ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘E-Ink’ Category

Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する

with one comment

先日かった kindle fire は Amazon アカウントが最初から紐づいていたが、この kindle paperwhite はアカウントが紐づいていなかった。Amazon アカウントに紐づいていないと、Amazon で買った電子書籍を読むことができない。

P1510222_mid_640_480

「登録」メニューで「Amazon アカウントを既にお持ちの方」をタップする。

P1510224_mid_640_480

Amazon アカウントとパスワードを入力する。

P1510227_mid_640_480

Amazon アカウントを登録すると、Wi-Fi 経由で購入書籍がダウンロードされる。

P1510229_mid_640_480

マイクロソフト MVP の木澤さんの本をダウンロードできた。これでいい。

<追伸>前回の記事はこれ
Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92-wi-fi-%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/

Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする

with 2 comments

kindle paperwhite をパッケージから出したら、まずやることは充電だ。そしてしっかりと充電できたら、次は本体のセットアップをする。本体のセットアップで最も肝心なことは Wi-Fi 接続の設定だろう。そのために kindle paperwhite の MAC アドレスの値を知る必要がある場合がある。

P1510151_mid_640_480

本体が起動する。おなじみの kindle 起動画面だ。

P1510182_mid_640_480

「はじめましょう」はい。わかりました。次へ。

P1510186_mid_640_480

すると Wi-Fi ネットワークの設定画面が表示される。

P1510190_mid_640_480

「はじめましょう」ではまずWi-Fi 接続の画面が出る。ここで利用できる Wi-Fi ステーションの一覧が表示されるが、我が家のネットワークは単にパスワードだけで認証されるのではなく、MAC アドレスの登録も必要になっている。したがってここで設定することができない。

そこで画面の下部に表示される「Kindle セットアップを後で完了する」をクリックし、いったんセットアップを終了する。

P1510198_mid_640_480

そして kindle のメニューから「設定」を表示し、さらに右上のメニューアイコンをタッチして「端末情報」を開こう。

P1510209_mid_640_480

すると「端末情報」の項目に「Wi-Fi MAC アドレス」の項目がある。これを Wi-Fi 無線ルーターに登録する。

P1510211_mid_640_480_edit

<追伸>前回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その1 – 開封から充電
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91-%e9%96%8b%e5%b0%81%e3%81%8b%e3%82%89%e5%85%85%e9%9b%bb/

<追伸2>次回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93-amazon-%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a7-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e7%99%bb/

Amazon kindle paperwhite を買った – その1 – 開封から充電

with one comment

e-ink を搭載した kindle を最初に見たときは驚いた。このような電子タブレットは液晶しか知らなかったので、まったく紙と同じように見ることができる e-ink に目から鱗が落ちた。最初の kindle は第2世代の kindle2 だった。ホワイトの本体はなんとなくスターウォーズのストームトゥルーパーを想起させたのは俺だけだったのだろうか。パッケージを開け充電ケーブルを差し込んだ瞬間を忘れることはできない。e-ink の表面にあった充電を示す図は、印刷されたシートが貼ってあると思い込んでいたが、それが一瞬のうちに消え、ああ、これが e-ink なのか、と衝撃を受けた。

P1510115_mid_640_480

それから大型の kindle DX を買い、小型で薄く軽量化した第4世代の kindle を買い、以降は大きな変化がなかったのでこれらの kindle を使い続けた。kindle の e-ink は、液晶と違い明るいところでも、というかむしろ明るいところで紙の書籍と変わらない感覚で読めるところだが、ここで革命がおきた。e-ink の周囲に LED 照明をつけた kindle paperwhite の発売だった。

kindle paperwhite は明るいところで読める kindle に、暗いところで読める液晶タブレットの良さを付け加えた電子ブックだ。これには大いに心を惹かれたが、暗いところで本を読むシーンがあまりなかったので買うことなくすぎてきたが、ここにきて第3世代の kindle paperwhite では解像度が 300ppi に高くなった。そして Amazon はプライム会員向けのディスカウントコードを発行した。これは買うしかない。

P1510116_mid_640_480

届いた kindle paperwhite はコンパクトなパッケージに収められている。「本を買った」という実感が感じられるようなデザインになっている。

P1510119_mid_640_480

本体を収めた中箱はスライド式に出てくるようになっている。

P1510121_mid_640_480

このシールを剥がせば開封だ。

P1510122_mid_640_480

中箱の裏にはエンボス加工された amazon のロゴが光る。

P1510126_mid_640_480

パッケージを開けたところだ。この画面も e-ink の画面だ。印刷物ではない。

P1510128_mid_640_480

パッケージの仲は 2段になっており、本体の下には説明書が 2冊と充電用の micro USB ケーブルが入っている。

P1510129_mid_640_480

説明書を取り出したところだ。

P1510134_mid_640_480

micro USB ケーブルは少し硬めのしっかりした長めのものが入っている。

P1510138_mid_640_480

micro USB ケーブルがまとめられた紙にも amazon のエンボス加工ロゴがある。

P1510140_mid_640_480

本体を取り出し、ポリの包みから取り出したところ。

P1510145_mid_640_480

本体は極めてシンプルなつくりで、下部に電源ボタンと micro USB コネクタがあるあけだ。

P1510148_mid_640_480

裏側はややマットな感じの手触りで、さらりとしている。心地よい。amazon のロゴが上側にあり、接続部分はどこにもない。

P1510151_mid_640_480

まずは、しっかりと充電しよう。

<追伸>続きはこれです。
Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92-wi-fi-%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/

Amazon Kindle DXの画面が破損 – E-inkパネルは突起物の圧迫に弱いので注意 – ソフトケースではなくハードケースに入れよう

leave a comment »

IMG_0915_mid_640_480

<Fig.1 : 破損したAmazon Kindle DXのE-ink表示パネル>

Amazon Kindle DXを旅先に持って行ったのだが、スーツケースを開けて取り出したところ、このような無残な姿になってしまっていた。いったい何がおこったのか、すぐにはわからなかった。

このKindle DXは傷がつかないように常時クッション素材のケースに入れており、衝撃による破損やE-ink表面の擦り傷などはつかないようにし気を付けていた。E-ink画面の欠落が縦横に切り取られたように見えることから、最初見たときは何らかの衝撃でE-inkパネルの接触不良がおこったのかと思った。しかしどうやらそうではないらしい。

IMG_0916_mid_640_480

<Fig.2 : 破損したAmazon Kindle DXのE-inkパネル表面をよくみる>

E-inkパネルの欠落部分をよく見ると、広く右側が方形に切り取られたように見えるが、左上あたりにガラスが割れたような放射状の跡がある。その中央部には圧迫痕があり、横から見るとパネルがへこんでいるように見える。指で触るとでこぼこしているのがわかる。

IMG_0918_mid_640_480

<Fig.3 : 破損したAmazon Kindle DXのE-inkにみられる圧迫痕>

写真ではわかりにくいかもしれないが、おそらく何かの突起物がE-inkパネルに接触し、圧迫されたために壊れたと思われる。圧迫された部分から放射状に表示が壊れ、さらに広範囲に白化しているところが奇妙ではある。

勝手な思い込みだが、E-inkのパネルは比較的強いのではないかとたかをくくっていた。だが突起物の圧迫には気を付けなければならないことが明らかである。これは恐らくE-inkをパネルに使った他の電子ブック、たとえばSONYのReaderなどでも同様だと思われる。これらの電子ブックはE-inkパネルを突起物が圧迫しないよう、ハードなプロテクトケースが必要である。ソフトケースだけでは不十分なのだ。

だが、このような電子ブック端末はカジュアルに使いたいので、できればもう少し堅牢に作って欲しかったところだ。持ち運ぶ時もできればケースなどに入れず、カバンにそのまま入れ、使うときにはさっと出してすぐ読める、というように使いたい。もちろん本体は軽い必要もあるので作る側にとっては難題かもしれないが、ぜひ堅牢化をすすめてほしい。

このAmazon Kindle DXは第二世代にあたるもので、Amazonのカスタマーサービスによれば現在はもう手に入れることができない。現在販売されているKindle DXは黒色で、これは第三世代の機種だ。他の電子ブックには、このKindle DXのような大画面のものはなく、さらに白色の筐体がとても気に入っていたので残念でならない。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年7月19日 at 1:15 AM

Kindle 第4世代 – 広告付き79ドルを愛用している

leave a comment »

Amazon Kindleは2007年11月19日に発売された。これが第1世代である。この第1世代Kindleのスペックは、ディスプレイが600×800ピクセル、4階調グレースケール、本体のサイズは19.1cm×13.5cm×1.8cm、重さは292g、内部メモリーは180MBで約200冊の本を記憶、そして第2世代Kindleからは廃止されたSDメモリーカードスロットが搭載されていた。充電式電池寿命は 2日から1週間、サポートするファイルフォーマットはKindle専用のAZW、TXT、PDF、MOBI、PRCだった。

この第1世代KindleはWebで写真で見るところでは、ずいぶん厚くていかにも扱いにくいように思える。

第2世代のKindle 2は2009年2月23日に発売、スペックはディスプレイ600×800ピクセル、16階調グレースケール、本体サイズは203.2mm×134.6mm×9.1mm、重量289gとなり、重量はさほど変わらないが厚みがずいぶん薄くなった。内部メモリーは2GBと大きくなり、かわりにSDメモリースロットが廃止された。サポートするファイルフォーマットも充実し、Kindle専用のAZW、TXT、PDF、MOBI、PRCに加え、Audible、MP3、HTML、DOC、JPEG、GIF、PNG、BMPである。この基本スペックが現行Kindleに踏襲されている。

2009年6月26日に発売されたKindle DXは大型で、Kindleの名前を付けているが別ラインナップと言っていい。基本スペックはディスプレイサイズが9.7インチ、824×1200ピクセル、本体サイズが264mm×183mm×9.7mm、重量は536gで内部メモリーが4GBであること以外はKindle 2と同じであると言っていいだろう。

これら第2世代のKindleとKindle DXはワールドワイドの販売が米Amazonで行われ、日本でも買うことができるようになり、雑誌やWeb、Blogなどで取り上げられた。これが電子ブックの火付け役になったと言って過言はないだろう。

2010年8月25日には第3世代のKindle 3が発売された。ディスプレイのサイズが6インチ、600×800ピクセル、16階調グレースケール、本体サイズが190mm×123mm×8.5mm、重量はWi-Fi版が241g、3G+Wi-Fi版が247g、内部メモリーが4GBとなり、Kindle 2をベースに小型化、軽量化、大容量化したというモデルチェンジといえるが、大きく変わったのはWi-Fi版と3G+Wi-Fi版を分けたことと、日本語対応がされたことである。

このKindle 3は2011年9月28日、第4世代のKindelが発売されるタイミングでKindle Keyboardと改名された。第4世代のKindleは現行モデルで、単にKindleと呼称されている。つまりレギュラーモデルはキーボードをつけない、という戦略になったと思われる。

2011年9月28日にはカラー液晶のKindle FireとE-Inkで画面のタッチ操作が可能なKindle Touchが発売された。

現行モデルは第4世代にあたるKindle、本体が白から黒に変更されたKindle DX、Kindle Keyboard、Kindle Fire、Kindle Touchということになる。ここで紹介したいのは最軽量、最低価格の第4世代Kindleだ。

IMG_1991_mid_640_480

<Fig.1 : 第4世代のKindleパッケージ>

このKindleは、今年2012年の2月から3月にかけて渡米したときに買ったものだ。オレゴン州のBest Buyの店頭で買った。ちなみにオレゴン州は消費税がないので買い物をするのにいい。米国ではKindleはAmazonサイトから買うだけでなく、Best Buyのような店で買うこともできるのだ。

IMG_1994_mid_640_480

<Fig.2 : 第4世代Kindleのパッケージを開ける>

IMG_2006_mid_640_480

<Fig.3 : パッケージから出したKindleの下にUSBケーブルが入っている>

パッケージはとても簡素で、添付品はUSBケーブルのみだ。Kindle 2やKindle DXには一体型のUSB給電ACアダプターが入っていたが、この第4世代Kindleには入っていない。

IMG_2018_mid_640_480

<Fig.4 : 第4世代Kindleの本体正面>

第4世代Kindleを本体正面から見た。ボタンも少なくとてもシンプルな形状だ。手前に並んだボタンは左から「戻る」、「バーチャルキーボードの表示」、中央に5-wayコントローラーと名付けられた十字キー、「メニュー表示」、「ホーム」の各ボタンだ。左サイドに大きさの違う2つのボタンがあることがわかるだろうか。上の短いボタンは「ページを戻る」、下の長いボタンは「ページを先に進む」だ。この2つのボタンは、この写真ではわかりにくいが右サイドにも同じものがある。右側でも左側でもボタンを押してページを「めくる」、「戻る」の操作ができるのは便利だ。

この写真はパッケージから出して充電する前の状態だ。USBケーブルを繋いで充電するようにという図が出ている。これはディスプレイに紙が貼ってあるのではなくて、E-Inkディスプレイ自体に表示されている。E-Inkを初めてみたときは紙が貼ってあるとしか思わなかった。

IMG_2021_mid_640_480

<Fig.5 : 第4世代KindleのUSBコネクタと電源ボタン部分>

第4世代Kindleは本体手前下部の中央にUSBコネクタと電源ボタンが隣り合って配置されている。

IMG_3702_mid_640_480

<Fig.6 : キッチンスケールで第4世代Kindleの重さをはかる>

公称スペックでは重量が5.98 ounces、1オンスは約28.35gなので、約169.5gということになるが、家庭用のキッチンスケールでの秤量で160gだった。軽い。

IMG_3665_mid_640_480

<Fig.7 : 第4世代Kindleをジャケットの内ポケットに入れる>

第4世代Kindleは軽くて薄い。このようにジャケットの内ポケットに入れても全く違和感がない。ただ気を付けなければならないのは、E-Inkの表面は傷つきやすく、また尖ったもので力を加えるとディスプレイ自体が割れてしまうので取扱いは丁寧にするのがいい。ジャケットの内ポケットに入れて持ち運びたいところだが、なにかプロテクトになるものが欲しいところだ。専用ケースに入れたりするとKindleの軽量性、薄さの良さが減じるので残念なところだが。

もっぱら通勤ではこの第4世代Kindleを愛用している。これのおかげで通勤途中ずいぶん読書ができるようになった。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年6月17日 at 1:40 AM

Kindle DXのE-Inkが壊れた

leave a comment »

IMG_0932_mid_640_480

<Fig.1 : E-Inkが破損したKindle DX>

このところKindle DXばかり使っていた。Kindle DXはお気に入りの電子ブックリーダーだ。レギュラーサイズのKindleが600×800ピクセル、6インチのE-Inkパネルに対して、Kindle DXは824×1200ピクセル、9.7インチのE-Inkパネルサイズである。現行のKindleは日本語フォントを搭載しているが、俺が持っているレギュラーサイズのKindleはKindle 2であり日本語フォントがない。またKindle DXも同様で日本語フォントはない。そこでこれらのKindleでは文庫本をスキャンしてPDFにして読んでいるのだが、レギュラーサイズのKindle、E-Inkが6インチでは文庫本を読むのに文字が小さすぎて少し辛いところがある。しかしKindle DXの9.7インチサイズE-Inkディスプレイでは、文字が大きくとても読みやすい。

サイズが大きいためKindle DXの重量はレギュラーサイズKindleより重い。レギュラーサイズKindle 2が、公称289g、実測290gだったのに対して、Kindle DXは公称536g、実測545gだった。545gという重量は、通勤カバンに入れて日々持ち歩くことについて実質的に満足できる重量ではあるが、やはり289gのKindle 2を持つと、その差を感じてしまう。

とはいえ、画面サイズの大きさが良いので毎日通勤カバンに入れて持ち歩いていたのだが、ある日、通勤電車に乗るときにカバンからKindle DXを取り出すと、このようになってしまっていた。

IMG_0933_mid_640_480

<Fig.2 : Kindle DXの壊れたE-Ink>

E-Inkの上部半分ほど、右側よりに広範囲で表示できなくなっている。よく見るとパネル左上あたりにひびらしきものがスポットを形成している。

IMG_0934_mid_640_480

<Fig.3 : 壊れたE-Inkにはひび割れのスポットが形成されている>

まったく意識していないのだが、このディスプレイの状況から考えて、カバンの中にあった何か硬いもの、それは音楽プレイヤーか携帯電話かわからないが、それらデバイスの角かどこから圧迫して壊れたように思われる。

E-Inkのパネルは硬いように見えるが、意外に脆いものらしい。Kindle DXはウレタンのケースに入れていたのだが、そのような柔らかいケースではだめだったようだ。少し前にはレギュラーサイズのKindle 2のE-Inkが壊れたが、あれはまったく物理的な影響はなかった。このKindle DXの破損とKindle 2の破損は別の原因だと思われるが、それにしても堅牢性には欠けているように感じる。AmazonのKindleページには、浜辺でKindleを持っている写真や子どもがベッドで読んでいる写真、スーツの内ポケットにそのままKindleを入れている写真などがあり、カジュアルな利用シーンを想像させているが、このようなラフな使い方はお勧めできないようだ。

Written by Yoshio Matsumoto

2011年11月29日 at 1:46 AM

もう手放せない。KindleのE-inkは直射日光でも読みやすい。まさに、紙の感覚だ。

leave a comment »

子供の頃は推理小説、そしてSFを良く読んだ。本が好きだったし読むのも早かった。いちばんよく本を読んだのは、小学生の高学年から中学生にかけてだったように思う。中学生になってロックを聴くようになってから、興味は小説から音楽に変わっていき、とりわけ社会人になってからは仕事で本を読むことはあっても、趣味の読書、それも小説を読む機会がめっきり減っていた。

しかしKindleを手に入れてから大いに読書欲がそそられ、サスペンスや推理小説などを読み漁っている。ところでKindleは第二世代のいわゆるKindle 2と大判のKindle DXを持っているが、最近のお気に入りはKindle DXである。なんといっても大きい画面が目に優しく読みやすい。まだまだ普段は意識しないのだが、はっきりと視力は落ちている。いわゆる老眼である。

手元の小さい文字が読みにくいことと、ある程度の大きさの文字であっても、暗くなると途端に読みづらくなる。レギュラーサイズのKindleに文庫本をスキャンしたPDFを入れると、もとの文庫本よりもややサイズが小さくなってしまうところが難点だ。しかしKindle DXなら文庫本の文字も大きくクリアに読むことができる。

しかもKindleのE-inkの特徴は、バックライトによる液晶表示とは異なり、ほとんど紙の感覚にちかいことだ。まさに「E-ink」という名前はぴったりである。

IMG_7011_mid_640_480

<Fig.1 : Kindle DXを屋外に持ち出して読書をする>

これがKindle DXで文庫本をスキャンしたものを読んでいるところだ。もともとの文庫本よりもずいぶん文字が大きく見え、とても読みやすい。

IMG_7015_mid_640_480

<Fig.2 : 直射日光に当たっても紙と同じ感覚で読みやすいKindle DX>

Kindle DXを屋外に持ち出し、くっきりと半分直射日光に当たった状態だ。KindleのE-inkが直射日光の下でも紙と同じ感覚で読めることがわかるだろう。

IMG_7014_mid_640_480

<Fig.3 : 文庫本の文字が大きくくっきりと読めるKindle DX>

Kindle DXの画面を接写でデジカメに撮ってみた。普通の文庫本をScan SnapでPDF化したもので、何も手を加えていない。スキャンの解像度は300dpiの「スーパーファイン」で白黒二階調だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2011年10月21日 at 6:24 PM