理は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日の月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。本校での対応は未定だが、臨時休校にした場合、生徒の健康状態を把握する必要がある。担任が家庭に電話をかけることが基本になろうが、Webを使った健康掌握ができるように、Microsoft Forms、SharePoint のリスト、そして Power Automate で簡単なシステムを作った。

<作成方法については以下のページで順に説明しています>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 01 – Microsoft Forms の設定
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 02 – SharePoint リストの作成
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 03 – Power Automate で Microsoft Forms に入力されたデータを SharePoint のリストにストアする Flow を作る

まず Microsoft Forms で入力フォームを作る。入力値はできるだけ簡単に、学年、クラス、出席番号、体温、とする。部外者の不正入力を防ぐための簡易な方法として、担任の名前を入力させることとした。

studentHealth_001

そして Power Automate で Microsoft Forms のデータを SharePoint のリストに保存する Flow を作る。

studentHealth_002

最後にもうひとつ、担任の名前が正しく入力できたデータを、クラスで選択して担任にメールで通知する Flow を Power Automate で作る。条件が多くなるので次の画面は一部分だけを表示している。

studentHealth_003studentHealth_004

これで担任は、クラスの生徒から Microsoft Forms で健康状態の登録があったとき、メールでデータを受け取り確認することができる。また体温の条件を絞り込み、熱が出ている報告は直接管理職や養護教諭にメールを送ることもできる。

studentHealth_005

ここでは必要最小限の健康状態を知ることとし、体温だけを登録することにしているが、学校によって質問項目を増やすことは簡単だ。緊急時であるから ID 管理などアクセス権の設定はしていないが、一定の役割は果たせるだろう。場合によってはクラス担任も学校に出勤せず自宅で生徒の健康把握ができる。

ここで指摘しておきたいことは、このシステムは色々考えながら作っても、ほぼ 1 時間あればできたというところだ。Microsoft Forms、SharePoint、Power Automate の威力はここにある。

まずは「こんなことが簡単にできる」ことを知らせたいので詳しい作成の手順は示さなかったが、詳しいことを知りたければ Facebookのグループで手順を紹介するので、メッセージをいただければと思う。

FacebookのID
https://www.facebook.com/yoshio.matsumoto.5

<作成方法については以下のページで順に説明しています>
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 01 – Microsoft Forms の設定
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 02 – SharePoint リストの作成
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校による生徒の健康状態を Microsof Forms と SharePoint 、Power Automate で把握するシステムの構築 – 03 – Power Automate で Microsoft Forms に入力されたデータを SharePoint のリストにストアする Flow を作る

2020年2月27日
松本 吉生(まつもとよしお)
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月27日 at 11:11 午前

カテゴリー: 未分類

micro:bitで焦電型赤外線人感センサー AM312 を使う

leave a comment »

焦電型赤外線人感センサは人体から放出される赤外線を感知するもので、パッシブタイプとも言われる。人感センサに限らず多くのセンサーは 5V で動作するように設計されているが、micro:bit の I/O は動作電圧もセンサに供給できる電圧も 3.3V であるためセンサ選びに注意を要する。

いろいろなセンサを探していて、低電圧で動作する焦電型赤外線人感センサー AM312 を見つけた。簡単なスペックは以下の通り。

1.動作電圧 2.7 – 12V
2.ディレイタイム 2秒
3.ブロックタイム 2秒
4.トリガーモード 繰り返し
5.センサレンジ センサ角100度、3 – 5m
6.動作温度 -20度から60度

micro:bit とは次のようにジャンパケーブルとミノムシクリップを使って接続する。

P1350109_trimming_640_480

P1350111_mid_640_480

ディジタル値で検出するので、次のようなプログラミングをした。しかしこれでは正しく動作しない。

microbit_AM312_001

しかし、試しにアナログ値でセンサの値を読み取ると、検出していることがわかる。センサによって個体差があるだろうが、人がいないときは出力値がおよそ 10、人を検知すると 910 のアナログ値が得られる。

microbit_AM312_002

そこでプログラムを次のように変更する。

microbit_AM312_003

これで正しく人を検知できた。

P1350115_mid_640_480

このように実際のセンサを使う場合、ディジタル値を得られるセンサであっても理論通りに動作しない場合がある。これがセンサやデバイスに関するプログラミングの難しいところであり、面白いところでもある。

2020年2月26日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

 

 

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月26日 at 8:04 午後

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る – カスタムブロックの表示方法

with one comment

microbit を Makecode で開発するときに、一定のまとまったコードをブロック化する「カスタムブロック」の作り方を紹介した。

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2020/02/23/microbit-makecode%e3%81%a7%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b/

上記のページで紹介したコードでは JavaScript でカスタムブロックを使うことができるが、ブロックモードにブロックが表示されない。ブロックを表示するには次のようにコードを追加する。

microbit_拡張ブロック_101

まず namespace の前に //% で始まるセクションを書く。ここに記述するパラメータは、次のようなブロックのカテゴリに関するデザインを意味している。

weight : ブロックのカテゴリが表示される順番。数字が大きいほど上に表示される。70のとき、デフォルトで「無線」の下、「ループ」の上に表示される。

icon : Makecode に設定されているアイコンの番号。この番号に相当するアイコンがブロックのカテゴリに表示される。\uf076 なら磁石のアイコン、\uf077 なら上向きの「へ」の字アイコンになる。

color : ブロックのカテゴリの色。2桁の16進数で、前から RGB の値。#ff000 なら赤、#00ff00 なら緑、#0000ff なら青。

block : ブロックのカテゴリの名前。

次に export function の前に書く%// で始まるセクションには、個々のブロックのデザインに関するパラメータを書く。

block : ブロックの名前。

これでブロックモードに切り替えると、正しくブロックが表示され使うことができる。

microbit_拡張ブロック_102

microbit_拡張ブロック_103

注意する点は、カスタムブロックのデザインに関するコードを変更したとき、すぐに画面には反映されず、いちど保存して終了し、再度開くことでデザイナに反映される。これはデザイナのブロック表示が Makecode の開始時に初期化されるためだと思われる。コードを書いて、保存し、再度開くのは面倒だが現時点ではしかたないようだ。

2020年2月24日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月24日 at 7:45 午後

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る

with 2 comments

micro:bit は Mekecode でプログラミングするが、既存のブロックだけでなくカスタムブロックを作ってプログラミングに使うことができる。カスタムブロックは一定のまとまった動作をさせたいときに有効だし、オブジェクト指向を養う課題にもなる。

ただし Makecode のような Web ベースの開発環境は不断にアップデートされるので、ここで紹介するのはあくまでも現時点の方法だ。

Makecode を開いて「新しいプロジェクト」を開始したら、画面モードを「JavaScript」に変更する。左側の micro:bit シミュレータの下「エクスプローラー」が表示されるので、リボンの「+」をクリックする。ポップアップで「カスタムブロックを追加しますか?」と表示されるのでわかるだろう・

microbit_拡張ブロック_003

「カスタムブロックを追加しますか?」のメッセージが表示されるので「つづける」ボタンをクリックする。

microbit_拡張ブロック_004

すると次のような画面になり、カスタムブロックのひな形コードが表示される。

microbit_拡張ブロック_005

コードを LED が左から右に順番に点灯する簡単なものに変更しよう。

microbit_拡張ブロック_006

カスタムブロックができたら、エクスプローラーで main.ts をクリックして開き、カスタムブロックを使うコードを書く。

microbit_拡張ブロック_007

表示を JavaScript からブロックに変更すると、カスタムブロックが使われており、コードが正しく実行されることがシミュレータでわかる。

microbit_拡張ブロック_008

2020年2月23日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月23日 at 3:56 午後