ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘プログラミング’ Category

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る – カスタムブロックを複数作って表示する方法

leave a comment »

microbit を Makecode で開発するときに、一定のまとまったコードをブロック化する「カスタムブロック」の作り方を紹介した。

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2020/02/23/microbit-makecode%e3%81%a7%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b/

上記のページで紹介したコードでは JavaScript でカスタムブロックを使うことができるが、ブロックモードにブロックが表示されない。ブロックを表示するには次のようにすればいい。

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る – カスタムブロックの表示方法
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2020/02/24/microbit-makecode%e3%81%a7%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%96%e3%83%ad/

では複数のカスタムブロックを作るにはどうするか。次のように namespace に 2つの function を記述し、それぞれに名前をつけるといい。

makecode_2customblocks_001

makecode_2customblocks_002

気を付けなければならないことは、カスタムブロックの定義がビジュアル画面に反映されるタイミングが悪いことだ。まずカスタムブロックを定義したら、名前を付けて保存し、makecode のポータル画面に戻り、再度プロジェクトを読み込む、あるいは場合によってはブラウザを一旦閉じ、再起動しなければ反映されない場合もある。

正しくコードを書いていても画面に反映されないので「間違っているのではないか」と思うのだが、実はコードは正しく書かれている、ということがあるので気を付けよう。

2020年4月15日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年4月15日 at 11:03 午後

micro:bitで焦電型赤外線人感センサー AM312 を使う

leave a comment »

焦電型赤外線人感センサは人体から放出される赤外線を感知するもので、パッシブタイプとも言われる。人感センサに限らず多くのセンサーは 5V で動作するように設計されているが、micro:bit の I/O は動作電圧もセンサに供給できる電圧も 3.3V であるためセンサ選びに注意を要する。

いろいろなセンサを探していて、低電圧で動作する焦電型赤外線人感センサー AM312 を見つけた。簡単なスペックは以下の通り。

1.動作電圧 2.7 – 12V
2.ディレイタイム 2秒
3.ブロックタイム 2秒
4.トリガーモード 繰り返し
5.センサレンジ センサ角100度、3 – 5m
6.動作温度 -20度から60度

micro:bit とは次のようにジャンパケーブルとミノムシクリップを使って接続する。

P1350109_trimming_640_480

P1350111_mid_640_480

ディジタル値で検出するので、次のようなプログラミングをした。しかしこれでは正しく動作しない。

microbit_AM312_001

しかし、試しにアナログ値でセンサの値を読み取ると、検出していることがわかる。センサによって個体差があるだろうが、人がいないときは出力値がおよそ 10、人を検知すると 910 のアナログ値が得られる。

microbit_AM312_002

そこでプログラムを次のように変更する。

microbit_AM312_003

これで正しく人を検知できた。

P1350115_mid_640_480

このように実際のセンサを使う場合、ディジタル値を得られるセンサであっても理論通りに動作しない場合がある。これがセンサやデバイスに関するプログラミングの難しいところであり、面白いところでもある。

2020年2月26日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

 

 

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月26日 at 8:04 午後

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る – カスタムブロックの表示方法

with one comment

microbit を Makecode で開発するときに、一定のまとまったコードをブロック化する「カスタムブロック」の作り方を紹介した。

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2020/02/23/microbit-makecode%e3%81%a7%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b/

上記のページで紹介したコードでは JavaScript でカスタムブロックを使うことができるが、ブロックモードにブロックが表示されない。ブロックを表示するには次のようにコードを追加する。

microbit_拡張ブロック_101

まず namespace の前に //% で始まるセクションを書く。ここに記述するパラメータは、次のようなブロックのカテゴリに関するデザインを意味している。

weight : ブロックのカテゴリが表示される順番。数字が大きいほど上に表示される。70のとき、デフォルトで「無線」の下、「ループ」の上に表示される。

icon : Makecode に設定されているアイコンの番号。この番号に相当するアイコンがブロックのカテゴリに表示される。\uf076 なら磁石のアイコン、\uf077 なら上向きの「へ」の字アイコンになる。

color : ブロックのカテゴリの色。2桁の16進数で、前から RGB の値。#ff000 なら赤、#00ff00 なら緑、#0000ff なら青。

block : ブロックのカテゴリの名前。

次に export function の前に書く%// で始まるセクションには、個々のブロックのデザインに関するパラメータを書く。

block : ブロックの名前。

これでブロックモードに切り替えると、正しくブロックが表示され使うことができる。

microbit_拡張ブロック_102

microbit_拡張ブロック_103

注意する点は、カスタムブロックのデザインに関するコードを変更したとき、すぐに画面には反映されず、いちど保存して終了し、再度開くことでデザイナに反映される。これはデザイナのブロック表示が Makecode の開始時に初期化されるためだと思われる。コードを書いて、保存し、再度開くのは面倒だが現時点ではしかたないようだ。

2020年2月24日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月24日 at 7:45 午後

micro:bit – Makecodeでカスタムブロックを作る

with 2 comments

micro:bit は Mekecode でプログラミングするが、既存のブロックだけでなくカスタムブロックを作ってプログラミングに使うことができる。カスタムブロックは一定のまとまった動作をさせたいときに有効だし、オブジェクト指向を養う課題にもなる。

ただし Makecode のような Web ベースの開発環境は不断にアップデートされるので、ここで紹介するのはあくまでも現時点の方法だ。

Makecode を開いて「新しいプロジェクト」を開始したら、画面モードを「JavaScript」に変更する。左側の micro:bit シミュレータの下「エクスプローラー」が表示されるので、リボンの「+」をクリックする。ポップアップで「カスタムブロックを追加しますか?」と表示されるのでわかるだろう・

microbit_拡張ブロック_003

「カスタムブロックを追加しますか?」のメッセージが表示されるので「つづける」ボタンをクリックする。

microbit_拡張ブロック_004

すると次のような画面になり、カスタムブロックのひな形コードが表示される。

microbit_拡張ブロック_005

コードを LED が左から右に順番に点灯する簡単なものに変更しよう。

microbit_拡張ブロック_006

カスタムブロックができたら、エクスプローラーで main.ts をクリックして開き、カスタムブロックを使うコードを書く。

microbit_拡張ブロック_007

表示を JavaScript からブロックに変更すると、カスタムブロックが使われており、コードが正しく実行されることがシミュレータでわかる。

microbit_拡張ブロック_008

2020年2月23日
松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

Written by Yoshio Matsumoto

2020年2月23日 at 3:56 午後

9月21日に延期します – 2019年8月17日(土) – 第4回神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group (7月20日の予定を日程変更しました)

leave a comment »

※2019年9月17日更新
※2019年8月15日更新

主催者所用のため、8月17日は中止し、9月21日に延期いたします。参加ご予定の方々、まことに申し訳ありません。

※2019年7月5日更新

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めました。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

第2回からネットワーク環境で SQL Server を利用できるようにしました。LAN ポートで有線接続できるか、Wi-Fi 機能を持った Windows PC をお持ちいただければ SQL Server をインストールしなくとも管理ツール SSMS だけ設定すれば実習ができます。用意する SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 と SQL Server 2017 です。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_map bingmapで表示

神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日 18:00~19:30

第4回 2019年9月21日(土)18:00~19:30
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」
SQL Server には様々な関数が用意されています。今回はこの組み込み関数をビューやクエリで利用する方法と、ユーザーが独自の関数を作るユーザー定義関数の作り方を解説します。関数を効果的に利用することで、ビューやクエリをわかりやすくでき、システムのメンテナンス性も良くなります。
場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで
電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第4回20190921神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/136713/
運営費:500円

ご自分の Windows PCをお持ちください。

(定期開催の予定)

第1回 2019年4月27日(土)18:00~19:30(終了しました)
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30(終了しました)
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30(終了しました)
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

2019年7月20日(土)、8月17日は都合により中止します。

第4回 2019年9月21日(土)18:00~19:30(今回のご案内です)
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第5回 2019年10月19日(土)18:00~19:30
「トリガによるデータ処理の自動化」

第6回 2019年11月16日(土)18:00~19:30
「ストアドプロシージャの作成と利用」

第7回 2019年12月21日(土)18:00~19:30
「CHECK制約と参照整合性制約の設定」

※第8回以降の予定は決定次第ここにご案内します。

2019年8月15日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

2019年6月15日(土) – 第3回神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group

leave a comment »

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めました。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

第2回からネットワーク環境で SQL Server を利用できるようにしました。LAN ポートで有線接続できるか、WiFi 機能を持った PC をお持ちいただければ SQL Server をインストールしなくとも管理ツール SSMS だけ設定すれば実習ができます。用意する SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 と SQL Server 2017 です。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_map bingmapで表示
神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日 18:00~19:30

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」
ビューはテーブルから条件にあったデータを取り出したり、複数のテーブルのデータを関連付けて表示させるものです。必要なデータを必要に応じてわかりやすく表示するもので、データベースの最も特徴的な機能です。マイクロソフトの SQL Server では、SSMSを使ってマウス操作で視覚的にビューを作成することができます。もちろん SQL 文を使って作成することもでき、これらの方法を体験的に身に着けます。
場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで
電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第3回20190615神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/134449/
運営費:500円

(定期開催の予定)

第1回 2019年4月27日(土)18:00~19:30(終了しました)
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30(終了しました)
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

第4回 2019年7月20日(土)18:00~19:30
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第5回 2019年8月17日(土)18:00~19:30
「トリガによるデータ処理の自動化」

第6回 2019年9月21日(土)18:00~19:30
「ストアドプロシージャの作成と利用」

※第7回以降の予定は決定次第ここにご案内します。

2019年6月6日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

SQL Server に都市名を保存しておき Bing Maps から緯度経度値を取得する。そしてWebBrowser コントトールにカスタム URL を使って Bing Map を表示する。

leave a comment »

Bing Maps は単にブラウザを使って地図を表示するだけではなく、様々なオプションが用意されており開発者にとって使いやすい環境を提供している。たとえば Bing Maps のマッピングソリューションとカスタム URL を利用することによって、SQL Server データベースに都市名を取得しておき、データグリッドビューに表示してクリックすることで WebBrowser コントロールにマップを表示するようなアプリケーションを簡単に作ることができる。

BingMapVisualStudio_001_mid_640

試しにテスト用のアプリケーションを作ってみたのが上のものだ。SQL Server には世界各国の首都データがストアしてあり、首都名から Bing Maps API を使って緯度経度値を取得している。その緯度経度値から Bing Maps のカスタム URL を使って地図を WebBrowser に表示している。

このアプリケーションを本校の地理の授業で使ってもらおうと思っている。世界の都市を分類し、単元の目標に応じた地図を世界地図上で示す。拡大縮小をしマップをドラッグすることで地理がわかる。

この Bing Maps を使う Tips については、2019年6月22日(土)開催の .NETラボで解説します。場所は東京品川、日本マイクロソフト本社。

勉強会の申し込みはこちら「connpass」から。
https://dotnetlab.connpass.com/event/133891/?fbclid=IwAR3DsFRd4xIPZ5BO4wUN6HV_atukJCRgPfLp44r-rcfq7QzLdcks2eLvcrk

.NETラボ
http://dotnetlab.net/

2019年6月2日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

Visual Studio 2019 C# アプリケーション開発 – SQL Server と Bing Maps (1) – 緯度経度情報から地図を表示する Bing Maps のカスタム URL について

leave a comment »

住所や緯度経度情報から地図を表示するアプリケーションを作るにあたって気づいたことがいくつかある。ひとつはWebBrowserコントロールに Bing Maps を表示するとき、カスタムサイズの地図取得をするには embed オプションを使うことだった。embed オプションを使ったカスタム URL ならフォーム上の WebBrowser コントトールにぴったり収まる地図を取得することができる。これについては以前に書いた記事を見てほしい。

Bing Maps をアプリケーションで利用する – カスタムサイズのマップを WebBrowser コントロールに表示する – Visual Studio 2019 C#

Bing Maps のカスタム URL を使えば、緯度経度情報を指定して地球上の任意の地点を中心とする地図を取得することができる。たとえば兵庫県の神戸三ノ宮駅の緯度経度情報は、経度 135.194900、緯度 34.694840 であり、この地点を中心とする地図を表示するカスタム URL は次のようになる。

https://www.bing.com/maps?cp=34.694840~135.194900

cp オプションの後ろに緯度と経度の値をチルダで挟む書き方だ。これに地図の拡大率を指定するlvlオプションを使い、もっと拡大した地図を表示させてみよう。オプションを追加するには & 記号でつないていく。なおレベルのオプションは 1 から 20 までで、徒歩での行き先を示すための一般的な地図利用なら 18 くらいが適当だろう。

https://www.bing.com/maps?CP=34.694840~135.194900&lvl=18

地図上にコレクションのマークを付けることもできる。コレクションの位置を指定するオプションは sp で、緯度経度の指定を point オブジェクトで記述する。point オブジェクトの記述方法は、point に続いてドットをはさみ経度と緯度の値をアンダースコアで繋いで記述する。

https://www.bing.com/maps?CP=34.694840~135.194900&lvl=18&sp=point.34.694840_135.194900

「無題のアイテム」という名前のコレクションが表示されるはずだ。カスタム URL の point オブジェクトには緯度経度情報に加えてコレクションに表示する文字列を送ることもできる。このとき、文字にスペースを入れるには制御文字 %20 を使う。

https://www.bing.com/maps?CP=34.694840~135.194900&lvl=18&sp=point.34.694840_135.194900_Kobe%20Sannomiya%20Station

コレクションの表示を日本語にすることもできる。

https://bing.com/maps/default.aspx?CP=34.694840~135.194900&lvl=18&sp=point.34.694840_135.194900_神戸三ノ宮駅

2019年5月12日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

Bing Mapsをアプリケーションで利用する – カスタムサイズのマップを WebBrowser コントロールに表示する – Visual Studio 2019 C#

leave a comment »

WebBrowserコントロールを利用するとアプリケーション内で簡単にWebページを表示できる。Visual Studio 2019 を使って Windows フォームアプリケーションのプロジェクトを開始し、ツールボックスから WebBrowser コントロールを選んでフォームにドラッグするだけだ。

WebBrowserBingmaps_001_mid_640.png

WebBrowserBingmaps_002_mid_640.png

この WebBrowser コントロールに Bingmap で地図を表示するために、テスト用のボタンを作り、WebBrowser コントロールの Navigate メソッドで Bingmap を表示する URL を指定する。

——————————————————————————————————————–

private void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
webBrowser1.Navigate("https://www.bing.com/maps");
}

——————————————————————————————————————–

このプロジェクトで WebBrowser コントロールのサイズを 300 × 300 にしているのだが、取得した Bingmap は大きすぎてコントロールに収まらない。全体を見るにはスクロールする必要がある。これでは使いにくい。

WebBrowserBingmaps_003.png

Bingmap を必要なサイズで取得するには、embed オプションを利用したカスタム URL を利用する。カスタム URL はオプションを & 記号でつなぐようになっている。たとえば地図の拡大レベルを 18、緯度経度が 34.723653, 135.146139 のポイントを幅 300 ピクセル、高さ 300 ピクセルで表示するには次のようなカスタム URL を利用する。

——————————————————————————————————————–

https://www.bing.com/maps/embed?LVL=18&CP=34.723653~135.146139&W=300&H=300

——————————————————————————————————————–

フォームにもう一つボタンを作り、Click イベントに上記のカスタム URL を WebBrowser コントロールの Navigate メソッドに記述して試してみよう。

——————————————————————————————————————–

private void Button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
webBrowser1.Navigate("https://www.bing.com/maps/embed?LVL=18&CP=34.723653~135.146139&W=300&H=300 ");
}

——————————————————————————————————————–

WebBrowserBingmaps_005_mid_640

WebBrowserBingmaps_006_mid_640.png

プロジェクトをビルドして実行し、ボタンをクリックして Bingmap を表示させてみよう。フォーム上の WebBrowser コントロールにぴったりの大きさで Bingmap を表示し、ナビゲートできるようになった。

WebBrowserBingmaps_007.png

2019年5月11日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

2019年5月18日(土) – 第2回神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group

leave a comment »

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めました。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

<追記>
第2回からネットワーク環境で SQL Server を利用できるようにします。LAN ポートで有線接続できるか、WiFi 機能を持った PC をお持ちいただければ SQL Server をインストールしなくとも管理ツール SSMS だけ設定すれば実習ができます。用意する SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 と SQL Server 2017 です。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_map bingmapで表示
神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日 18:00~19:30

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」
データベースの作成とテーブル作成について実習します。実習の中でデータを一意に管理するテーブルの主キーについてや、Accessの「オートナンバー型」のようにデータに自動的に連番を与える方法、テーブル作成を SQL 文で行う方法などを体験的に身に着けます。
場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで
電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第2回20190518神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/130009/
運営費:500円

(定期開催の予定)

第1回 2019年4月27日(土)18:00~19:30(終了しました)
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

第4回 2019年7月20日(土)18:00~19:30
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第5回 2019年8月17日(土)18:00~19:30
「トリガによるデータ処理の自動化」

第6回 2019年9月21日(土)18:00~19:30
「ストアドプロシージャの作成と利用」

※第7回以降の予定は決定次第ここにご案内します。

2019年5月1日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。