ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘eneloop’ Category

中国製のポータブル Bluetooth アダプターでオーディオシステムを無線化して Windows Phone から音楽を再生する – YET-M1

leave a comment »

中国製の電子機器を手に入れやすくなった。日本の Amazon サイトでも、おそらく個人事業レベルで中国から輸入代行をしていると思われる業者が安価なデバイスを販売している。今回試したのは、既存のオーディオシステムに取り付けて簡単に無線化する Bluetooth アダプターだ。一応型番は YET-M1 とあるが、異なる型番で微妙に表面印刷や部品の色が違うものがあるようで、おそらく中身は同じではないかと思われる。

P1510670_mid_640_480

パッケージの裏側。

P1510671_mid_640_480

パッケージから出した。本体とミニステレオケーブルが入っている。

P1510673_mid_640_480

本体の片側がキャップになっており、キャップを外すと USB コネクタがある。

P1510675_mid_640_480

USB コネクタの反対側はミニステレオジャックになっている。ここからアナログ音声信号を取り出す。

P1510678_mid_640_480

さて一方オーディオセット側は通常 RCA ピンジャックという接続コネクタになっているはずだ。俺の家にあるオーディオセットもそうなっており、背面からピンコードが取り出してある。ゲームマシンをつないだりパソコンをつないだりすることが多いので、いちいち裏側をごそごそしなくていいようにしている。

P1510679_mid_640_480

そこでステレオミニプラグと RCA ピンプラグの変換ケーブルを用意する。

P1510684_mid_640_480

電源は USB の充電池を使った。eneloop だ。

P1510695_mid_640_480

Windows Phone で Bluetooth 接続をする。

P1510696_mid_640_480

Bluetooth をスキャンすると YET-M1 と表示される。ペアリングする。

P1510700_mid_640_480

そして Scorpions を聴く。

P1510701_mid_640_480

この Bluetooth アダプターは、200 円で買った。ミニステレオケーブルも同梱されていることを考えると、実質 100 円で買ったようなものだ。では実際、音はどうかと言えば、気になるのは無音時のノイズだ。このノイズは、この製品のものなのか、あるいは接続ケーブル、Windows Phone、もしかしたらオーディオセット自体にあるのかもしれないが、ロックのような曲を聴く限りでは気にならないが、クラシックや現代音楽などを聴くときには気にならざるを得ない。

しかし、オーディオのオペレーションが手元のスマートフォンなどのデバイスでことロールできる便利さはいい。まだ慣れないので、音を大きくしようと思わず椅子から立ち上がってオーディオセットに向かい、ああ、そうだ、手元の Windows Phone を操作すればいいのだ、と思い直すことがあったが、慣れればこれほど便利なものはない。

ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod TouchのためにSANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2を使う。

leave a comment »

ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod Touchなどモバイル機器を複数持ち歩くようになると、充電のことも考えなければいけない。出先でバッテリーが放電すると悲しいからだ。これらのモバイル機器は単なる文鎮と化してしまう。
 
最近のモバイル機器は、ほぼUSB充電に対応しているので嬉しい。パソコンがあればUSB接続ケーブルでパソコンから充電することができる。たいていの場合はモバイルPCを持っているので、PCからの充電で間に合うことが多い。
 
しかし場合によってはPCを持っていない、あるいは持っていてもPCのバッテリーそのものを確保しておきたい、移動中なのでPCを起動できないなどの理由でUSB充電ができない場合がある。そのため俺はこれを持ち歩いている。SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2だ。
 

(Fig.1 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2)
 
これさえあれば、ZUNE、Windows Mobile、Kindle、iPod Touchなどモバイル機器など、それぞれ対応するUSB接続ケーブルを使って充電することができる。USPポートは2つあり、同時に2台のUSB機器を充電できる。ケーブルを接続したら「DC OUT」ボタンを押すだけだ。出力はDC 5.0V、500mAであり、USBの規定電圧、電力であり、USB接続に準拠している機器なら問題ない。
 

(Fig.2 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2の定格表示)
 

(Fig.3 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2でiPod Touchを充電する)
 
このバッテリー自身の充電は、USB接続でPCなどから充電する方法と、添付のACアダプターを使って充電する方法がある。USBを使えるということは、PCがあればUSBケーブルさえあれば充電できるので機動性が高い。
 

(Fig.4 SANYOのeneloop USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2のDC INコネクタ)

Written by Yoshio Matsumoto

2010年5月29日 at 11:55 AM

カテゴリー: eneloop