ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘タブレット’ Category

Kindle Fire にリクエスト。端末にダウンロードするコンテンツを PC から管理させて。

leave a comment »

持っている Kindle の半分は本家米 Amazon で登録されているので、日本の Amazn サイトで管理されているデバイスは少ない。ところで Amazon の Kindle Fire を持つ唯一と言っていい理由は、プライムサービスとの連携だ。Amazon プライムビデオ、Amazon プライムミュージックが Fire タブレットで自由に視聴できる便利さ。Fire が自宅に届き、梱包を開けたときから使える。アプリのインストールやアカウントの登録など面倒なこと一切なしだ。

ところで、人によって使い方は様々と思うが、俺の場合は必ずしもネットワーク環境のないところで使うことが多い。そこでコンテンツを端末にダウンロードしておく、という使い方が望ましい。Amazon Fire タブレットは映画や音楽のコンテンツを端末にダウンロードしておく機能があるが、この作業は端末で操作しなければならない。

俺の希望はこうだ。端末へのコンテンツのダウンロードを、PC 上でブラウザから管理する。Amazon サイトには端末管理の機能があるのだから、ここで端末を選びコンテンツのダウンロードが予約できるようにする。なぜかと言えば、映画や音楽の検索は、Web サイトを PC で検索する方が圧倒的に効率がいいからだ。Web サイト上で検索し、ダウンロードしたいコンテンツをダウンロードしたい Fire 端末に予約する。すると、端末がネットワーク環境に届いたときに自動的にダウンロードが始まる、といったようになるべきだ。

そうなってほしい。お願い。

kindle_fire_001

毎日 7 つのスマートデバイスを持ち歩く。

leave a comment »

Windows Phon 好きかどうか、という Facebook の話題があったが、俺は Windows Phone も Android も iPhone も iPod も、そして Zune も好きだ。その結果、毎日 7 台のスマートデバイス、といっていいかどうかわからないが、スマートフォンなどを持ち歩いている。

P1510988_mid_640_480

内訳はこうだ。Windows Phone が 3、Android Phone が 2台、iPhone が 1台、iPod が 1台だ。それぞれ使い分けがあって、あるものはメモ帳替わりであり、あるものは音楽プレイヤーであり、あるものは LINE 専用機であり、あるものはパソコンのテザリング専用機である、といった具合だ。このうちデータ通信専用 SIM が入っているのが 3台、他の 4台は Wi-Fi のみの運用で、SIM は入っていない。電話機能はないので、携帯電話はいわゆるガラケーを別に持っている。

P1510989_mid_640_480

重ねて持つとこのくらいになり、とてもスマートとは言えないが、どれを欠いても不便なので持ち歩いている。おまけに遠出するときは、これに加えてノートパソコンや Kindle を持つので、さらにデバイスが増える。

いろいろ言い訳をするのだが、結局のところ好きなのだから仕方ない。

中国製のポータブル Bluetooth アダプターでオーディオシステムを無線化して Windows Phone から音楽を再生する – YET-M1

leave a comment »

中国製の電子機器を手に入れやすくなった。日本の Amazon サイトでも、おそらく個人事業レベルで中国から輸入代行をしていると思われる業者が安価なデバイスを販売している。今回試したのは、既存のオーディオシステムに取り付けて簡単に無線化する Bluetooth アダプターだ。一応型番は YET-M1 とあるが、異なる型番で微妙に表面印刷や部品の色が違うものがあるようで、おそらく中身は同じではないかと思われる。

P1510670_mid_640_480

パッケージの裏側。

P1510671_mid_640_480

パッケージから出した。本体とミニステレオケーブルが入っている。

P1510673_mid_640_480

本体の片側がキャップになっており、キャップを外すと USB コネクタがある。

P1510675_mid_640_480

USB コネクタの反対側はミニステレオジャックになっている。ここからアナログ音声信号を取り出す。

P1510678_mid_640_480

さて一方オーディオセット側は通常 RCA ピンジャックという接続コネクタになっているはずだ。俺の家にあるオーディオセットもそうなっており、背面からピンコードが取り出してある。ゲームマシンをつないだりパソコンをつないだりすることが多いので、いちいち裏側をごそごそしなくていいようにしている。

P1510679_mid_640_480

そこでステレオミニプラグと RCA ピンプラグの変換ケーブルを用意する。

P1510684_mid_640_480

電源は USB の充電池を使った。eneloop だ。

P1510695_mid_640_480

Windows Phone で Bluetooth 接続をする。

P1510696_mid_640_480

Bluetooth をスキャンすると YET-M1 と表示される。ペアリングする。

P1510700_mid_640_480

そして Scorpions を聴く。

P1510701_mid_640_480

この Bluetooth アダプターは、200 円で買った。ミニステレオケーブルも同梱されていることを考えると、実質 100 円で買ったようなものだ。では実際、音はどうかと言えば、気になるのは無音時のノイズだ。このノイズは、この製品のものなのか、あるいは接続ケーブル、Windows Phone、もしかしたらオーディオセット自体にあるのかもしれないが、ロックのような曲を聴く限りでは気にならないが、クラシックや現代音楽などを聴くときには気にならざるを得ない。

しかし、オーディオのオペレーションが手元のスマートフォンなどのデバイスでことロールできる便利さはいい。まだ慣れないので、音を大きくしようと思わず椅子から立ち上がってオーディオセットに向かい、ああ、そうだ、手元の Windows Phone を操作すればいいのだ、と思い直すことがあったが、慣れればこれほど便利なものはない。

Amazon Kidle Fire を買った。

leave a comment »

Kindle Fire を買った。電子ブックを読むには Kindle が良く Kindle は何台も持っているのだが、それは e-ink の魅力があるからで、液晶画面の Kindle Fire に興味がなかったのだが、いろいろと考えて買ってしまった。その大きな理由は、なんといっても Amazon プライムビデオだ。

P1510086_mid_640_480

Amazon プライムの会員になったのはずいぶん前だが、しばらくはプライムミュージックを聴くことで満足していた。それが変わったのが、Fireスティックを買ってからだった。Fire スティックで映画を観るのは快適だ。無料で見ることができる映画がたくさんある。そしてオペレーションがわかりやすい。観たい映画を探すのが簡単だ。Fire スティックによって、それまでは家に帰ってもテレビを点けたことがなかったが、Fire スティックなら点けて観ようと思わせる。

それから Kindle Fire に興味が出た。Kindle Fire は Amazon プラムサービスにアカウントが紐づき、Prime ミュージックや Prime ビデオを簡単に視聴することができる。このオペレーションの簡単さが素晴らしい。届けられた Kindle Fire はすでにユーザーアカウントが紐づけられており、なんら初期設定をすることなく Amazon プライムのサービスが利用できる。

はっきり言って端末としての完成度はそれほど高くない。普通のタブレットだ。

P1510088_mid_640_480

電源ボタンと音量ボリュームは上側に集中的に配置されている。

P1510092_trim_640_480

裏側には Amazon のロゴがある。ややざらついた表面処理で手触りはいい。

P1510096_trim_640_480

カメラは裏面の上部についている。

P1510100_mid_640_480

やや不満があるのがスピーカーだ。裏面の角にあるが、表からだと聞こえにくい。また本体のボリュームを最大にしても再生音量が小さめだ。おそらく音はイヤホンで聞くことを想定していて、スピーカーは補助的なもの、という位置づけのように思える。

P1510103_mid_640_480

そしてやはり、Kindle Fire を使う一番の特徴は、Prime ビデオの一時保存機能だ。観たい映画をあらかじめ Kindle Fire にコピーしておくことができ、ネットワーク接続がなくても端末だけで映画を観ることができる。このとき、保存できるビデオの本数はストレージの容量により、端末に保存されたビデオを最初に再生するときから 48 時間はオフラインで観ることができるようになっている。

P1510108_mid_640_480

P1510112_trim_640_480

Kindle Fire のおかげで映画を観る機会が増えそうだ。

P1510086_mid_640_480

角型 9V の 006P 乾電池から再び Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うための AAAA 単6乾電池を取り出す。今回ははんだ付けしなくてもいいように考えた。ニッパーとペンチだけで作業完了。

with one comment

以前に Surface 専用ペンの乾電池、単6乾電池、AAAA 型の乾電池を、9V 006P 角型乾電池から取り出して使うことを紹介した。

もはや角型 9V の 006P 乾電池は積層電池ではないのか – Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うために 006P 乾電池を分解して AAAA 単6乾電池を取り出すとプラスとマイナスが逆形状だった
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2016/02/21/%e3%82%82%e3%81%af%e3%82%84%e8%a7%92%e5%9e%8b-9v-%e3%81%ae-006p-%e4%b9%be%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%af%e7%a9%8d%e5%b1%a4%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b-s/

ところがこのときは、きれいに分解することに意識が集中しており、乾電池の凹凸まで考えずに分解してしまった。そのため、プラス極の凸形状がなかったために強引なはんだ付けをしなければならなかった。今回は前回をふまえて分解した。はんだ付けをしなくても、ニッパーとペンチだけで端子の形状を変形させることで対応した。

P1490400_mid_640_480

今回も前回同様、100均ショップのダイソーで乾電池を買った。前とは違うパッケージの「new」と書いてあるのがあったので、それを買ってみた。

P1490405_mid_640_480

乾電池の外側には印刷されたアルミフィルムが巻いてある。粘着シートになっているが、比較的むきやすい。ニッパーで端を引っ張ってはがしていく。

P1490407_mid_640_480

外側のアルミシートをはがすと黒いプラスチック製の容器に完全にシールドされている。上部の端子を取ってみたが、かなりきっりと密閉されている。

P1490410_mid_640_480

そこで強引にだが、角を狙ってニッパーで剥いていくことにした。プラスチックは見た目より柔らかく、簡単に壊すことができた。

P1490413_mid_640_480

端子側の上部を剥がしたところだ。白いシートの向こう側に AAAA 型の乾電池が 6 本並んで入っている。

P1490417_mid_640_480

白のプラシートを外すと、中はこんなかんじ。6 つの乾電池が直列につながれている。

P1490421_mid_640_480

プラケースから取り出そう。

P1490426_mid_640_480

こんな感じで端子がつながっている。ニッパーかペンチでひねりながら外そう。このとき、乾電池のマークをよく見て、プラス極に鉄片が残るようにマイナス極側を外していく。前回はここで失敗した。プラス極側に鉄片を残さず、全部剥がしてしまった。

P1490439_mid_640_480

こんなふうにプラス極側の鉄片はついたままにしておく。

P1490445_mid_640_480

そしてニッパーやペンチで鉄片を折り曲げ、ある程度の厚さに収まるように畳み込む。できたら Surface ペンに装填しよう。

P1490433_mid_640_480

いいかんじだ。

P1490435_mid_640_480

快適。

P1490451_mid_640_480

角型乾電池を 1個分解すると 6個の AAAA 型乾電池が取れる。5 本は乾電池ケースに入れてしまっておこう。

Surface Pro 3 に Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 と中国製の Bluetooth マウスを接続する

leave a comment »

Surface Pro 3 はとてもいいデバイスだが、文字入力を真剣にやろうと思うとタイプカバーでは物足りなくなる。そこで Bluetooth のキーボードとマウスを使っている。キーボードはマイクロソフト製のモバイルキーボード Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 で、マウスは中国製のものだ。

P1480032_mid_640_480

この中国製の Bluetooth マウスはたいへん安価なもので、質感は安っぽいが軽くて薄く、持ち運びには便利な形だ。

P1470932_mid_640_480

Surface Pro 3 で Bluetooth の接続をスキャンすると、Bluetooth Mouse という名前で検索される。ペアリングをすれば自動的にドライバを登録して接続できる。

P1470933_mid_640_480

こんなかんじで完全ワイヤレス化となっている。キーボードの入力感もいいし、使いやすい。

神戸三ノ宮で「マインクラフトとプログラミング教育」の勉強会をした。

leave a comment »

P1450907_edit_mid_640_480

2017年1月28日、神戸三ノ宮で「マインクラフトとプログラミング教育」のテーマで勉強会をした。マイクラフトが好きな小学生5人に Surface 3 でモダンアプリ版のマインクラフトをしてもらい、教員5人がサポートしながらマインクラフトを子供たちがどのように使うかを見て、マインクラフトをプログラミング教育に利用するヒントを得ようと考えたのだ。

詳細はアドミンティーチャーズのサイト https://adminteachers.wordpress.com/ にも報告したが、今回は用意した機材で実習がスムーズにできるかを検証することとし、詳細なコースを用意することはしなかった。

今回やってみてよくわかったのは、Surface を使うと数分の準備で実習を始めることができること、子供たちは極めてマインクラフトの世界に興味が高く教員の動機づけがなくても自然に演習に集中できること、自然発生的に協働作業が行われること、わからないことがあれば教えあう関係性が自然におこること、攻略本を一緒に見ながら問題解決をする姿が見られたこと、などだ。

マインクラフトを教材プラットフォームとして、プログラミング教育に利用することは効果的だと実感した。次は効果的な「課題」あるいは「学習コース」を考えることだろう。そのためには教員がマインクラフトの世界を知り、何ができるか、どのようなコースを組み立てることができるかを考える必要がある。

P1450916_mid_640_480