ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘楽器’ Category

Epiphone SG のペグを交換する

leave a comment »

Epiphone には長い歴史があるようだ。トルコのイズミル出身のギリシャ人、アナスタシオス・スタトポウロがニューヨークに工房を開いたのが始まりだと言われている。当初はバイオリンやリュートを製作していたが、20世紀初頭からマンドリンの製作を開始し、ジャズの流行に伴ってバンジョーの設計、製作で成功したようだ。社名が Epiphone となったのは 1928年。しかし 1957年にはギブソン社に買収される。1970年代には生産拠点を日本に移したこともあり、1982年頃からアジア諸国での生産も開始した。他のギターメーカーでもそうだろうが、長い歴史の中には生産スタイルの変遷があり、ひとつのブランドでも製造時期によって品質はかなり違っていると思われる。

P1480037_mid_640_480

さてこの Epiphone SG は親友から譲り受けたものだ。SG といえば AC/DC のアンガス・ヤングが使うギターだという印象が強い。ギターを弾く間ずっと頭を振り回すスタイルは一度見たら忘れられないだろう。アンガス・ヤングはスコットランドのグラスゴー生まれで、オーストラリアのシドニー育ち。AC/DC もシドニーで結成され、オーストラリアのロック史を刻むバンドだろう。しかし何十年も前になるが、オーストラリア人と知り合って音楽の話になったとき、オーストラリアのロックなら AC/DC が日本でも有名だと話すと、そんな話は聞きたくないといったように不満げな顔をされたことがある。オーストラリアでも AC/DC はキワモノ扱いなのかもしれない、とその時思ったことが忘れられない。

ところで今まで SG はまともに弾いたことがなかったが、手に取ってみるとボディがいやに軽いことがわかる。ネックの方が重く、弾いているとネック側が垂れ下がるかんじすらある。もうひとつは弦のテンションが弱いからか、チョーキングをすると大きく音が上がる。フェンダー系よりネック長、スケールが短いこともあるだろう。ダイナミックなビブラートをかけられるかんじだ。

Epiphone SG にはクルーソンタイプのペグが使われているが、ブッシュの材質はプラスチックで打ち込み型となっており、経年変化で劣化し取れることを免れない。このギターもペグがひとつ傷んでいる。

P1480038_mid_640_480

P1460928_mid_640_480

P1480039_mid_640_480

そこで交換用のペグを購入して交換することにした。もともとのペグには Epiphone の「e」マークがなく、色も金色だが。

P1480041_mid_640_480

ドライバーで壊れたペグを取り外す。

P1480046_mid_640_480

P1480047_mid_640_480

もちろん外したペグは捨てずにとっておく。

P1480050_mid_640_480

交換用のペグを取り付ける。大きさが同じなのでネジ穴もそのままだ。

P1480052_mid_640_480

交換できた。ブッシュの材質も少し違うが、それほど違いは目立たない。しかし軸が金色で、先端も丸くなっているので交換したことがわかる。いっそ全部交換しようかとおもったが、せっかくのオリジナル状態を残した方がいいと考えて、交換したのは壊れたペグだけにした。

P1480055_mid_640_480

横から見ると違いがはっきりわかる。

P1480037_mid_640_480

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月11日 at 10:43 AM

YAMAHA Pacifica 112 のブリッジをボディに密着させるためトレモロスプリングを追加する

leave a comment »

たいへん気に入って弾いている YAMAHA 112 だが、ひとつ不満なことがある。それはトレモロブリッジが少し浮いた状態になっているのだ。これはギタリストによって好みが分かれるところだが、トレモロアームプレイを多用するギタリストは、こうしたフローティング状態を好むかもしれない。しかしチューニングの安定性が失われ、弦の響きも損なう可能性がある。どちらかと言えば俺はストラトが好きなのだが、アーミングは多用しない派なのだ。

P1480243_mid_640_480

トレモロブリッジを押さえている、というか引っ張っているというか、その機構はボディの裏側にある。バックプレートを外してみると内部がわかる。

P1480248_mid_640_480

P1480250_mid_640_480

バックプレートを外すとトレモロブリッジを引っ張っているスプリングが 3本しかない。スプリングはギタリストによって好みがあり、この 3本スプリングを好むプレイヤーも多い。バネの本数が少ないとトレモロブリッジを引っ張る力が弱いので、ブリッジが浮いた状態になるのだ。

P1480255_mid_640_480

そこで市販のギターパーツを探し、ストラトキャスター用のトレモロスプリングを買ってきた。6本入りだったが、このうち 2本をギターに追加する。

P1480259_mid_640_480

トレモロスプリングの片方は「へ」の字型に曲がっており、トレモロユニットの穴に差し込むようになっている。こちら側は指で簡単に差し込める。

P1480268_mid_640_480

トレモロスプリングの片方をトレモロユニットに差し込んだら、反対の輪になった方をボディの金具にひっかけるのだが、かなり強く引っ張らないといけないので指では難しい。先の曲がったラジオペンチがあるとやりやすいだろう。ラジオペンチでトレモロスプリングの輪の方をつまんで引っ張り、金具に掛ける。

P1480271_mid_640_480

2本のトレモロスプリングを追加して 5本フルの状態にした。

P1480273_mid_640_480

トレモロユニットの状態をギターの表側で確認すると、いい具合にぴったりとボディに密着している。テンションが強いので、アーミングには力がいるだろう。だがトレモロユニットがボディに密着しているだけで安心感がある。

P1480279_mid_640_480

最後はバックプレートをネジでとめて終了だ。

P1480273_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月11日 at 3:12 AM

YAMAHA Pacifica 112 – SSH のスタンダードなエレキギター

leave a comment »

型番が 112 だということはわかっているのだが詳細はわからない。ボディ塗装は茶色、フレットはローズウッド指板のようだ。2nd STREET でみつけた。

P1480210_mid_640_480

ボディに傷もほとんどなく、状態はいい。

P1480211_mid_640_480

ピックアップは使いやすいスタンダードな SSH。

P1480212_mid_640_480

ブリッジもごく標準的なストラトタイプのもの。機能性は乏しい。

P1480220_mid_640_480

ヘッドの Pacifica YAMAHA のロゴ。

P1480222_mid_640_480

ヘッドはネックに対してほぼフラット。典型的なフェンダー、ストラトタイプで、指板に対して段差をつけながら並行に設計されている。

P1480227_mid_640_480

ヘッドの裏には 112 の数字がある。

P1480210_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月11日 at 2:48 AM

中国製の Bluetooth ヘッドフォン Bluedio HURRICANE TURBINE

leave a comment »

中国製の品質のいいデバイスを日本でも手に入れやすくなってきた。日本の Amazon でも買うことができる。長い間カナル型のイヤホンを常用していたが、久しぶりの密閉型ヘッドフォンだ。

P1470861_mid_640_480

P1470862_mid_640_480

このヘッドフォンは Bluetooth で接続できるが、ミニイヤホンプラグで有線で接続することもできる。添付部品に USB ケーブルとミニイヤホンプラグが付いていた。

P1470863_md_640_480

Windows Phone の Bluetooth で検索すると Bluedio で接続できる。

P1470868_mid_640_480

Amazon で少し前は 1,999円だったが、今は 2,499円になっている。

Bluedio T2S Turbine 2 Bluetoothワイヤレスヘッドホン Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月2日 at 10:38 PM

「マンネリ打破のためのアウト・フレーズ練習帳」でわかったソロプレイの真髄

leave a comment »

P1440459_mid_640_480

世には様々なギター教則本があるが、大別するとギターの構造やピッキングと運指法、楽典の基本、メジャー、マイナー、ペンタトニックなど基本スケールの解説などの初心者向けの内容のもの、ドリアン、リディアン、コンビネーション・オブ・ディミニッシュなどスケール理論を網羅的に解説したもの、ジャズやブルースなど特定ジャンルの演奏法を解析し、また典型的な著名なギタリストのフレーズを解析し、奏法を解説するなどしてその人らしい演奏ができるようにガイドするもの、そして最近の流行に思えるのは、トレーニング用に作られた短いフレーズを列挙し、いわば小学生の算数ドリルのように積み重ねる練習法を示すものがある。しかしこの本はそれら数多の教則本にないことが解説されている。

この本を読みいくつかのエクササイズを試すと、音楽というものが時間の流れとともにある芸術であることに気付かされる。そもそもこれは当たり前のことなのだが、この当たり前のことに気づくと、世にある数多の教則本には時間の流れについての解説が欠如していることがわかる。極論をいえば音楽とは時間と空間をコントロールする芸術なのだ、と。

この本では、まずペンタトニックスケールを元にしたアウトスケールの考え方が示される。軽く読んだときは、ペンタトニックから派生するとはずいぶん単純な解説だと思ったが、CDの模範演奏を聴きながら楽譜を読み、自分で弾いてみるとその奥の深さがわかった。本の中盤でモード的解釈やクロマティック、ディミニッシュ、ホールトーンなどスケールの解説がされるが、おそらく筆者は冒頭の章と最後のまとめの章ですべてを言い尽くしたのではないか。つまり、アウトスケールというものは時間の流れとともに組み立てられるもので、そこには既存の網羅的に解説されたスケールなどというものは後付けの解釈にすらならず、アウトスケールに対しては全く無意味なものであると。

この本からアウトスケールの真実を知ると、たとえばコード進行がなになにのときはこれこれスケールと使うといったような理論は、ギターソロの分野においては、あたかもピアノのバイエルをなぞっているだけであって、そこからは全くオリジナルな演奏は出てこないことがわかる。アウトスケールは時間と空間をコントロールする場において、いかに自分らしい流れの音空間を作るかであって、そこに全く理論は関係ない。だからこそ音楽は永遠に未開の地であり、無限の可能性があり、すべてのプレイヤーが自分だけのアウトスケールを作り出す可能性があるのだ。この本は俺の目から鱗を落としてくれた。

時間と空間をコントロールする芸術。音楽の世界もいつかはアインシュタインのような偉人が出現し、E=MC2のような理論式を見つけ出してしまうかもしれない。そうなれば、もはや秘密は失われ、音楽は真に芸術の地位から脱落してしまうのだろう。

それまでには、まだまだ、やれることがある。

電子工作でエレキギター用ファズ「世界で一番やかましいファズ」TREBLERを作る(その1) – 回路を組み立てケースの穴あけ加工をする – 教科書は大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」

leave a comment »

大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」は、エレキギター用のエフェクター自作マニアにとってバイブルといえるものだ。この書籍からいくつか気になるエフェクターを自作しているが、今回は「世界で一番やかましいファズ」と名づけられた TREBLER を作る。

IMG_4785_mid_640_480

<Fig.1 : 大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」のTREBLER>

まず市販のユニバーサル基盤を回路にあう大きさにカットする。できた回路はケースに収めるが、ボリュームやジャック、乾電池などのスペースを考え、きちんと収まるように考えなければいけない。選んだケースの大きさにもよるが、いわゆるコンパクト・エフェクター程度の大きさとすれば、以外に中のスペースは小さい。

IMG_4757_mid_640_480

<Fig.2 : 市販のユニバーサル基盤をカッターで切る>

ユニバーサル基盤を適当な大きさにカットしたら、部品を取り付ける前にケースに取り付けるためのビス穴をあけておく。基盤をケースにどうやって取り付けるか、も一考に値するが、あとで取り外しをすることも考え、ボンドなどで固定することはせず、ねじで取り付けることとした。部品を半田付けし回路を組み立てた後では、穴をあけるような力を加える作業はしないほうがいい。そこで回路を組み立てる前に穴をあけておく。

IMG_4759_mid_640_480

<Fig.3 : カットした基盤の隅にケースに取り付けるためのビス穴を開けておく>

半田付けで部品を取り付け、回路を組み立てたところ。この回路は比較的小さく、コンパクトにまとまっている。ケースは金属製のものが望ましいが、金属製は値段が高いので安価なプラスチック製のケースを選んだ。そこでノイズを拾う心配があるので、入出力の結線にはシールド線を使っている。

IMG_4760_mid_640_480

<Fig.4 : 完成した回路>

この回路はシンプルで、ボリュームは出力レベルを調整するもの1個だけだ。ケースのどのあたりに配置するか、見当をつける。ボリュームには配線のためのタグが出ているので、取り付けの向きをどちらにするかを考えながら位置を決める。

IMG_4761_mid_640_480

<Fig.5 : ボリュームの位置を決める>

ボリュームや標準ジャック、乾電池の位置を決めたらケースの穴あけ加工をする。定規を使って正確に中央を決め、鉛筆などで印をいれておく。穴あけはまずきりのようなものである程度の穴をあけ、広げるにはテーパーリーマーを使う。ケースの材質がプラスチックなので、リーマーを使うと少しの力で穴が大きくなる。回しすぎて大きくなりすぎないように注意しよう。また真円にならずに八角形のようになるかもしれないが、かまわない。またボリュームの軸穴の横に、からまわり防止の穴も開けよう。

IMG_4765_mid_640_480

<Fig.6 : 中心を決め鉛筆で印を入れ、きりで穴をあける>

IMG_4768_mid_640_480

<Fig.7 : テーパーリーマーで穴を大きく広げる>

IMG_4773_mid_640_480

<Fig.8 : ボリュームの軸穴と空回り防止の穴が開いた>

IMG_4775_mid_640_480

<Fig.9 : 開いた穴に仮にボリュームをあててみる>

ボリュームの穴をあけたら、ジャックを取り付ける穴をあける。これも左右対称になるように、定規で位置を決めながら開ける。最初はきりで、次にテーパーリーマーで広げる手順は同じだ。穴があいたら、ボリュームとジャックを仮に取り付け、基盤を置く位置を確かめる。

そして乾電池を入れる位置を決め、基盤を固定するための木の位置を決める。木はホームセンターで売っている工作用の細い角材を使っている。木は2液混合タイプのエポキシボンドでしっかりと固定する。接着剤にはいろいろのタイプがあるが、素材を選ばすしっかり固定できる2液混合タイプのエポキシボンドがいい。ただこの接着剤は、完全に固化するまで時間がかかるので、作業はここで一時中断することになる。できれば1日以上の間をあけたい。

IMG_4777_mid_640_480

<Fig.10 : ジャックの穴をテーパーリーマーで開ける>

IMG_4779_mid_640_480

<Fig.11 : ボリュームとジャックをケースに取り付け、乾電池の位置を決め、基盤を取り付ける木を接着剤で固定する>

電子工作でエレキギター用ファズFoxey Ladyを作る(その2) – 組み立てたパーツをケースに装填する – 教科書は大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」

leave a comment »

大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」を見ながらエレキギター用ファズ「Foxey Lady」を作った。回路の組み立てまでを前回紹介したが、その後、パーツをケースに装填するところを紹介する。

電子工作でエレキギター用ファズFoxey Ladyを作る – 教科書は大塚明著の「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ制作講座」
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2013/07/20/%e9%9b%bb%e5%ad%90%e5%b7%a5%e4%bd%9c%e3%81%a7%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%a8%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%bafoxey-lady%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b-%e6%95%99%e7%a7%91/

IMG_4734_mid_640_480

<Fig.1 : エレキギター用ファズ「Foxey Lady」の全体>

ケースに取り付けなければならないパーツのうち、外部に出るボリュームと標準ジャックの位置を考える。たいていのエフェクターはこのように本体表面の上部にボリューム類が並び、本体側面にインプット、アウトプットの標準ジャックがある。また多くの場合は本体表面の上部、足で踏んで安定する中央部分にスイッチが取り付けられるが、今回は常時ONのエフェクターとしてスイッチなしとした。スイッチをなくすことで結線が簡単になるし、なんといってもスイッチは高価なのでコスト削減になる。音の切り替えが必要ならば、セレクトスイッチをエフェクター外部で結線することで対応できる。

IMG_4735_mid_640_480

<Fig.2 : ボリュームの取り付け部分>

ボリュームには空回り防止のツメがある。そこでボリュームを固定する穴の横に、もうひとつ小さな穴、空回り防止のツメが入る穴をあけておく。こうすればボリューム固定のナットが緩んでも、ボリューム本体が空回りすることを防止できる。ただ、こうすればケース表面に穴が見えるので、美的には問題があるかもしれない。この穴が気に入らないならば、ボリュームのツメを切り落としてしまう方法もある。その場合はネジの緩みによるボリュームの空回りに気を付けよう。空回りを放置しておくと、内部の結線が引っ張られて線が切れたりする可能性がある。その場合は、内部配線を長めに、余裕をもってつないでおく、など気を付けると良いだろう。

IMG_4736_mid_640_480

<Fig.3 : 標準ジャックの取り付け部分>

インプット、アウトプットの標準ジャックは本体側面の中央あたりに取り付ける。こちらはジャックの大きさに穴を開けてナットを締めるだけだ。

IMG_5035_mid_640_480

<Fig.4 : 基盤取付用の木材をケースに固定する>

基盤を本体に取り付ける工夫はいろいろある。メーカー製ならケースの内側にビス穴をモールドしてネジで固定するだろう。あるいはボリュームやジャック類を基盤に固定して保持する方法もあるだろう。今回は木ネジで基盤を固定することとし、本体に基盤取付用の木材を取り付けた。木材は2液タイプのエポキシ接着剤でしっかりと固定する。完全に固化するまで一昼夜おく。

IMG_4733_mid_640_480

<fIg.5 : 基盤を本体に木ネジで固定する>

完成した基盤に木ネジがとおる穴をあけ、ケースに接着した木材に固定した。写真では見えないが、木ネジの基盤裏側には3mm程度のプラスチック製スペーサーを通してあり、木材から浮き上がるようにしている。

IMG_4738_mid_640_480

<Fig.6 : 006P積層乾電池の収納スペース>

エフェクターには006P、9Vの積層乾電池を使うことが多い。本体に収め固定するために、基盤の位置を積層乾電池が収まる位置に考慮した。このままケースを閉めれば固定されるが、もし不安なら基盤と電池の間にプラ版などを挟むとよいだろう。

IMG_4737_mid_640_480

<Fig.7 : 完成したエフェクターの内部>

これで完成だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2013年12月10日 at 10:43 AM