ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘プリンタ’ Category

Surface RTはUSBでレーザープリンタなどが利用できる。これは大きなメリットだ。

with 8 comments

地味化もしれないが、Surface RTを導入するメリットとしてUSB接続によるプリンタ印刷があげられる。職場で使っているEPSONの各種レーザープリンタをUSBでSurface RTに接続したところ、まったく問題なくドライバが適用され、印刷することができた。

今回試したプリンタは、EPSON LP-S3000、LP-S3500、LP-S500だったが、いずれも全く問題なく利用できた。これ以外のプリンタは今回は試していないが、おそらく現行機種ならたいていのプリンタが標準で使えるのではないだろうか。試した人はぜひレポートして欲しい。

タブレットは持ち運びができ、手軽に使える便利なデバイスだが、いさ印刷しようと思うと簡単にはいかない。データを取り出してパソコンを使って印刷するか、何らかの方法でパソコンを経由してキューを送る、など場合によってはトリッキーな方法が必要になる。もちろんタブレットだけで印刷することができない場合もある。

その点Microsoft Surface RTなら全く特別なことをする必要はなく、パソコンでプリンタを使うのと同じようにUSBで接続するだけでいい。これは便利だ。

SurfaceRT_PrinterSetup_mid_640

<Fig.1 : Microsoft Surface RTでプリンタの設定を行った画面キャプチャ>

SurfaceRT_PrinterSetup_edit_mid_640

<Fig.2 : プリンタの設定が完了したMicrosoft Surface RTのデバイスとプリンタ>

IMG_1852_mid_640_480

<Fig.3 : Microsoft Surface RTでWordを使いサンプルの文書を作った>

IMG_1854_mid_640_480

<Fig.4 : Microsoft Surface RTにUSBでレーザープリンタを接続して印刷した>

●追記 2013/07/10

Microsoft Surface RTについては以下の記事も参考にしてほしい。

「マイクロソフトが満を持して発表したSurface RTは最初にして最高のタブレットだ。キックスタンド、タイプカバー、USBポート、そしてワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの利用が他に比類ない。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/03/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%8c%e6%ba%80%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%97%e3%81%a6%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%97%e3%81%9fsurface-rt%e3%81%af%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ab/

「Microsoft Surface RTに最適のコンテンツ保存用USB外部メモリ – 超小型で取り付けたまま持ち運んでもいい」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/05/microsoft-surface-rt%e3%81%ab%e6%9c%80%e9%81%a9%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e4%bf%9d%e5%ad%98%e7%94%a8usb%e5%a4%96%e9%83%a8%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa-%e8%b6%85%e5%b0%8f/

●追記 2013/07/13

「今日は日本版Microsoft Surface Proの発売日」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/06/07/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%89%88microsoft-surface-pro%e3%81%ae%e7%99%ba%e5%a3%b2%e6%97%a5/

「Surface RTにSurface VGAアダプターとSurface HDデジタルAVアダプターを使い大型モニタに画面を映し出す。授業でSurfaceを利用すれば手際よくコンテンツを提示できるだろう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/11/surface-rt%e3%81%absurface-vga%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a8surface-hd%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%abav%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%bf/

「Microsoft Surface RTでWord、Excel、PowerPoint、OneNoteを使って日常的なパソコン業務のほとんどができる。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/13/microsoft-surface-rt%e3%81%a7word%e3%80%81excel%e3%80%81powerpoint%e3%80%81onenote%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%97%a5%e5%b8%b8%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e6%a5%ad/

「Microsoft SurfaceのUSBポートにパソコン用のキーボードを接続して使う。専用のタッチカバーやタイプカバーに不満を感じたら市販のキーボードを選んで使おう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/13/microsoft-surface%e3%81%aeusb%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ab%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%81%97/

広告

2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールし、既存のWindows Server 2008ドメインに参加した。Active Directoryへの登録は問題ないが、プリンタのインストールなどには手作業が必要であり、有効にならないポリシーもある。

with one comment

既存のWindows Server 2008ドメインに参加したWindows 8ノートパソコンだが、実際のところはどうだろう。まず既存の設定がうまく適用されているところを見てみよう。

Windowsサーバーに共有フォルダがあり、ファイルサーバーとなっている。この共有フォルダにアクセスしやすくするために、ユーザーのポリシーでログオンスクリプトを書いているが、これは問題なく適用されていた。ログオンスクリプトは「グループポリシー」-「ユーザーの構成」-「ポリシー」-「Windowsの設定」-「スクリプト(ログオン/ログオフ)」-「ログオン」で設定する。スクリプトは以下のようなものである。

———————————

@echo off
net use z: \\seito\実習

———————————

ログオンしたときにこのスクリプトが呼ばれ、「seito」という名前のファイルサーバーの「実習」共有フォルダがローカルドライブのz:としてマッピングされるようになっている。これは何の問題もなく実行され、適用された。

ではインターネット接続はどうか。本校のシステムは校内にInternet Security and Acceleration Server (ISA Server)を立てており、Webプロキシとし、ユーザーごとにアクセス制限をかけている。このISA Serverは学校のような環境には必須のものだ。ホワイトリストやブラックリストの制限を自由に設定でき、かつ、その設定がコンピュータごとやネットワークごとだけでなく、ログインしたユーザーごとに行うことができる。一般的なWebプロキシサーバーでは、たとえばIPアドレスに基づくコンピュータごとの設定はできても、ユーザーごとの設定はできない。ユーザーごとの設定ができることのメリットは、たとえば生徒の実習教室で、生徒がログインすれば一定の制約がかけられたWeb閲覧となり、同じコンピュータでも教員がログインすれば制約のないWeb閲覧ができる、といった環境を作ることができる。

このようなことが可能になるのは、ISA ServerがActive Directoryのユーザー認証と連携できるからだ。

ところで本校のシステムでは、Internet Explorerの設定もグループポリシーで行っている。これは「グループポリシー」-「ユーザーの構成」-「ポリシー」-「Windowsの設定」-「Internet Explorerのメンテナンス」-「接続」-「プロキシの設定」で行う。ここに記述しておけば、どのユーザーもPCにログオンしたときに自動的にプロキシの設定をしてくれる。しかしWindows 8のクライアントにログオンしても、プロキシの設定が自動的にできない。これはWindows 8に実装されているInternet Explorerが新しいからだろう。

win8_005_mid_640

Internet Explorerのオプションを開くと、確かにプロキシの設定ができていないことがわかる。

win8_007_mid_640

win8_009_mid_640

そこでプロキシの設定を手作業ですることになる。このあたりはWindows 8の新しいInternet Explorerに対応したグループポリシーテンプレートが提供されると解決されるだろう。

win8_012_2_mid_640

次にプリンタの設定はどうか。たとえば「ワードパッド」を開き、何かテキストを書き、ドメインに登録されたプリンタを設定して印刷してみよう。文字が書けたら「ファイル」メニューから「印刷」を選び、印刷メニューを表示する。するとデフォルトでは「Microsoft XPS Document Writer」だけがあるので「プリンターの検索」ボタンを押して設定する。

win8_017_mid_640

win8_018_mid_640

するとドメイン管理下のネットワークプリンタが表示されるので、使いたいプリンタを選択して「OK」ボタンをクリックする。Windopws 7までならここで自動的にサーバーからプリンタドライバが配布されて設定が完了するが、Windows 8では「ドライバーがみつかりません」というエラーになる。これも当然であり、サーバーにWindows 8対応のドライバファイルが置いてないからだ。これもきちんとドライバーをサーバーにおいてやれば自動的に適用されるはずだ。

win8_021_2_mid_640

win8_022_mid_640

ここではサーバーの設定はしていないので、プリンタメーカーのWebサイトからWindows 8用のドライバをダウンロードして手動で適用する。

windows_8_printer_002_mid_640

いちどプリンタドライバを適用しておけば、再度おなじようにActive Directoryドメイン上のプリンタをインストールすると、次は問題なく接続できるようになる。

windows_8_printer_010_2_mid_640

このように、何の手当もせず既存のWindows ServerドメインにWindows 8を登録すると、いくつか手作業で設定しなければならない部分も出てくるが、基本的にActive Directoryでコンピュータやユーザーを管理できるようになる。Internet Explorerの設定やプリンタドライバの適用など、自動化できそうな部分については今後また検証を続けてみる。

<関連する過去の記事>

「2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールし、既存のWindows Server 2008ドメインに参加して利用する。Active Directoryへの登録はWindows XPからの従来どおりの手順と同じだ。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2012/11/28/2009%e5%b9%b411%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%80%9a%e8%a3%bd%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3fmv-t8190%e3%81%abwin-3/

「2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールした。問題はタッチパネルのドライバだが、Windows 7用のものを適用して問題なく使える。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2012/11/25/2009%e5%b9%b411%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%80%9a%e8%a3%bd%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3fmv-t8190%e3%81%abwindo/

「2009年11月に発売された富士通製ノートパソコンFMV-T8190にWindows 8をインストールすると、起動時間がWindows 7より半分ですむ。しかもスリープ状態からの復旧はなんと8秒。これなら授業でPCを時間の滞りなく使えるだろう。」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2012/11/27/2009%e5%b9%b411%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%80%9a%e8%a3%bd%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3fmv-t8190%e3%81%abwin-2/