ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘赤ワイン’ Category

今夜の赤ワイン – FRONTERA CARMENERE – チリ産

leave a comment »

カルメネール種の赤ワインを飲もうと思ったら、これがいちばん手に入れやすいかもしれない。FRONTERAはメルシャン株式会社が輸入販売しているチリ産の赤ワインだ。ただ、たいていはカベルネ・ソーヴィニヨン種のものが売られているので気をつけよう。カベルネ・ソーヴィニオンはラベルに赤色の帯で「CABERNET SAUVIGNON」と書かれており、ボトルキャップも赤色のプラで覆われている。カルメネールはオレンジ色の帯で「CARMENERE」とありボトルキャップもオレンジ色だ。近所のスーパーでもカベルネ・ソーヴィニオン種のものは常時おいてあるが、カルメネール種は置いていないことも多い。

IMG_1542_mid_640_480

IMG_1543_mid_640_480

IMG_1544_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月24日 at 1:09 AM

今夜の赤ワイン – CARMEN CARMENERE – チリ産

leave a comment »

カルメネール種の葡萄を使ったワインも手に入りやすくなった。大手スーパーでも輸入ワインが棚に並ぶようになったし、輸入食材の専門店が増えたために手に入れやすくなった。この赤ワインも近所の輸入酒店でみつけたものだ。

カルメネール種の特徴は、深い香りと適度な苦みにある。酸味は少ない。甘くもない。この香りと苦みがわかる人に飲んでもらいたい。国産のテーブルワインとは一線を画す味だ。

IMG_1108_mid_640_480_

IMG_1109_mid_640_480

IMG_1110_mid_640_480

輸入者はコルドンヴェール株式会社。ワインを中心とする酒類や他の輸入食材をてがけている、イオン系列の会社だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月12日 at 12:56 AM

今夜の赤ワイン – KAARA CARMENERE – チリ産

leave a comment »

「カルメネール」は元来フランスのボルドー産赤ワインの品種だったが、結実が悪かったことと害虫によって現在この地域では見かけないようだ。かわりにチリではよく育ち、チリワインを代表する品種になっている。完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、日照期間の長いチリのぶどう産地で育てやすかったらしい。よりよく知られるようになったためか、スーパーや輸入酒店で「カルメネール」の赤ワインも見かけるようになった。

KAARAはチリワインのブランドで、ぶどう種の異なる様々なワインを出している。赤ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、白ワインはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、など。

赤ワインの味もいろいろで、また人それぞれ好みがあるので一口には言えないのだが、俺のお気に入りは「カルメネール」種を使ったワインだ。なかでもこのKAARAは手ごろな値段で、しかも美味しい。

IMG_1104_mid_640_480

IMG_1105_mid_640_480

IMG_1106_mid_640_480

このKAARAの輸入代理店はコルドンヴェール株式会社だ。原産国はチリ。ボトルの裏ラベルには「赤果実のアロマにほんのりとバニラの風味を感じ、口に含むとレッドベリーやコショウ、スパイスの味わいがします。タンニンはソフトでイキイキとし、フィニッシュにはエスプレッソのようなニュアンスを感じます。」とある。

赤ワイン好きは、ぜひいちど試して欲しい。

Written by Yoshio Matsumoto

2013年6月10日 at 11:18 PM