ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘文具’ Category

もはや角型 9V の 006P 乾電池は積層電池ではないのか – Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うために 006P 乾電池を分解して AAAA 単6乾電池を取り出すとプラスとマイナスが逆形状だった

leave a comment »

昔は、で始まることが多くなり、歳をとったことと時代の変化を感じる。角型 9V の 006P 乾電池は「積層乾電池」と呼ばれた。もともとソニーがトランジスタラジオの乾電池として開発したようだが、ギタリストにとってはエレキギターのエフェクターに使われる電池として必需品だった。006P というコードがこの電池の形状をあらわすもののようで、9V という高電圧を得るために内部に 1.5V の起電力を持つ乾電池を複数積み重ねた構造を持っていた。以前は横にスライスしたように、薄いペレット状、たとえるならタブレット型のガムのような形のものを 6 個積み上げた構造だった。子供の頃、乾電池を分解して中の構造を見ることをよくやったが、積層乾電池も分解して中を見て感心した覚えがある。

この 006P 乾電池だが、今は多くのものが単6型、AAAA 型の筒形乾電池を 6個たばねた内部構造をしているようだ。これだと「積層電池」というよりは「連結電池」「束ねた電池」と言いたいところだが、複数の電池を組み合わせているのでやはり「積層電池」と言うらしい。

電池の種類や構造をあらわす形式番号では、単6型乾電池6本積層タイプはマンガンは 6R61 、アルカリは 6LR61 とあらわし、角型一体積層タイプは 6F22 や 6LF22 とあらわすようだ。

一方、AAAA 形式の乾電池は「単6型」と呼ばれるが、これは ANSI 規格、米国国家規格協会 American National Standards Institute 規格の筒形乾電池であり、日本には規格がないようだ。そのためか、Surface Pro の専用 Surface ペンで使われるが、一般に入手が困難で値段も安くない。

Amazon_SurfacePen_mid_640

Amazon_AAAA_単6電池_mid_640

すでに何人もの人が単6電池を手に入れるために、006P 9V 積層電池を分解していることをネットでも公開しており、実際そのようなことができるかどうかやってみた。

念のため、乾電池の分解は自己責任であり、加熱、発火の危険もあるので安易にまねをするのはやめてほしい。とりわけアルカリ電池は内部抵抗が小さいのでショートしたときに過大な電流が流れるためたいへん危険だ。

P1110797_mid_640_480

買ってきたのはこれ。ダイソーで 100 円のアルカリ 006P 積層乾電池。形式番号は 6LR61 とあるので単6電池で構成されていると判断できる。

実際に近寄ってみると、縦に筋が入っていて内部が想像できる。

P1110799_clip_640_480

ペンチやニッパーで分解していく。角から少しずつ。巻いてあるラベルも内部もプラスチック製なので分解しやすい。子供の頃に分解した 006P 積層乾電池は金属製のパッケージだったが。

P1110800_clip_640_480

P1110803_mid_640_480

P1110805_mid_640_480

P1110806_mid_640_480

P1110807_clip_640_480

取り出すとこのように 6 本の単6型乾電池が連結した構造になっていた。ここで気を付けてみておけばよかったのだが、分解することしか頭になかったので、ペンチとニッパーを使って連結金具を全部きれいに取り外してしまった。

P1110809_clip_640_480

金具を取り外してばらばらにして並べてはじめて気が付いた。電池の両端のうち、かすかに出っ張っているのがマイナス極で、プラス極が平らになっている。見た目にはプラスとマイナスが逆のようになっている。

P1110810_clip_640_480

実際の単6電池と並べるとこんなかんじ。実際の単6電池のプラス極はかなり出っ張っていることがわかる。試しにこのまま Surface ペンに入れてみたが、やはりまったく使えない。プラス側に出っ張りをつけなければいけない。もし電池を分解するときに接続金具を一部残したままにしておけば、それが出っ張りになったのだが、後の祭りだ。

そこではんだ付けをしてはんだの出っ張りをつけた。だがこのように乾電池に直接はんだづけをすることは本当はしてはいけない。表面を加熱しただけでははんだはきちんとつかないので、かなりじっくりとはんだごてをあてて加熱することになる。そうすると乾電池の内部構造を熱で傷めることになるからだ。

P1110811_clip_640_480

はんだでプラス極を盛り上げると、Surface ペンでちゃんと使えるようになった。

P1110812_mid_640_480

単4乾電池、AAA の大きさは直径 10.5 mm、高さ 44.5 mm。単6乾電池、AAAA の大きさは直径 8.0 mm、高さ 42.0 mm。このサイズならマイコンボードを組み込むときの電源に使うのもよさそうだ。今回は Surface ペンに使うためにはんだでプラス極を盛り上げるという荒っぽいことをしたが、写真でもわかるようにプラス極側の表面シールが変色してしまっている。かなりの熱を加えた結果だ。このようなはんだ付けをせずに利用するには、分解するときに接続金具を残しておくか、あるいは器具の電池ボックス側でプラス極の形状を工夫するなどが必要だろう。

P1110815_clip_640_480

重ねて言うが、乾電池の分解は自己責任であり、加熱、発火の危険もあるので安易にまねをするのはやめてほしい。とりわけアルカリ電池は内部抵抗が小さいのでショートしたときに過大な電流が流れるためたいへん危険だ。またはんだ付けなどをすると、電池の内部構造が傷みメーカーの保証が得られないどころか火災の原因になる可能性もある。あくまでも知的好奇心を満足させるための実験だ、と理解してほしい。

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – バンド型ソフトペンケース(オレンジ)

leave a comment »

東京品川の日本マイクロソフト本社で開催された 2015 Microsoft Asia MVP RD Meetup の会場で開かれていた Microsoft Company Store のブースでは、このペンケースがホワイトとオレンジの2種類だった。あらためて言うまでもなく、マイクロソフトはオレンジ、グリーン、ブルー、イエローの4色を会社のテーマ色に配置しているので、おそらくこのペンケースも少なくとも他にグリーン、ブルー、イエローがあるに違いない。

P1080423_mid_640_480

マイクロソフトのロゴグッズは、経験上、同じモデルが長く売られることはないように思うので、なくなったらそれきりだと思われる。今回は出店だったので、品川本社のストアに行けばきっと他の色もあるに違いない。色が他にもあると思えば全色そろえたくなる性格なので、早めに行きたいな。次はいつ行けるかな。

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – バンド型ソフトペンケース(ホワイト)

leave a comment »

東京、品川の日本マイクロソフト本社にある Microsoft Company Store で買ったマイクロソフトのロゴグッズを紹介している。ちなみにここで紹介しているものはすべて自前でお金を出して買ったもので、「これは欲しい!」と感じたものだけを紹介している。ストアで買ったものは友人へのお土産にしたり自分で使ったりする。マイクロソフトグッズは他ではなかなか手に入らないのでお土産にするとたいへん喜ばれる。喜ばれるとこちらもうれしいので、ついつい多めに買って帰ったりする。

P1080419_mid_640_480

Microsoft Company Store は東京品川の日本マイクロソフト本社で営業をしているが、大きなイベントがあるときは出張して出店を開くことがある。先日開催された 2015 Microsoft Asia MVP RD Meetup のイベントでも会場まできて出店してくれていた。このペンケースはそのとき買ったものだ。

P1080420_mid_640_480

素材は薄くペラペラした感じだが縫製はしっかりしている。大きさも小さめだ。多くのペンを入れることはできず、せいぜい数本だろう。写真では2本のボールペンと 1本の Microsoft Surface Pen を入れてみた。

P1080422_mid_640_480

この大きさと軽さはこのように Surface に巻いてちょうどいい。Surface Pro のタイプカバーが持ち運ぶときにパタパタしないでくれる。

このペンケースは Surface Pro のよき相棒としよう。

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – USBモバイルバッテリー(シルバー)

leave a comment »

つい先ほど、東京品川の日本マイクロソフト本社にある Microsoft Company Store で売っている USB モバイルバッテリーの紹介をしたが、イベント中にこの blog を書き、いろんな人に自慢して回ったらたちまち売り切れになってしまった。そこで色違いのシルバーについても紹介しよう。

P1080378_mid_640_480

P1080379_mid_640_480

P1080381_mid_640_480

パッケージも形状も、短めの USB ケーブルの添付品もゴールドと同じだ。ゴールドは高級感のあるゴージャスなかんじだが、シルバーは落ち着いた大人の雰囲気である。こちらもいいぞ。買え!早く買わないと売り切れてしまうぞ。レジに走れ!

 

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – USBモバイルバッテリー(ゴールド)

leave a comment »

日本マイクロソフトの本社は東京品川にある。そこにはマイクロソフトのロゴグッズなどを売っている、マイクロソフトカンパニーストア Microsoft Company Store がある。日本マイクロソフト本社でイベントがあるときは、必ずここにより、何かいいものはないかチェックし、お土産を買って帰る。またこのストアは、大きなイベントのときには出前出店があり、イベント参加者は買い物ができたりする。今回は Microsoft MVP Asia RD Meetup のイベントに参加したときに見つけたグッズを紹介する。

P1080365_mid_640_480

<日本マイクロソフト本社にある Microsoft Company Store で買ったUSBモバイルバッテリー>

スマホなどモバイル端末が出先で電池切れにならないように持ち運ぶモバイルバッテリーだ。USBコネクタで給電できるので、ほぼどんなモバイル機器でも利用できるだろう。

P1080366_mid_640_480

形は円筒形。マイクロUSBの短いケーブルが添付している。

P1080370_mid_640_480

どうだ。かっこいいだろう。これを見たとき、即座に買うことを決めた。これに似た形で黒色のものは、先日、米マイクロソフト本社のカンパニーストアでみかけたが、このゴールドはなかった。高級感いっぱいだ。満点。東京品川マイクロソフト本社に行ったときは、ぜひこれを探し求めよう。買え!

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – 多機能ホルダー

leave a comment »

東京品川にある日本マイクロソフト本社には、ロゴグッズを取り扱う「カンパニーストア」がある。「カンパニーストア company store」とは会社の購買部の意味で、米シアトルのマイクロソフト本社には以前からあった。会社の購買部なので本来は社員のためのショップの意味だが、いまでは一般の人も御土産に買うことができる。日本マイクロソフト本社にあるカンパニーストアはマイクロソフト直営ではなく、コレクションウィズという会社が運営しているようだ。

コレクションウィズ
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目7-3 新興ビル3F
http://www.collection-inc.com/

日本マイクロソフト本社に行ったときは、このカンパニーストアに顔を出して何かお土産を買うことにしている。ただ開店時間が短いので、イベントの後などでは閉まっていることもある。イベントが始まる前か、昼休みに買い物をすませておくのがいい。

今回買ったのは、マイクロソフトのロゴが入った多機能カードケースだ。カードケースといっても大きめで、ちょっとしたセカンドバッグの代わりになるようなものだ。角は大きく丸みをとられ、ファスナーで閉じるように作られている。色はマットな黒。合皮でレザー感はない。機能重視だ。

IMG_0266_mid_640_480

開くとこんなかんじ。ペンホルダーやファスナーで閉じられるポケットもある。このポケットの裏側も二重になっていて物を挿めるようになっているし、カードホルダーの裏側にも仕切りのあるポケットがある。メモなどをうまく整理できそうだ。

IMG_0267_mid_640_480

難点は少し重いことだ。アメリカ人にあわせて作られた文具や携行品は、日本人には微妙に大きく重く感じられることが多い。これだけ持つならいいが、常時カバンの中に入れて持ち歩くには重厚すぎる気がする。

セカンドバッグ代わりにして使うことが多くなりそうだ。