ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘ダイソー’ Category

もはや角型 9V の 006P 乾電池は積層電池ではないのか – Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うために 006P 乾電池を分解して AAAA 単6乾電池を取り出すとプラスとマイナスが逆形状だった

leave a comment »

昔は、で始まることが多くなり、歳をとったことと時代の変化を感じる。角型 9V の 006P 乾電池は「積層乾電池」と呼ばれた。もともとソニーがトランジスタラジオの乾電池として開発したようだが、ギタリストにとってはエレキギターのエフェクターに使われる電池として必需品だった。006P というコードがこの電池の形状をあらわすもののようで、9V という高電圧を得るために内部に 1.5V の起電力を持つ乾電池を複数積み重ねた構造を持っていた。以前は横にスライスしたように、薄いペレット状、たとえるならタブレット型のガムのような形のものを 6 個積み上げた構造だった。子供の頃、乾電池を分解して中の構造を見ることをよくやったが、積層乾電池も分解して中を見て感心した覚えがある。

この 006P 乾電池だが、今は多くのものが単6型、AAAA 型の筒形乾電池を 6個たばねた内部構造をしているようだ。これだと「積層電池」というよりは「連結電池」「束ねた電池」と言いたいところだが、複数の電池を組み合わせているのでやはり「積層電池」と言うらしい。

電池の種類や構造をあらわす形式番号では、単6型乾電池6本積層タイプはマンガンは 6R61 、アルカリは 6LR61 とあらわし、角型一体積層タイプは 6F22 や 6LF22 とあらわすようだ。

一方、AAAA 形式の乾電池は「単6型」と呼ばれるが、これは ANSI 規格、米国国家規格協会 American National Standards Institute 規格の筒形乾電池であり、日本には規格がないようだ。そのためか、Surface Pro の専用 Surface ペンで使われるが、一般に入手が困難で値段も安くない。

Amazon_SurfacePen_mid_640

Amazon_AAAA_単6電池_mid_640

すでに何人もの人が単6電池を手に入れるために、006P 9V 積層電池を分解していることをネットでも公開しており、実際そのようなことができるかどうかやってみた。

念のため、乾電池の分解は自己責任であり、加熱、発火の危険もあるので安易にまねをするのはやめてほしい。とりわけアルカリ電池は内部抵抗が小さいのでショートしたときに過大な電流が流れるためたいへん危険だ。

P1110797_mid_640_480

買ってきたのはこれ。ダイソーで 100 円のアルカリ 006P 積層乾電池。形式番号は 6LR61 とあるので単6電池で構成されていると判断できる。

実際に近寄ってみると、縦に筋が入っていて内部が想像できる。

P1110799_clip_640_480

ペンチやニッパーで分解していく。角から少しずつ。巻いてあるラベルも内部もプラスチック製なので分解しやすい。子供の頃に分解した 006P 積層乾電池は金属製のパッケージだったが。

P1110800_clip_640_480

P1110803_mid_640_480

P1110805_mid_640_480

P1110806_mid_640_480

P1110807_clip_640_480

取り出すとこのように 6 本の単6型乾電池が連結した構造になっていた。ここで気を付けてみておけばよかったのだが、分解することしか頭になかったので、ペンチとニッパーを使って連結金具を全部きれいに取り外してしまった。

P1110809_clip_640_480

金具を取り外してばらばらにして並べてはじめて気が付いた。電池の両端のうち、かすかに出っ張っているのがマイナス極で、プラス極が平らになっている。見た目にはプラスとマイナスが逆のようになっている。

P1110810_clip_640_480

実際の単6電池と並べるとこんなかんじ。実際の単6電池のプラス極はかなり出っ張っていることがわかる。試しにこのまま Surface ペンに入れてみたが、やはりまったく使えない。プラス側に出っ張りをつけなければいけない。もし電池を分解するときに接続金具を一部残したままにしておけば、それが出っ張りになったのだが、後の祭りだ。

そこではんだ付けをしてはんだの出っ張りをつけた。だがこのように乾電池に直接はんだづけをすることは本当はしてはいけない。表面を加熱しただけでははんだはきちんとつかないので、かなりじっくりとはんだごてをあてて加熱することになる。そうすると乾電池の内部構造を熱で傷めることになるからだ。

P1110811_clip_640_480

はんだでプラス極を盛り上げると、Surface ペンでちゃんと使えるようになった。

P1110812_mid_640_480

単4乾電池、AAA の大きさは直径 10.5 mm、高さ 44.5 mm。単6乾電池、AAAA の大きさは直径 8.0 mm、高さ 42.0 mm。このサイズならマイコンボードを組み込むときの電源に使うのもよさそうだ。今回は Surface ペンに使うためにはんだでプラス極を盛り上げるという荒っぽいことをしたが、写真でもわかるようにプラス極側の表面シールが変色してしまっている。かなりの熱を加えた結果だ。このようなはんだ付けをせずに利用するには、分解するときに接続金具を残しておくか、あるいは器具の電池ボックス側でプラス極の形状を工夫するなどが必要だろう。

P1110815_clip_640_480

重ねて言うが、乾電池の分解は自己責任であり、加熱、発火の危険もあるので安易にまねをするのはやめてほしい。とりわけアルカリ電池は内部抵抗が小さいのでショートしたときに過大な電流が流れるためたいへん危険だ。またはんだ付けなどをすると、電池の内部構造が傷みメーカーの保証が得られないどころか火災の原因になる可能性もある。あくまでも知的好奇心を満足させるための実験だ、と理解してほしい。

渡米の準備その2 – 暗いところで困らないように、また荷物が増えないように軽量、大輝度LEDライトを買う。

leave a comment »

IMG_1225_mid_640_480

前回アメリカでドライブを楽しんだ時、夜の運転で困ったことがあった。暗いため細かな地図が見えにくかったのだ。それはもはや帰路の飛行機に乗るためにサンフランシスコ国際空港に向かっていたときだった。道に迷い深夜0時を超えてようやく空港近くまでたどり着いたのだが、レンタカーを返却する店までの地図が暗くてよく見えない。手元にライトがなく、おまけに当時はまだ年齢による近いところが見えにくくなる症状、念のために言っておくと「老眼」という不正確な非医学的表現を俺は好まないのだが、それがあまり顕著に進んでいなかったため、近いものが良く見える眼鏡、これも念のため「老眼鏡」というような不正確で非眼鏡技術的な表現を俺は好まないのだが、それをまだ携帯していなかった。

今回もかなりハードなドライブが予想されるため、近いものが良く見える眼鏡とともに、携帯ライトを用意することとした。旅行、特に海外旅行では持ち物の重量制限があり、できるだけ持ち物は軽くあるべきだ。このあたりは登山に近いものを感じるが、軽くて小型、そして必要十分なものを選ばなければならない。

ということで、それほど大げさな話でもないのだが、ボタン電池を使う小型のLEDライトを買った。ボタン電池はCR2025で2個必要だ。きっとこれがアメリカ・ドライブで活躍してくれるはずだ。

Written by Yoshio Matsumoto

2013年11月10日 at 5:26 PM

ダイソー100円ショップで購入した「スーパーエクスプレス」の踏切を改造してプラレールで使う – 完成版

with one comment

以前「ダイソー100円ショップで購入した「スーパーエクスプレス」の踏切を改造してプラレールで使う」というタイトルで、踏切線路の改造を紹介した。

ダイソー100円ショップで購入した「スーパーエクスプレス」の踏切を改造してプラレールで使う
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/06/07/%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc100%e5%86%86%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%a7%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%af/

しかしこの方法では、踏切に入るところで頻繁に脱線事故がおこることがわかった。プラレールの線路よりダイソースーパーエクスプレスの線路は幅が狭いため、プラレールの車両では後輪の動輪が収まらない。そこで線路の片側壁を取り除いて後輪が収まるようにしたのだが、前輪は厚みがないため脱輪してしまうのだ。

IMG_0969_mid_640_480_thumb1

<Fig.1 : 狭いダイソースーパーエクスプレスの線路からプラレールの前輪が脱輪する>

そこで踏切の線路両側を切り広げることにした。またプラレールとの接続部分も別の方法で改造することにした。

まず前回同様、工作用の金ノコを使って線路の反対側も切り広げる。

IMG_1500_mid_640_480_thumb1

<Fig.2 : ダイソースーパーエクスプレスの踏切の線路端を工作用金ノコで切り広げる>

IMG_1501_mid_640_480_thumb1

<Fig.3 : ダイソースーパーエクスプレスの踏切の線路端を工作用金ノコで切り広げた>

金ノコで切ったところはバリが出て荒れている。これをカッターナイフできれいにする。

IMG_1502_mid_640_480_thumb1

<Fig.4 : 工作用金ノコで切り広げた部分をカッターナイフできれいにする>

次に踏切の線路中央部分も同じように金ノコで切り広げる。端の部分と同様に、切った後はカッターナイフできれいにしよう。

IMG_1504_mid_640_480_thumb1

<Fig.5 : ダイソースーパーエクスプレスの踏切の線路中央部分を工作用金ノコで切り広げる>

IMG_1505_mid_640_480_thumb1

<Fig.5 : ダイソースーパーエクスプレスの踏切の線路中央部分を工作用金ノコで切り広げた>

次に踏切の遮断機を上下させるグレーのシーソー式線路部分を加工する。こちらは材質が少しやわらかく、また部品を固定して持ちにくいので工作用の小刀で少しずつ削り取るようにして線路の端を削り落とす。

IMG_1507_mid_640_480_thumb1

<Fig.6 : 踏切の遮断機を上下させるグレーの線路パーツを工作用の小刀で削り落とす>

線路の幅を広げたらプラレールの車両が通れるようになったはずだ。次に線路のジョイント部分を加工する。プラレールの線路はジョイント部分が台形だが、ダイソースーパーエクスプレスのジョイント部分は円形だ。そのままでは繋ぐことができない。前回はプラレールとダイソースーパーエクスプレスの線路をそれぞれ繋いで、ジョイント用レールを自作したが、今回はダイソースーパーエクスプレスの線路側ジョイントを直接加工する。

まずダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントの上からプラレールのジョイントを重ねてみる。上から見ると、円形ジョイントの先端をカットすれば台形ジョイントに収まるように思える。

IMG_1509_mid_640_480_thumb4

<Fig.7 : ダイソースーパーエクスプレスの丸型ジョイントにプラレールのジョイントを重ねる>

ダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントを工作用小刀で切り落とす。材質が固いので力のかけ具合に注意する。力をかけすぎて斜めになったりしないように、線路をしっかり固定して小刀をあてる。

IMG_1511_mid_640_480_thumb1

<FIG.8 : ダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントの先端部分を工作用小刀で切り落とす>

IMG_1525_mid_640_480_thumb3

<Fig.9 : ダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントの先端部分を工作用小刀で切り落とした>

次は反対側のジョイントだが、こちらもダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントにプラレールのジョイントを重ねると、手前の両角を切り落とし、さらに奥の角を左右に切り込む必要があることがわかる。

IMG_1512_mid_640_480_thumb1

<Fig.10 : ダイソースーパーエクスプレスの丸型ジョイントにプラレールのジョイントを重ねる>

IMG_1526_mid_640_480_thumb2

<Fig.11 : ダイソースーパーエクスプレスの円形ジョイントの手前両端を切り落とし、奥の左右を切り込んだ>

IMG_1513_mid_640_480

<Fig.12 : ダイソースーパーエクスプレスの加工した凸ジョイントとプラレールをつないだ>

IMG_1514_mid_640_480

<Fig.13 : ダイソースーパーエクスプレスの加工した凹ジョイントとプラレールをつないだ>

加工したダイソースーパーエクスプレスの踏切をプラレールの線路と繋いでみる。ダイソースーパーエクスプレスの踏切の長さはプラレールの直線線路と同じなので、直線線路と同じように線路を構成できる。プラレールの円弧線路4本と直線線路1本を使って基本のループを作ってみよう。そしてプラレールの電車を走らせてみる。

前回の改造では線路の片側しか削り落とさなかったため、厚みのある後輪は問題なかったが厚みのない前輪が脱輪するという問題があった。また異なる2種類のジョイントをつなぐために、レールを繋いだジョイントレールを作ったことも良くなかった。しかし今回の改造はうまくいった。電車は脱線することなくスムーズに走っている。

これで改造の完成版としよう。

IMG_1516_mid_640_480

<Fig.14 : 加工したダイソースーパーエクスプレスの踏切とプラレールをつないで基本ループを構成した>

IMG_1517_mid_640_480

<Fig.15 : ダイソースーパーエクスプレスの踏切とプラレールを繋ぎ電車を走らせる>

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月23日 at 10:48 AM

「スーパーエクスプレス」シリーズよりさらにスケールが小さい – ダイソー100円ショップの「プチ電車シリーズ」

leave a comment »

線路の軌道がプラレールより狭いが、改造してプラレールで使えるようにすることができるダイソーの「スーパーエクスプレス」だが、久しぶりにダイソーに行くとすっかりなくなっていた。かわりにあったのは、「スーパーエクスプレス」よりさらにスケールの小さい「プチ電車」シリーズというものだった。「スーパーエクスプレス」シリーズがあればよかったのだが、試しに「プチ電車」シリーズを買ってみた。

IMG_0972_mid_640_480

<Fig.1 : ダイソー100円ショップの「プチ電車」シリーズを買い込む>

「スーパーエクスプレス」の線路は、直線線路の長さ、曲線線路の円弧半径Rがプラレールとほぼ同じであり、幅がプラレールよりもやや狭いだけだった。そこで線路以外のパーツはほぼそのままで使えたし、線路関連パーツも少し改造すればプラレールで使えるようにすることができた。しかし「プチ電車」しりーずは、さらにスケールが小さく、プラレールとの違いが大きい。線路幅も狭すぎるし、直線線路の長さ、曲線線路の円弧半径Rもプラレールの線路とは異なっている。

「プチ電車」シリーズの線路の接続部分はΩ型で、「スーパーエクスプレス」シリーズと同じであり、これらの線路は繋ぐことができる。次の写真では、青色がプラレールの線路、黄色がダイソー「スーパーエクスプレス」の線路、灰色がダイソー「プチ電車」シリーズの線路だ。

IMG_1004_mid_640_480

<Fig.2 : プラレール、ダイソー「スーパーエクスプレス」、ダイソー「プチ電車」シリーズの直線線路を比べる>

IMG_1003_mid_640_480

<Fig.3 : プラレール、ダイソー「スーパーエクスプレス」、ダイソー「プチ電車」シリーズの曲線線路を比べる>

IMG_1005_mid_640_480

<Fig.4 : ダイソー「スーパーエクスプレス」と「プチ電車」シリーズの線路を繋ぐ>

4本入り直線線路、4個入りの架線柱、鉄橋、4本入り曲線セットを2つ、で組み立てた基本のループ。合計525円。列車は基本の3両編成にすると315円になる。「スーパーエクスプレス」では実際に走っている列車ではないデザインのものしかなかったが、「プチ電車」シリーズは実際の車両をモチーフにしている。何種類かの列車があったが、いかにも列車らしい「ブルートレイン」を選んでみた。

IMG_0988_mid_640_480

<Fig.5 : 5つのパッケージで構成したループ線路>

IMG_0987_mid_640_480

<Fig.6 : ダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

ダイソー「プチ電車」シリーズはプラレールや「スーパーエクスプレス」よりも小型で手ごろな大きさだ。列車のできもいい。家で仕事をしながら、机の上で走らせてもいい。かたとんかたとんとレールを走る列車の音が心地よい。

IMG_0989_mid_640_480

<Fig.7 : 100円とは思えない出来栄えのダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

IMG_0990_mid_640_480

<Fig.8 : ダイソー「プチ電車」シリーズのブルートレイン>

なぜかはわからないが鉄道玩具は男の子の遊びだ。鉄道玩具が好きな女の子というのはあまり聞かない。男にとって鉄道玩具は大人になっても魅力的だが、大人の女性が鉄道玩具を楽しむ姿は想像しがたい。ところが、ネットで調べると、どうやらプラレールが好きなママさんもいるようだ。子どものために、といいながら、実は自分で楽しんでいる様子がうかがえる。

ダイソーの「スーパーエクスプレス」がなくなったようで残念だが、この「プチ電車」シリーズも改造してプラレールと共存できるようにしたり、電子工作を加えたりしてみたいと思っている。

ダイソー100円ショップで購入した「スーパーエクスプレス」の踏切を改造してプラレールで使う

with one comment

100円ショップのダイソーには「スーパーエクスプレス」というプラレールによく似た鉄道玩具がある。線路や車両の大きさはほぼプラレールと同じであり、遠目に見たところでは区別がつかないほどである。しかしダイソーの「スーパーエクスプレス」は、線路のジョイント部が丸くなっており、プラレールの台形ジョイントとは合わないため、線路を混在して使うことができない。また「スーパーエクスプレス」の線路幅はプラレールよりやや狭い。

IMG_0950_mid_640_480

<Fig.1 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路とプラレールの線路の幅の違い>

IMG_0951_mid_640_480

<Fig.2 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の車両とプラレールの車両の車輪幅の違い>

線路の幅と車両の車輪幅の間には若干の余裕がもたせてある。その余裕のため、プラレールの線路に車輪幅の狭い「スーパーエクスプレス」を走らせることができる。

IMG_0952_mid_640_480

<Fig.3 : プラレールの線路にダイソー「スーパーエクスプレス」の車両をのせる>

しかし、ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路にプラレールをの走らせることはできない。動力輪でない車輪は車輪自体の厚みがないため「スーパーエクスプレス」の線路に収まるが、厚みのある動力輪ははみ出してしまうのだ。

しかしこの幅の違いはそれほど大きいものではない。そこで線路の縁を削ることで幅を広げ、ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路やパーツをプラレールで利用できるのではないかと考えた。

IMG_0954_mid_640_480

<Fig.4 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路にプラレールの車両をのせる>

ダイソー「スーパーエクスプレス」シリーズの100円という価格は魅力的だ。またパーツによってはクオリティが高く、プラレールの一部として使いたいものもある。たとえばこの「踏切」だ。そこでまずダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切に目をつけ、プラレールで利用できるように改造してみた。

IMG_0928_mid_640_480

<Fig.5 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の「踏切」>

IMG_0933_mid_640_480

<Fig.6 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の「踏切」を袋から出して組み立てたところ>

線路の幅が狭いため、踏切の幅を広げる加工をする。まず踏切を裏返し、ネジを4か所外して裏の止め板を外す。裏板を外すと、線路と遮断機のパーツを取り外すことができる。茶色の本体のみにして加工しよう。

IMG_0936_mid_640_480

<Fig.7 : ダイソー「スーパーエクスプレス」の「踏切」を裏返し、4つのネジを外す>

線路と遮断機を外すと踏切本体の加工がしやすくなる。幅を広げるのは中央部分と橋の部分だ。工作用の金ノコを使い、片側だけ外に広げるようにプラスチックを切り落とす加工をする。ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路幅とプラレール車両の車輪幅の違いはわずかなので、片側だけ切り落として広げればいい。

IMG_0937_mid_640_480

<Fig.8 : 工作用の金ノコを使ってダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切を加工する>

IMG_0939_mid_640_480

<Fig.9 : ダイソー「スーパーエクスプレス」踏切の中央部分を切り落として線路幅を広げる加工をした>

IMG_0938_mid_640_480

<Fig.10 : ダイソー「スーパーエクスプレス」踏切の両端部分を切り落として線路幅を広げる加工をした>

金ノコで切り落としたため、加工部が荒れている。気になるならカッターナイフなどで角やバリを切り落とし修正するとよいだろう。また切り落とした隅は穴が開くが、車輪の幅はそれほど広くないので落ちることはない。

次に灰色の線路パーツの加工をする。これも線路の片方の縁を切り落とすのだが、パーツを何かに固定しないと金ノコで切断するのは難しいだろう。こちらは切り出しナイフを使って少しずつ削るように切り落とした。

IMG_0943_mid_640_480

<Fig.11 : ダイソー「スーパーエクスプレス」踏切の灰色線路パーツの片側をナイフで削り落とし線路幅を広げた>

ここまでの加工でダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切をプラレールの車両が通過できるように線路幅を広げる加工ができた。次はこの踏切をプラレールの線路に繋ぐ加工だ。踏切本体のジョイントを台形に作り直すのは手間がかかるので、接続用のレールを作った。ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路とプラレールの線路を繋いだパーツを作るのだ。

プラレールの線路は経年変化で割れたり欠けたりするものがある。特に台形のジョイント部分が壊れることが多い。この線路を利用し、ダイソー「スーパーエクスプレス」の1/2線路を金ノコで半分に切ったものと繋ぎ合わせる。ダイソー「スーパーエクスプレス」の線路は幅が狭いので、踏切の場合と同様に片側だけ外側の縁をナイフで削り落としておく。

両方の線路を接続する部分に2つずつの穴をあけ、園芸用の針金で括り止め、2液式のエポキシ接着剤で覆って固定した。エポキシ接着剤の固定には時間がかかるが、12時間から24時間後にはしっかりと固定されている。こうして作った接続用線路を使い、プラレールとダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切を接続する。

IMG_0944_mid_640_480

<Fig.12 : 接続用の線路を作成してダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切をプラレールの線路に接続する>

線路の片側の縁を切り落とし、車両が脱線しないかと思われるが、プラレールの車両の車輪幅はダイソー「スーパーエクスプレス」より若干広いだけであり、線路から落ちる心配はない。

この接続用線路の固定には、作りやすさと強度を考えて針金とエポキシ接着剤を使ったが、見栄えは良いとは言えないので気になるならば別の方法を考えると良いだろう。あるいはエポキシ接着剤で固定した後、固定部に色を塗って仕上げる方法もある。

これでダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切をプラレールの線路に組み込むことができた。他のダイソー「スーパーエクスプレス」の線路やパーツも加工してプラレールに加えたいが、加工しやすいものとしにくいものがある。この踏切はパーツの部分的な切断だけでよかったので比較的たやすく加工できたほうだが、他のパーツの加工もできるものからやってみたい。

IMG_0957_mid_640_480

<Fig.13 : 片側の縁を切り落としたダイソー「スーパーエクスプレス」の踏切にプラレールの車両が収まる>

IMG_0958_mid_640_480

<Fig.14 : 片側の縁を削り落としたダイソー「スーパーエクスプレス」の線路でもプラレールの車輪ははみ出さない>

IMG_0959_mid_640_480

<Fig.15 : 片側の縁を削り落としたダイソー「スーパーエクスプレス」の線路でもプラレールの車輪は落ちない>

<追記> 2013/06/23

この改造ではプラレールの列車が脱輪することがわかったため、両側の線路端を切り落とす改造をした。

「ダイソー100円ショップで購入した「スーパーエクスプレス」の踏切を改造してプラレールで使う – 完成版」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/06/23/%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc100%e5%86%86%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%a7%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%af-2/

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月7日 at 12:17 AM