ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘ロックバー’ Category

京都河原町四条のニューウェイブ・ロック・バー「ギャラクシー500」で朝まで飲み明かした

leave a comment »

京都河原町四条にあるニューウェイブ・ロック・バー「ギャラクシー500」に行った。店の名前になっている「ギャラクシー500」だが、1987年に結成され、1991年に解散したアメリカのロックバンドの名前でもある。マスターに聞き忘れたが、このバンドの名前が由来なのかもしれない。

IMG_1489_mid_640_480

とにかくマスターはニュー・ウェイブ・ロックの大ファンだ。壁一面に飾られたCDを縦横無尽に取り出し、リクエストに応えてかけてくれる。マスターお奨めの珍しいものも聴かせてくれる。話がはずんで朝まで飲み明かしてしまった。

IMG_1487_mid_640_480

かなり有名なミュージシャンもこの店を訪れるらしい。京都に住んでいる超有名な某プログレッシブ・ロック・バンドのキーボーディストも御贔屓らしい。他にも多くのニュー・ウェイブ、プログレッシブ・ロックのミュージシャンが店を訪れ、マスターと親交を深めているらしい。マスターは写真を見せながら嬉しそうにエピソードを語ってくれた。

店内には様々なパンク、ニュー・ウェイブ系のロックに関するグッズが置いてあるが、カンのボックスセットに目が留まった。それはオープン・リールのケースを再現したパッケージで、中に3枚のCDとブックレットが収められているという。ジャーマン・ロックの大御所「カン」の未発表テープを発掘したもので、オープン・リール・テープに録音されていたためにこうしたパッケージになったという。手に取って見せてもらったが、確かに子供の頃にさんざん使いまくったオープン・リールのテープケースと同じ大きさ、作りだ。懐かしい。

IMG_1486_mid_640_480

マスターに頼んで、このカンのスペシャル・ボックス・セットを手に取ってポーズを決めてもらった。

IMG_1484_mid_640_480

他の客が帰ってからは、俺と親友の二人で懐かしいニュー・ウェイブのCDを聴き、持って行ったギターをRolandのJS-8をバックに弾きながら好き放題させてもらった。マスターは俺のスタインバーガー・スピリットを初めて手に取ってみたようで、とても喜んでいた。

ロックファンなら行ってみろ。きっと朝まで飲み明かすに違いない。

ギャラクシー500_999

●ロック・バー「ギャラクシー500」
〒604-8024
京都市中京区西木屋町四条上がる紙屋町たかせ会館2階
Call : 090-8122-8048
アクセス:阪急河原町駅より徒歩3分、京阪祇園四条駅より徒歩8分
http://rockbar-galaxie500.com/home.html

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月24日 at 2:04 AM

ロックとプログラミング、新宿でプログレッシブ・ロックを語るPROGBAR

with one comment

実に個人的な意見なのだが、ロックとプログラミングは似ている。ロックもプログラミングも創造力が必要だ。どちらにも無限の可能性がある。革新的なものほどわくわくさせる。すぐれたプログラマーはロックも好きに違いない。とりわけプログレッシブ・ロックと呼ばれるジャンルのロックは革新的である。またロマンティックでエモーショナルである。その素晴らしいプログレッシブ・ロックのファンが集まるバーが新宿にある。それが「プログ・バー」だ。

IMG_2745_mid_640_480

場所は新宿、歌舞伎町2丁目だ。JR新宿駅からは北東のあたりにあり、西武新宿駅から東にカプセルホテル「グリーンプラザ新宿」の角を入り少し北に曲がるところにある。または靖国通りから入るなら、歌舞伎町交差点より一筋西側、JR寄りの筋を北に入るといい。PROGBARの近くで目印になるのは新宿警察署歌舞伎町交番だろう。住所は歌舞伎町2丁目38番8号8汐会館4階A号室だ。「汐会館」は「うしおかいかん」と読めそうだが、「ヤシオかいかん」と読むようだ。

IMG_2746_mid_640_480

マスターはプログレッシブ・ロックファンのオルガニストである。この店にはプログレッシブ・ファンが集まると同時に、有名なミュージシャンも訪れる。Webページはhttp://progbar.jp/top.htm、Facebookのファンページもある。

IMG_2747_mid_640_480

行ってみよう、と思う人のために、地図を載せておく。この地図を見てプログバーに行けば、マスターに「まつもとさんのblogを見て来ました」と言えばいい。何か特典があるわけではないが、きっと話ははずむはずだ。

ProgBar_0001

ProgBar_0002

ProgBar_0003

ProgBar_0004

ProgBar_0005

Written by Yoshio Matsumoto

2012年4月28日 at 1:17 PM