ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘日曜大工’ Category

高等学校教科「情報」教員はパソコンデスクの天板を修理するか。

leave a comment »

コンピュータ教室に設置されたパソコンデスクの足カバーが壊れているので自分で修理したのだが、天板も剥がれかけているところがあることに気づいた。ついでにこれも直してしまおう。

ここで修理に使う接着剤も、ダイソーで買ったエポキシ2液混合タイプのものだ。エポキシ接着剤は一般に効果速度が遅いが、これは速乾性で10分も経てば水あめ程度に固まってくる。

P1330764_mid_640_480

足カバーを修理するときと違い、ここでは一定の面積に接着剤を塗るので、へらを使う。

P1330826_mid_640_480

完全に接着剤が硬化するまで養生テープで押さえておく。

このように高等学校教科「情報」の教員はパソコンデスクを修理もするのだ。

高等学校教科「情報」教員はパソコンデスクの足カバーを修理するか。

leave a comment »

コンピュータ教室にコンピュータデスクが並んでおり、足にプラスチックのカバーがついている。このカバーは、スチールの足を保護するためのものだが、おそらくキャスター付きのイスの足があたってのことだろうが、あちこち割れていることに気が付いた。

P1330781_mid_640_480

近寄るとこんなかんじで、かなり凶暴に割れている。

P1330777_trimming_640_480

これでは生徒が足をぶつけて怪我をするかもしれない。とはいえ、このカバーを外すとスチールがむき出しになるので外すわけにもいかない。外しても危険である。このエッジが切り立ったスチールから保護するためにカバーが付いているのだから。

P1330795_trimming_640_480

いくつかは応急処置的に養生テープを巻いてみた。しばらくは止まってくれるが、そのうち剝がれてくる。

P1330770_mid_640_480

このカバーは簡単に取り外しできるように作られているため、同じものを注文して取り替えられそうだ。学校設備に関することは事務室の管轄なので、事務室に相談した。このような場合、学校によるのだが、必ずしも理解が得られるとは限らない。今回のケースでは、まず「型番を教えてください」と言われた。しかしパソコンデスクにメーカー名も型番も書いていないので私にはわからない。むしろ事務室が知っているはずなのだが、と思いながら「生徒が怪我をするかもしれないので探して買ってほしい」と言ったが「型番がわからないと注文できません」で終わった。

P1330785_mid_640_480

そこで自分で修理することにした。修理に使ったのはエポキシ2液混合タイプの接着剤だ。これはエポキシ接着剤のなかでも硬化速度が比較的早いものだ。「約10分で硬化」と書かれているが、実際、2液を混ぜて10分も経つと水あめ程度に固まってしまう。この接着剤はダイソーで買ったものだ。

P1330757_mid_640_480

紙の上に2液を等量押し出し、つまようじで混ぜる。割れているところに塗り、養生テープで押さえる。完全に硬化するには時間がかかるので押さえておくのだ。養生テープにはエポキシ接着剤は張り付かないので、硬化した後でパリッと剥がすことができる。

P1330827_mid_640_480

強度をかせぐために割れたところを内側からかぶせるように厚めに接着剤を盛っておく。

P1330789_mid_640_480

硬化するまで時間がかかるが、そのあいだカバーを外したままにもできないので、待つ間にも机の足に取り付けておく。

P1330788_trimming_640_480

高等学校の教科「情報」教員は、このようにパソコンデスクの修理もしなければならないのだ。

IKEA の収納ボックス TROFAST の収納フレームをコンパネで作り LEGO の収納棚にする

leave a comment »

家族そろって LEGO 好きだ。米ロサンゼルスのレゴランドにも、マレーシアのレゴランドにも行ったほどだ。LEGO を分類して収納するために適当な収納ボックスを探していて、IKEA で良いものをみつけた。いくつかのサイズがあるが、大きさが 42x30x10 cmのものを選んだ。名前は TROFAST、商品番号は 001.416.70。値段は 1個 300円。

IKEA_TROFAST_mid_640

この収納ボックスは大きさは適当なのだが、これを収納するフレームに気に入ったものがない。そこでコンパネで収納フレームを自作することにした。

まずだいたいの設計図、というかデザインを描く。収納ボックスの縦横の大きさに若干のあそびをもたせた内法にする。ヒンジの深さを考慮して溝を作る。溝はコンパネの余りを横面に張り付けて作る。コンパネの厚みが 1.2mm なのでちょうどいい深さになる。1枚のコンパネから取れる板の大きさから、6段タイプにした。

P1100577_mid_640

デザイン図から、もう少し詳細な設計をする。1段の高さ、ヒンジの深さは適切か、遊びはどのくらい必要か、内法と外のりのサイズの違い、横と背面、天板と床板をどう組み合わせるかを考え、コンパネ材の厚み 1.2mm を考慮して組み立てを考える。

P1100576_mid_640_480

そしてコンパネから材料を切り出す図面を書く。コンパネの切断は自宅ではうまくできないので、購入時にホームセンターで切ってもらう。このように切り出すと、ちょうど 900mm × 1800mm のコンパネ 1枚を無駄なく使うことができる。

P1100575_mid_640_480

材料はこんなかんじ。

P1100556_mid_640_480

ヒンジがひっかかる溝を作るために、側面の板に内側から板を張り付ける。まず木工ボンドを塗る。

P1100563_mid_640_480

板を貼ったらずれないようにピンチで抑える。そしてキリでねじ穴をあける。

P1100560_mid_640_480

ねじは板の厚みから長さを考えて、突き抜けない長さを選ぶ。板の厚みが 1.2mm なので、かなり短いねじを使っている。キリであけた穴に差し込み、電動ドライバーでねじ込む。

P1100562_mid_640_480

内側の溝を作ったところ。

P1100564_mid_640_480

次に箱を組み立てる。一人では安定しないので、誰かに手伝ってほしいところだ。

P1100566_mid_640_480

片側の側面を取り付けた。

P1100567_mid_640_480

片側ができたら、収納ボックスを収めてみて横幅の内法を確かめる。内法の幅は広すぎると収納ボックスが引っかからないで落ちてしまうし、狭すぎると出し入れしにくい。やってみるとちょうどいいかんじだ。

P1100568_mid_640_480

あとは天板と床板を取り付ける。角をあわせて、ずれないように。

P1100569_mid_640_480

収納ボックス TROFAST を一段入れてみる。いい具合だ。

P1100571_mid_640_480

床板には下から上に向けてねじを止めているが、しっかりねじ込んだつもりだが、使っているうちに緩んでくる可能性がある。ねじが緩むと置いている床を傷つけることになるので、ここを処理したい。

P1100574_mid_640_480

端材が少しあるので、それを床に貼って足にする。

P1100579_mid_640_480

床面に 5枚の端切れの板を貼った。これで 900mm × 1800mm のコンパネを全く余すことなく使い切った。

P1100597_mid_640_480

TROFAST 収納ボックスを入れてみよう。完成だ。

P1100599_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2016年1月16日 at 3:00 午後