ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘ビール’ Category

今夜のビール – KIRIN 限定醸造 一番搾り「小麦のうまみ」

leave a comment »

DSCN1067_mid_640_480

最近、国産のビールがうまい。各社競って美味しいビールを開発してくれている。これもその一本で、なかなか美味しかった。基本的には日本風だが、香が深くコクがある。しかし残念なのが「限定醸造」というところで、美味しいのだがまた飲みたいと思っても、いつまで手に入るかわからないところだ。

DSCN1069_mid_640_480

製造は麒麟麦酒株式会社。缶の記載は漢字で、正式な社名はカタカナではなく漢字なのだろうか。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2015年9月24日 at 12:11 AM

カテゴリー: ビール

Tagged with , , ,

今夜のビール – PAULANER Salvator 瓶入り 330ml

leave a comment »

これは印象的なビールだ。「ガツン」とくる味だ。ドイツビールだが、今までに飲んだドイツビールとは明らかに印象が違う。数値面ではっきりとわかるのは、アルコール度数が7.9%という高い値であることだ。そして色。まるで煮出しすぎた麦茶のような濃い色をしている。そして味。「ドイツビール」と言われずに飲めばベルギービールだと思うだろう。こくがある深い味。甘い。そして何よりも香が高い。アルコール度が高いのでちびちびと味わうのだが、ふと、いま俺はスコッチウィスキーを飲んでいるのではないか、という錯覚を感じた。そんな芳香がある。

DSCN2477_mid_640_480

ドイツビールを飲んでも新鮮味を感じないことが多い。それは俺の考えでは、日本のビール醸造技術はドイツのものを真似たのでドイツビールは日本の一般的なビールに似ているからだ、というものだが、さて、どうなのだろう。もちろん俺の持論は、「酒」とよばれる世界に数あるアルコール飲料の中で、ビールが最もバリエーションを多く持っているものだ、というものなので改めて驚くほどでない。そして一般的に暑い地方のビールは薄味で、寒い地方のビールは濃厚であることがわかっている。ドイツも地方によって気候や生活習慣、歴史が違うのだろうから、このようなビールもあるのだろう。

さて、このビールを日本で輸入代理している会社のWebページには、このような説明がある。「サルバトールは元々バイエルンでキリスト教の断食期間中に栄養を摂るために修道士たちが醸造した、麦芽エキス濃度・アルコールの高いボックビールです。通常のビールよりも麦芽エキスが濃く、ロースト麦芽の甘みが強く芳醇・濃厚です。ホップは控えめで麦芽風味が強いです。アルコール度数が高く、しっかりとした味わいなので、秋から春先にかけて飲むのがお勧めです。」これによると修道士が醸造したとのことであり、ドイツは西側でベルギーと接している。ただバイエルン地方はドイツの東南あたりに位置しており、チェコやオーストリアの影響を受けていそうである。こんなふうにビールの味から文化を考えるのも楽しい。

DSCN2478_mid_640_480

DSCN2479_mid_640_480

ドイツビールをもっと飲んでみたい気持ちにさせられるビールだった。ドイツに行きたくなってきた。

Written by Yoshio Matsumoto

2015年9月23日 at 6:40 PM

今夜のビール – OLD SPECKLED HEN 缶入り 330 ml

with one comment

英国ビールである。最近は国産で「よなよなエール」や「インドの青鬼」などヤッホー・ブルー・インクの素晴らしいビールがスーパーなどで手に入るので英国ビールからしばらく遠ざかっていたが、神戸で輸入食品店を新たにみつけたこともあり、ふたたび英国ビールにこだわっている。

IMG_7462_mid_640_480

このビールも輸入元はコルドンヴェール株式会社だ。缶に貼られた日本語の説明は、こう、ある。「イギリスのスポーツカーブランドMGの50周年を記念して造られたビール。トフィーのようなモルトのフレーバーと甘さのバランスが絶妙。」MGはもともと「モーリス・ガレージ(Morris Garages )を略したものだそうで、現在は中国上海汽車の傘下になっているらしい。1910年頃から1924年にかけて、主に小型スポーツカーのメーカーとして、イギリスのオックスフォードで確立したそうだが、すぐにアビンドン(Abingdon)に本拠を移したそうだ。また発祥年については諸説あるらしいが、MG社の広報誌には1923年が発祥年とされているそうだ。ということは、MG社の50周年を記念した、ということは、このオールド・スペックルド・ヘンの発祥は1973年ということになる。

IMG_7467_mid_640_480

「トフィーのような」と形容されているが、確かに香ばしい香りがある。トフィーはバターや小麦粉、糖蜜、砂糖を加熱して作ったお菓子だが、しかしトフィーに形容されるほど濃厚でもなく、適度な飲みやすさのビールだ。夏の暑い日でも喉の渇きを癒してくれるだろう。

IMG_7463_mid_640_480

缶に記されたアルコール度数は5.2%。昔の日本のビールは4%程度だったと記憶しているが、最近は5%程度のものがあたりまえになった。切れ味を特徴としているアサヒのスーパードライは5%だが、最近は「スーパードライ・エクストラシャープ」が5.5%、「スーパードライ・プレミアム」が6%と、アルコール度数をあげた国産ビールも多い。アルコール度数も味に大きく影響するが、5.2%というのは最も一般的なアルコール度数といえるのではないか。その点でも飲みやすいビールである。

国産ビールのように、どこのスーパーでも手に入る、という訳ではないが、輸入食品店を探せば比較的手に入りやすいのではないか。缶入り、330ml。

IMG_7468_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2015年5月8日 at 1:45 AM

今夜のビール – ホフブロイ ヘフェヴァイツェン Hofbrau Hefe Weizen 瓶入り330ml

leave a comment »

IMG_8812_mid_640_480

ドイツの白ビールはドイツ西部や北部でヴァイツェンと呼ばれている。ヴァイツェンとは小麦のことで、ヘフェは酵母のことだ。白ビールと呼ばれるビールには大きく分けてベルギーのヴィットまたはベルジャンスタイルホワイトと呼ばれるものと、ドイツのヴァイスビアまたはヴァイツェンと呼ばれるものがある。ベルギーのものはコリアンダーやオレンジピールで風味付けしてあり、日本で最近あちこちの店で手に入るようになった有名なものとしてVEDETTなどがある。これは独特な風味があって良いのだが、日本では税制上ビールには分類されないようで、品目としては発泡酒に分類されるらしい。

ドイツのヴァイスビアまたはヴァイツェンは小麦という言葉を使うが小麦麦芽だけで作られているわけではなく、大麦麦芽も使われている。伝統的には50%以上の小麦麦芽を使用するようだ。色は薄い。味もたいへんさっぱりしている。ホフブロイ・オリジナルも薄味だったが、このホフブロイ・ヘーフェヴァイツェンはもっとあっさりしている。

IMG_8813_mid_640_480

栓は印象的なホフブロイの王冠マークだ。

IMG_8814_mid_640_480

不思議なことに、原材料には大麦麦芽とホップしか記されていない。輸入者及び引取先は日本ビール株式会社となっている。写真でわかるが、裏のラベルに賞味期限が印刷されているので、同時期の輸入をまとめて販売したもののようだ。

IMG_8815_mid_640_480

アルコール分5%。しかしあっさりした味からは想像できない。もっとアルコール分が少ないのではないか、と思わせられる味だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月20日 at 11:21 PM

今夜のビール – ホフブロイ オリジナル Hofbrau Original 瓶入り330ml

leave a comment »

IMG_8685_mid_640_480

ビールの本場はドイツだと思うのだが、ドイツビールはあまり飲んだことがない。パブなどで飲んだことのあるドイツビールは概して特徴がないように思われ、インパクトを受けることがなかった。その理由として、おそらく日本のビールは歴史的にドイツの醸造所から指南を受けて作っているからなのではないか、と思っているのだが真偽は定かではない。これが、何度かドイツビールを試しても、深く追求しようと思えなかった理由だ。

今回、自宅近所の輸入ビール店で気分転換にドイツビールを試してみよう、と思ったのがこれだ。ホフブロイ・オリジナル。ホフブロイはドイツのバイエルン州立の醸造所らしい。もともと「ホフブロイハウス」という宮廷醸造所であったそうだ。いくつかの種類のビールを作っているが、これはオリジナル・ラガービールだ。

IMG_8684_mid_640_480

印象的なのは王冠のマークとHBの文字をアレンジしたデザイン。王冠のロゴは、まさに宮廷醸造所であったことを思わせる。ミュンヘンの6第醸造メーカーといえば、Spaten シュパーテン、Loewenbraeu レーベンブロイ、Paulaner パウラナー、Augustiner アウグスティナー、Hacker-Pschorr ハッカープショール、そしてHofbraeu ホフブロイだ。ドイツで開かれる世界最大のビール祭りと言われるオクトーバーフェストでもこの王冠のマークは人目を引くと言われている。

味はとても淡白だった。日本のビールのように「キレがいい」というかんじではなく、優しい味だ。香りもそれほど強くないが、さわやかな芳香がある。このような例えも変かもしれないが、日本で最近各メーカーから出されているノンアルコールビールの味に似た印象も受けた。

IMG_8687_mid_640_480

味の優しさからアルコール度数は低いのではないかと思わせられるほどだが、アルコール分は5.1%と普通の度数がある。輸入車および取引先は「日本ビール株式会社」だ。

なおこのホフブロイは大きなビールメーカーであるからか、他の輸入業者からも国内でビールが売られているようだ。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月16日 at 11:45 PM

今夜のビール – Mucho Hola

leave a comment »

IMG_8321_mid_640_480

たまたま神戸三宮の輸入食品店で見つけ、何気なく「PALE ALE」の文字にひかれて買ったのだが、かなり個性的なビールに出会ってしまったようだ。「PALE ALE」の文字の上には「HPA」と書かれている。「IPA」ならわかるのだが、「HPA」とは何だろう。その答えは、この「Mucho Aloha」のWebページで見つかった。どうやらそれは「HAWAIIAN STYLE PALE ALE」のことらしい。

Webページによると、Mucho Alohaは数年前にサーフィン関連の工業デザイナー、ガブリエル・テンバーグによって始められたそうだ。ハワイのカウアイ島で会社の基礎を築き、その後カリフォルニアに移った。Mucho Alohaはハワイや南カリフォルニアの生活の自然な体験をさせてくれ、日々の素晴らしい生活を楽しむ製品づくりをしている。それはサーフィンでありブリトーであり、バーベキュー、そしてビールだ、という。ちなみにこのWebページを見ながら、南カリフォルニアのことを SoCalと言うことを知った。

またWebページには「HAWAIIAN STYLE PALE ALE」についてこうも書かれている。缶のデザインもそうだが名前から想像されるように、ハワイアン・スタイル・ペール・エールはどこでどのように飲まれるのだろうか。それは私たちが良き友人とバックヤード・バーベキューや集まって楽しむ南カリフォルニアやハワイのレイド・バック・ビーチ・スタイルの生活だ。Mucho AlohaはボーダーラインIPAとも言われるサンディエゴのペール・エールとは違う。それほどホッピーでもヘビーでもない。それは軽く切れのよい、清涼なハワイアン・スタイルのペール・エールなのだ。アメリカ産の穀物とホップ、そしてベルギー産のイーストで発酵する。それはバナナや柑橘類、クローブ、オールスパイスのトロピカルなエッセンスを持った、とても軽い風味のペール・エールだ。仕上げにカスケード・ホップの苦みを加え、甘くスモーキーでスパイシーな料理とよく合う。というかんじだ。

実際に飲んでみると、軽い味だと説明されてはいるが、日本の一般的なビールに比べると、それは、やはり、確かにペール・エールの深みのある味である。しかし濃厚な味ではなく、あっさりと仕上げられている。俺の好きなイギリスビールやアメリカ産のIPAに比べると苦みは少なく、甘い。全体的に薄味なので、ペール・エールがわかっている人には物足りなく思うかもしれないが、日本の熱い夏でも十分に喉の渇きを癒してくれるビールだと言えるだろう。

IMG_8323_mid_640_480

缶の裏側には、このビールがなぜ缶入りなのかが語られている。おそらくビールは瓶入りがいい、という発想があるので、あえて缶入りである理由を書いているのだ。「あなたはなぜこのペール・エールが最終的に缶に入れて売られているのだろうか、と思うかもしれない。」と始められ、それはまず味を守るためであり、瓶のように光が入らないので、フレッシュな素晴らしい味が保持できるからだ、とある。そして次には缶はリサイクルしやすく、運搬にも軽く、冷やす時も簡単だ。といった具合だ。

IMG_8327_mid_640_480

IMG_8328_mid_640_480

内容量は355ml、アルコール分は5.5%、原産国はアメリカ合衆国。日本への輸入業者は株式会社オーバーシーズだ。

IMG_8330_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月5日 at 11:36 AM

今夜のビール – インドの青鬼

leave a comment »

ビールも缶のデザインで受ける印象が強い。このビールを見たとき、本当に旨いのだろうか、と実は心配だった。だいだいビールの缶でこれだけ深い青色を主体にしたものは珍しい。青なんてビールらしくないのだ。それに何だ、このふざけたような顔のマークは。笑っているようで鬼らしく牙が口の両端に出ている。なんとなく和のテイストを感じる雲のデザイン。缶の上部には黄色い三日月が出ている。だがIPAなのだ。意味がわからない。

IMG_7815_mid_640_480

IMG_7814_mid_640_480

しかし、というのもなんだが、このビールはすこぶる旨い。一口飲んだ時、あ、これはシアトルで飲んだIPA、Mongoose IPAの味だ、と思った。もちろん、ビールの味はその日の体調によって異なるし、一緒に食べる料理や場の雰囲気でも違ってくる。だから確信を持って言えるわけではないが、確かにこのビールはMongoose IPAのような、アメリカで好まれるIPAの味にそっくりだ。

IMG_7822_mid_640_480

缶の裏側にはこのビールの説明がある。「アルコール度が高く、ホップをふんだんに使ったインディア・ペールエールは、18世紀の英国で、長く過酷なインドへの航海のために、劣化しにくいビールとして造られました。そんなルーツを持つ「インドの青鬼」は、驚愕の苦味と深いコクで飲む者を虜にします。”魔の味”を知ってしまった熱狂的ビールファンの為のビールです。」近所の輸入酒店でこのビールを見たとき、この説明を読んでを手に取りレジに向かった。この説明がなければ、きっとこのビールを飲むことはなかったに違いない。

IMG_7816_mid_640_480

発売は株式会社ヤッホーブルーイング。長野県のビール製造メーカーだ。ヤッホーブルーイングからは、黒ビール「東京ブラック」も造られており、こちらもとても旨い。「東京ブラック」と「インドの青鬼」を知ってからは、もう日本のビールメーカーはヤッホーブルーイングだけでいい、というほどの気持ちにさせられる。嘘だと思ったら、だまされたと思って一度飲んでみろ。きっと虜になってしまうだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2014年5月2日 at 11:55 PM