ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘教科「情報」’ Category

C# – 教科「情報」の授業で使うタイピングトレーニングのソフトを作っています。その 3。河端さんとのコラボレーション。Microsoft Flow と Microsoft Power BI で何ができるか。

leave a comment »

教科「情報」の授業で使うタイピングトレーニングのソフトを作っており、Microsoft SQL Server の大家であり Microsoft MVP でもあった河端さんと一緒に考えている。私は Visual Studio でクライアントの開発をし、河端さんにクラウドのアプリケーションを作ってもらっている。クライアントは Windows デスクトップアプリで、開発言語はもちろん C# だ。

河端さんには、クライアントアプリケーションから POST データを受け取るサービスを、Microsoft Flow で作ってもらった。Microsoft Flow で受け取ったメッセージを電子メールで通知する、といったシステムを、お互い離れた拠点でメッセージをやりとりしながら、およそ 30 分で作ることができた。これが現代的な開発スタイルだといえよう。

そして河端さんには、Power BI の分析ページを作ってもらった。こんなかんじだ。

文字入力トレーニングアプリ_003_PowerBI_1_mid_640

文字入力トレーニングアプリ_004_PowerBI_2_mid_640

文字入力トレーニングアプリ_005_PowerBI_3_mid_640

河端さんは、私がクライアントの Windows フォームアプリケーションを調整している間に、Microsoft Flow に送られたデータをこのように分析する Microsoft Power BI のフォームを作られていた。これらのビューを作るには、およそ 15分もあればよいそうだ。

このように、Microsoft Flow と Microsoft Power BI を使うとアイデアさえまとまればアプリケーションを作る手間は革命的に小さくなった。重厚長大のシステム開発の時代は終わったのだ。

C# – 教科「情報」の授業で使うタイピングトレーニングのソフトを作っています。その 2。河端さんとのコラボレーション。

leave a comment »

先日、SQL Server のスペシャリストで Microsoft MVP でもあった河端善博さんと久しぶりにお会いし、Microsoft Flow や Power BI の話をうかがった。実に興味深く、私がやっている IoT や情報教育で使う場面がないか考えた。そこで、まず今作り始めている文字入力トレーニングソフトのデータを Microsoft Flow で処理し、Power BI で分析することをやってみることにした。

まず、実習結果を自分で見るだけなら時間を計り正しく入力できたかどうかを判定できればよい。しかしデータを集約するなら、誰の実習結果かという ID が必要になる。そこで ID をどうするかを含めて、通信データのフォーマットを決めることにした。河端さんから提示されたのは次の項目だ。

"生徒識別子"
"経過秒数"
"スコア"

生徒識別子は文字列型とし、経過秒数やスコアのデータ型をどうするか相談をしたが、型がそろった方がアプリケーション側で作りやすいので文字列型にしてもらった。これに加えて次の項目を付け加えた。

手本文字数"

「スコア」は何文字まで間違いなく入力できたかの文字数を評価することにしているが、もともとの手本の文字数が何文字かがあった方が良いと考えたので、それを加えることにしたのだ。これらの集めるデータは今後どんどん変わっていく可能性があるが、とりあえずこの 4つの項目にすると決めた。データの送信は Web サービスの POST メソッドとし、渡すデータは json で記述することにした。こんなかんじになる。

{
"生徒識別子": "A0000",
"経過秒数": "10",
"スコア": "89",
"手本文字数": "100"
}

すでに作っているアプリケーションに「生徒識別子」のテキストボックスを追加し、Web サービスに POST するコードを書いた。

文字入力トレーニングアプリ_001_mid_640

その他の変更点は、入力するための原稿をテキストファイルにして保存し、アプリケーションの起動時に読み込む形にした。また入力原稿は教科書の本文とすることとし、入力分のはじめとおわりを表示して、教科書のどこの文を入力するのかを間違わないようにした。

私がアプリケーションを調整している間に、河端さんに Microsoft Flow で Web サービスを作っていただいた。河端さんに作っていただいた Microsoft Flow は次のようなものだ。Web サービスへの POST の結果を知りたかったので、電子メールで送信してもらうようにお願いした。次の画面は河端さんからもらったものだ。

18109673_10155304824759394_589213491_n_mid_640

何度か試験を繰り返し、正しくデータが送られることを確認した。データの送信確認は電子メールが送られてくることでわかる。

文字入力トレーニングアプリ_002_mid_640

このように、私が Visual Studio 2017 でアプリケーションを作り、河端さんが Microsoft Flow でクラウド側のシステムを作る。このコラボレーションが、実質 30 分ほどで動くシステムができあがった。

たとえば生徒の家庭学習などを IT でサポートする場面で、このように簡単にアプリを作ってクラウドの共有フォルダなどで配布し、練習結果を Microsoft Flow で受け取って集計する、Power BI で分析する、といったことが簡単にできる。何年か前なら、なんらかの学習システムみたいなものを作ったものだが、今やこのような時代だ。

Minecraft Windows 10 Edition は今なら 1,150 円。2,000 円の値引き。あと 11 日です。

leave a comment »

Windows ストアからダウンロードする Windows ストアアプリの「Minecraft Windows 10 Edition」はキャンペーン中で今なら大幅ディスカウントだ。いま見たところでは「あと 11 日です」とある。Windows ストアアプリは複数のデバイスを持っているユーザーなら、10 台までの端末にインストールして使うことができる。一人で何台ものデバイスを所有する時代にはとてもぴったりだ。

minecraft_ディスカウント_mid_640

とても面白く、教育にも利用できる可能性があるので、ぜひ試してみたい。

Minecraft Windows 10 Edition をインストールした

leave a comment »

Minecraft は様々なプラットフォーム向けの様々なエディションがある。コンピュータで使うエディションンは PC 版と言われるが、これにもいくつかのバージョンがある。ひとつは従来の Windows プラットフォームで動く「デスクトップアプリ」と呼ばれるもので、もうひとつは Windows 8 から使うことができるようになった「ストアアプリ」と呼ばれるものだ。「ストアアプリ」は「モダンアプリ」と呼ばれることもあり、タブレットなどで使うことを意識したインタフェースになっている。

Minecraft は最初「デスクトップアプリ」で作られてバージョンアップを繰り返してきたが、新しく「ストアアプリ」でも作られた。これが「Minecraft Windows 10 Edition」だ。

「Minecraft Windows 10 Edition」は Windows ストアからダウンロードする。新しく開発されているため、バージョンはまだ小さい。現時点でインストールしたものは、バージョン 1.0.7 だ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_mid_640

「ストアアプリ」の特徴はいろいろあるが、複数のデバイスを持っている人にとって嬉しいことは、購入したアプリは 10 台までのデバイスにインストールして使えることだ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_002_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_003_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_004_mid_640

この「Minecraft Windows 10 Edition」は使いやすいが、まだバージョンは低いのでこれからの開発に大いに期待している。また教育向けには「Minecraft Education Edition」があり、こちらは教育用に考えられた特別な機能を持っている。こちらも要注目だ。

小学生エバンジェリストたちがマイクライベントの発表準備をしています。 – 「マインクラフトとプログラミング教育」マイクロソフト関西支社セミナールーム 2017年4月22日(土)

leave a comment »

今週末、4月22日(土)にマイクロソフト関西支社セミナールームで開催する「マインクラフトとプログラミング教育」でエバンジェリストとして発表する小学生たちが発表の準備と打ち合わせをしています。

P1490052_mid_640_480

今日の打ち合わせでは、次のようなことを決めました。

1.発表は一人5分程度なので内容をコンパクトにまとめること。
2.それぞれ発表内容を決めること。
3.あらかじめ完成見本を作っておき、説明してから新しく作ること。
4.当日スムーズにデモができるように練習すること。
5.発表原稿を作ること。デモの手順も必要ならメモをしておくこと。
6.話しながらデモをするリハーサルをすること。

これらは子供たちがみんなで考えながら決めました。リハーサルをすると、しゃべりながらパソコンを操作することが想像以上にむつかしいことがわかり、発表原稿を作ることやデモの練習が必要だということがわかったのです。

今週末、4月22日をお楽しみください!

C# プログラミング – Visual Studio 2017 で作る Windows Form アプリケーションで起動時にテキストファイルを読み込む。

leave a comment »

教科「情報」の「情報の科学」の授業で、定期的に文字入力のトレーニングをするための簡単なプログラムを作っている。あらかじめ登録されたテキストと同じテキストをテキストボックスに入力し、正しく入力できたか、何文字入力したか、入力にかかった時間は何分何秒か、を記録するトレーニングツールだ。

文字入力トレーニングソフトの画面_mid_640

フォームのイメージはこんなかんじ。テキストボックスは「開始」のボタンが押されるまでは使えないようにしておき、「開始」で時間を計測する。「終了」で時間の計測を終え、入力できた文字列を評価する。

このプログラムを生徒に配布するのだが、入力原稿に相当するテキストを、その都度プログラム内に保存しなければならない。このとき、原稿テキストをテキストファイルにしておき、プログラムを起動するときに読み込むようにした。テキストファイルはプログラムと同じフォルダに置いてもいいが、ファイルが丸見えでは触られてしまう可能性が高いので「settings」フォルダの下に入れることとした。

文字入力トレーニングソフトの画面_002_mid_640_480

プログラムでテキストファイルを読み込むコードは次のとおりだ。

—————————————————————————-

myFileName = @"settings\inputtext.txt"; //テキストファイルの場所を示す
enc = System.Text.Encoding.GetEncoding("shift_jis"); //エンコーディングを指定

//テキストファイルの読み込み
try
{
    myInputTextString = System.IO.File.ReadAllText(myFileName, enc);
}
catch
{
    MessageBox.Show("テキストファイルがありません");
}

—————————————————————————-

これで、生徒にプログラム本体とテキストファイルが入った「settings」フォルダを一緒に配布すればいい。

兵庫県立兵庫高等学校の「情報の科学」授業スライドを Docs.com で公開しています

leave a comment »

昨年度も部分的に公開していた「情報の科学」の授業スライドを今年度も Docs.com で公開することにした。

Docs.com
https://docs.com/user775272

docs.com画像_mid_640

授業で使うパワーポイントのスライドだけでなく、ワークシートや小テストも公開する。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月19日 at 10:22 PM